★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
カート 0

News

QUN MK2 日本語マニュアル

QUN MK2 日本語マニュアル

Qun-mk2 Qun-mk2は、強力なサウンドエンジン、シーケンサー、ルーパーを備えた小型のシンセサイザーです。 *本日本語マニュアルはbeatsville.jpが翻訳したものです。無断での転載はご遠慮ください。 リンクとインフォメーション Presets for tone presets. We constantly update the tone presets. Issues: Report issues when you have problems or questions. Firmware: For firmware updates. CheatSheet : For cheat sheet.     ファームウェア・アップデート Qun mk2のファームウェアは以下のリンクからアクセスできます。 https://github.com/raspy135/Qun-mk2/tree/main/firmware ここでは、ファームウェアのアップデート手順を説明します。  ファームウェアをダウンロードします。 マイクロSDカードをコンピュータに挿入する。 qunmk2.bin "を解凍し、マイクロSDカードのルートフォルダにコピーしてください。 マイクロSDカードをアンマウントし、Qun mk2に挿入します。 電源用USB以外のケーブルはすべて外してください。 基板のベースボードにある(下の段の基板) "REC "ボタン(ベースボード左下、SEQ PLAYボタンの下)を押しながら、USBケーブルを接続するか、ベースボードの "RST "ボタンを押してください。 アップデータが起動すると、"Firmware updater "のメッセージが表示されます。 Updating "メッセージの後、"Done "メッセージが表示されます。 ボードをリセットしてください。(電源をオフ→オンにするか、基板ベースのRSTを押す) History    v3.53     バグフィックス。ディレイの時間が長くなる不具合を修正しました。     System2メニューでセッションの自動保存をオフにすることができます。SHIFT + Recでマニュアル保存を実行します。 v3.52     ボタン長押しでフルパラメーター名を表示する際の動作を改善しました。 V3.51     System2メニューにパラメータキャプションモードを追加しました。トレーニングに最適です。       v3.50     パラメーターモードの新UIを導入  パラメーターモードのUI変更に伴い、一部のパラメーターボタンの割り当てを変更しました。 system2メニューの画面コントラスト調整 シーケンスライブ録音機能を追加しました。Rec + Seq プレイで録音。外部MIDIキーボードまたは内蔵ピアノモードでの演奏が可能です。詳しくはマニュアルをご覧ください。       v3.46         コンプレッサーのデフォルトスレッショルドを0.0dB(OFF)に変更し、クリッピングを回避するようにしました。         ルーパーの録音データをグラニュラーに読み込めるようになりました。録音はファイルリストの最後に表示されます。         SineとFMのサウンドを若干改善しました。     v3.45         UIを改善しました。セッション保存をS+RECで実行できるようになりました。Looper stopを押しても同様にSesssionが保存されますが、こちらの方が少し推測しやすいと思います。Looper stopを押した時に "Ses saved "のメッセージを追加しました。...

続きを読む →