★ 6/15(土)の出荷はお休みとさせていただく予定です ★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
★ 6/15(土)の出荷はお休みとさせていただく予定です ★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
カート 0
Big Honking Button
Big Honking Button
Big Honking Button
Big Honking Button
Big Honking Button
Big Honking Button
Winterbloom

Big Honking Button

通常価格 ¥12,990 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

 

素敵なモジュラーメーカー"Winterbloom"のかわいい Big Honking Button は、クラクションを鳴らす大きなボタンです。わかりました、わかりました、あなたが逃げる前に・・・それは実際にはシンプルなパッケージのサンプラーです. ピッチ CV、ゲート イン、ゲート アウトがあり、最大 8 MB のサンプルが保存できます。ボタンの色とパネルカラーがいろいろあるんですよ!楽しんで!

  • 8 HP
  • 32 mm
  • +25 mA, -5 mA

 

ビッグ ホンキング ボタンには 2 つの入力があります。

    •         ゲート/トリガーイン
    •         -5v から +5v の範囲で 1v/Oct のピッチ CV

そして2つの出力があります

    •         ゲート/トリガー出力 (0v または 5v)
    •         オーディオ出力

デフォルトのコードでは、ボタンが押されるか、ゲート入力がトリガーされるたびに、サンプルがトリガーされ、オーディオ出力から再生されます。 また、ボタンが押されたとき、またはゲートインが高いときはいつでも、ゲートアウトを高く設定します。 コードを変更することで、この動作の一部をカスタマイズできます。


サンプルを変更する


ご注意)パソコン経由で様々な変更を与えることができますが、これはプログラムコードの書き換えとなるためサポートの対象外となります。Pythonなどのプログラム言語に関する専門書などを参考にして楽しんでください。

 

Big Honking ButtonをマイクロUSBケーブルでパソコンに接続することで、Big Honking Buttonのサンプルを変更することができます。USBポートは、パネルの下にあるモジュールのメイン回路基板にあります。USB接続が機能するためには、モジュールに電源を供給する必要があります。

サンプルは、モノラル、16ビット、44.1kHzのwavファイルである必要があります。Adafruitにサウンドファイルの変換方法に関する優れたガイドがありますが、サンプルは44.1kHzで22kHzではありません。

再生するサンプルを変更するには

    •        Big Honking ButtonをマイクロUSBケーブルでコンピューターに接続します。CIRCUITPYという名前の小さな外付けドライブとして表示されるはずです。
    •        ドライブ内のsamplesフォルダに移動します。
    •        既存のhonk.wavファイルの名前を変更または削除します。
    •        サンプルをコピーし、honk.wavに名前を変更します。

Big Honking Buttonは再起動し、新しいサンプルを再生するはずです。

Big Honking Buttonに複数のサンプルを保存して再生することができますが、そのためにはコードの一部を修正する必要があります。



コードの修正


コンピュータに接続すると、Big Honking ButtonはCIRCUITPYという名前の小さなドライブとして表示されます。そのドライブの中に、code.pyというファイルがあるはずです。Big Honking ButtonはCircuitPythonで動いています。つまり、そのファームウェアは親しみやすいPythonプログラミング言語で書かれており、特別な知識やコンパイラを使わなくても変更することができるのです。それでは、お気に入りのテキストエディタでファイルを開き、変更を加えてみましょう。

もしテキストエディタを持っていなくても大丈夫です。メモ帳(Windows)やテキストエディット(Mac)も使えますが、Big Honking ButtonのようなCircuitPythonデバイスでは問題が発生することがあります。この世界に入ったばかりであれば、Muをインストールすることをお勧めします。CircuitPythonのコード編集については、Adafruitのガイドや専門書で知識を身につける必要があります。

足慣らしとして、Big Honking Buttonの挙動を変えてみましょう。デフォルトでは、ボタンを押すと、サンプルの再生中にボタンを放しても、サンプル全体を再生します(これはトリガーモードです)。これを、ボタンから手を離すとすぐにサンプルが停止するようにします(ゲートモード)。

code.pyの中に、次のようなコードがあるはずです(一番下にあります)。

if bhb.released:
    bhb.gate_out = False
    # Uncomment the call to stop to make the sample
    # stop playing as soon as you release the button.
    # bhb.stop()


このコードを次のように修正します。

if bhb.released:
    bhb.gate_out = False
    # Uncomment the call to stop to make the sample
    # stop playing as soon as you release the button.
    bhb.stop()


注意
Pythonはspaceに敏感です。つまり、タブとスペースは重要です!

 さて、ファイルを保存してください。Big Honking Buttonは再起動し、ボタンを離すとすぐにサンプルを停止するはずです。

 

おめでとうございます!モジュールの動作に初めて変更を加えましたね。🎉

Big Honking Buttonはコードを変更することで、いろいろなことができるようになります。例をチェックアウトするか、コードリファレンスで深みにはまるか。もし手助けが必要なら、遠慮なく実験してください。

もしあなたが望むなら、あなたのモジュールを最大限に活用するためにCircuitPythonについてもっと学ぶことができます。

 

Examples

ビッグホンクボタンは、いろいろなことができます。どんなことができるのか、いくつか例を作ってみました。


 

 

これらの例を使うには、コードを修正するときと同じように、Big Honking Buttonをコンピュータに接続します。接続したら、試したい例の内容(下のリンク)を CIRCUITPY ドライブの code.py にコピーしてください。必ず正しい名前で保存してください。もしcode.pyという名前を付けなければ、何も変わりません。もし、オリジナルのcode.pyを復元したいのであれば、それはここ( here)にあります。


ご注意)パソコン経由で様々な変更を与えることができますが、これはプログラムコードの書き換えとなるためサポートの対象外となります。Pythonなどのプログラム言語に関する専門書などを参考にして楽しんでください。

 

  1. Cycle example: 複数のサンプルをロードし、それらの間を循環させる
  2. Random example: 複数のサンプルをロードし、ランダムに選択する
  3. CV select example: 複数のサンプルをロードし、CV入力で再生するサンプルを選択する
  4. Press & release example ボタンを押したときと離したときで、異なるサンプルを再生する
  5. Separate button & gate example ボタンが押されたか、ゲートインがトリガーされたかによって、異なるサンプルを再生する方法
  6. Burst example ボタンが押されたときにサンプルの "バースト "を再生する方法
  7. Tap tempo example: ボタンを使ってテンポを設定し、各ビートでサンプルを再生する方法
  8. Sine example: カスタム波形の生成方法を説明する上級者向けの例
  9. Noise example: ノイズを発生させる方法を示す高度な例です。

例題を越えて、さらに上を目指したい方はカンファレンス( code reference)をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


この商品をシェアする