★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です
★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です
カート 0
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
Matamorph
DNIPRO MODULAR

Matamorph

通常価格 ¥37,990 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Dnipro Modular / Metamorph

Eurorack Polysequencer / CV controller


Metamorphは、シーケンサーとグライドを内蔵した4ステップ X 3チャンネルの多機能なCVソースです。Serge Tcherepninのコンセプトからインスパイアされており、複数のパラメーターをオーガニックに同時コントロールできるため、複雑なCVソースを出力することが可能になっています。

Metamorphでは、複雑で個性的な「パッチモーフィング」や「プリセットシーケンス」を簡単にクリエイトすることができます。このトランジションは、チャンネルごとに組み込まれたグライドコントロールのおかげで、時に速くシャープに、時にスローに滑らかに変化させることが可能です。各チャンネルはポットの列で表され、各列は行によって4つの個別のステージに分割され、対応するボタンとゲートアウトを備えています。

ステージボタンを押すことでステージをマニュアルで変更したり、クロック、LFO、エンベロープなどの外部ソースでシーケンスさせることも可能です。Metamorphはワンアンドオンリーなユーザーシーケンス機能を備えており、ステージのプレイオーダーとデュレーションをプログラムし、ステージごとに個別のタイミングを持つユニークなシーケンスを作成し、さらにそれをメモリーすることが可能です。

Metamorphは、1つの機能につき1つのコントロールで、直感的なアナログフィールを備える操作性が特徴です。すべての動作を素早く、感情のままに行うことができるのです。

2台のMetamorphモジュールをリンクさせることで、チャンネルごとにデュアルCVアウトを備える8ステップシーケンサーのように機能させることもできます。さらに、各チャンネルにはディープグライドコントロールがあり、ステージ間で高速または超低速のボルテージスライドを実行することも可能です。もちろん、リセット、ホールド、リバースダイレクションなど、一般的なシーケンサー機能に対するCV入力も備わっています。

全てが緻密に計算されておりエレメンツは有機的にリンクしながら、あなたのモジュラーサウンドに生命を吹き込んでいきます。圧倒的なセンスと想像力によってデザインされたCVモジュールです。

 

Features

  • 3チャンネル×4ステップシーケンサー
  • チャンネルごとのワイドレンなグライド
  • 2つのモジュールを連結して8ステージ、2つの出力を作ることが可能
  • 超低レイテンシーで安定したクロッキング
  • 選択可能なボルテージレンジとユニ/バイポーラ設定
  • 各ステップ個別のゲート出力
  • CVでステージを選択するためCV入力
  • 手動でステージを選択できるソリッドレスポンシブボタ
  • 20HP(D=28mm)
  • 50 mA  +12V
  • 20A  -12V
  • 0 mA  5V
  • 出力レンジ: 0V~5V、0V~10V、-2.5V~2.5V、-5V~5V 

 

 

Metamorph _ User Guide

 

1,CLOCK INPUT

この入力にクロックやトリガーをパッチして、シーケンサーを動作させたり同期させたりします。

 

2,RESET

シーケンスを最初のステップに戻します。

 

3,STAGE SELECT BUTTONS

この4つのボタンでステージを選択し、アクティブなステージを光で表示します。CLOCK入力がパッチされている場合、現在のアクティブなステージはシーケンサーに依存します。ステージを調整するには、ステージボタンを押したまま、現在アクティブな列のノブを回転させるか、クロックのパッチケーブルを抜くと、ボタンを押したままアクティブなステージを選択できます。

 

4,USER SEQUENCE BUTTON

タップしてユーザーシーケンスを起動します(ボタンが緑色に点灯します)。クロックがパッチされている場合、Metamorphはファクトリープログラムのシーケンスを再生します。独自のシーケンスをプログラムするには、ボタンを1秒間長押しします。ボタンが点滅し始めたら、プログラムモードに入ったことを意味します。ステージ・ボタンを好きなように押して、パターンを長くすることができます。この段階で休符を作りたい場合は、ステージ・ボタンを数回押してください。終了後、もう一度SEQボタンを押すと、Metamorphはシーケンスを記憶し、電源を切っても記憶されたままです。演奏するには、SEQボタンを押しながら、CLOCK入力にクロック信号をパッチします。

 

5,TRIGGERS OUTPUT

シーケンスのステージが変わるたびにトリガーパルスを出力します。

 

6,STAGE GATE OUTS

現在のステージがアクティブな間、+5Vを出力します。
TIP:GATE OUTをREVERSEにパッチすると、シーケンサーを振り子モードで動作させることができます。

 

7,REVERSE

現在のステージがアクティブな間、+5Vを出力します。
TIP:GATE OUTをREVERSEにパッチすると、シーケンサーを振り子モードで動作させることができます。

 

8,CV INPUT

 この入力は,シーケンサーを駆動したり,CVでアクティブステージを選択するために使用します。この入力は0~5Vの電圧に対応しています。CLOCKをパッチングすると、CV入力はサンプルホールド方式でクロックに同期します。この入力は、ユーザーシーケンスモードでは動作しません。

 

9,GLIDE

 ステージ間のスイープを可能にするチャンネルごとのグライドコントロール。

 

10,HOLD

この入力が信号を受けると、シーケンサーは停止します。再度実行するには、ゲートをRESET INに送るか、ステージセレクトボタンを押してください。

 

11,CV OUTPUTS

各チャンネルにCV出力を装備しています。ジャンパーで選択可能な異なるレンジの電圧を出力することができます。 

 

 

HOW TO LINK TWO MODULES

  • システムの電源をオフにします。専用リンクケーブルを両モジュールのリンクソケットに接続します。
  • 片側のジャンパーを "スレーブ "に設定する。
  • 電源をオンにします。
  • 重要!:両方のモジュールは、1つの共通電源バスから電源を供給する必要があります。スレーブモジュールの4つのステージボタンが1秒点灯した後、消灯します。これは、スレーブがマスターを発見したことを意味します。もし4つ点灯したままなら、マスターモジュールの電源が入っていることを確認し、スレーブの任意のステージボタンを押します。
  • これで、8ステップのシーケンサーと2倍の出力ができました。ただし、すべての入力とユーザーシーケンスボタンはマスターモジュールでのみ機能します。
     

 

 

 

 

 


この商品をシェアする