★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
カート 0
Canyon
Canyon
Canyon
Canyon
Canyon
Canyon
Canyon
After Later Audio

Canyon

通常価格 ¥16,400 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

After Later Audioの優れた技術力が生み出した "COCOシステム"は、それぞれが単体モジュールとして機能するだけでなく、他のCOCOシステム・モジュールと組み合わせて、自分だけの「コンプレックス・オシレーター」を構築できます。

従来のコンプレックス・オシレーターは提供できる機能は多いが、サイズが大きく、使用しない機能があるなど、非効率な部分があり、自分の目的に応じて自由にシステムをデザインできる"COCOシステム"は、とても興味深いコンセプトです。


Canyonは、2つの異なるクロックソースと、2つのセクションを持つパーフェクトなサブハーモニクス・ジェネレータです。 1番目のセクションは奇数倍音(クロックを1、3、5、7で分割)、 2番目のセクションは偶数倍音(クロックを2、4、6、8で分割)を生成します。

奇数倍音(ODD)または偶数倍音(EVEN)だけを独立出力するか、電圧制御のクロスフェーダー回路を介して2つをミックスして出力することも可能です。奇数(ODD)側と偶数(EVEN)側のクロックは独立しているため、クロスモジュレーションのような不思議な効果も得られます!

出力はオーディオレンジに設定してリッチなサウンドを作ることも、低速のCVソースとして使用することもでき、更にそれをオシレータの1つにパッチすることも可能です。 Canyonの各セクションは独立してクロックすることができるため、豊かな音色をクリエイトするには最適です。


● 注意Canyonでのトラッキング・スイッチのラベルは逆になっており、OSC2とOSC3が上の位置でトラッキングされるようになっています。

 

 

 

 

COCOシステム概要
https://beatsville.jp/blogs/beatnik-blog/after-later-audio-coco


  • サイズ:8hp
  • 12V: 35mA
  • -12V: 25mA

     

    Manual

     

    Canyonは有機的なアナログサウンドを生み出すサブハーモニクス・ジェネレーターです。単体モジュールとして使用できるだけでなく、他のCOCOシステム・モジュールとのコンビネーションによって、パワフルこの上ないサウンドシステムを構築可能です!

     

    ODD/EVEN

    ODD(奇数)倍音をコントロールするセクションと、EVEN(偶数)倍音をコントロールするが独立して用意されています。ODDセクションでは1,3,5,7次の倍音を各ノブで調整できます。EVENセクションでは2,4,6,8次の倍音を各ノブで調整できます。CV制御も可能なMIX(ODD/EVEN)ノブで各セクションをクロスフェード可能です。出力はODDのみ、EVENのみに加えてMIX出力も用意されています。MIX出力のレベルコントロールポットもあります。


    CLOCK

    CLOCKはODD/EVENセクションごとにOSC1/3、OSC2で切り替えが可能です。OSC3を使用するには基板上のCLOCKジャンパを切り替えてください。*OSC3は背面の基板上のリボンケーブルで接続されたCOCOシステム3番目のオシレータになります。

     

    TRACKING SWITCH

    トラックスイッチはV/Octのトラッキングを、OSC1からOSC2(1→2)、またはOSC2&3(1→2&3)に送ります。

     

    SYNC SWITCH

    シンクスイッチは同期用のパルス信号を、OSC1からOSC2(1→2)、またはOSC2&3(1→2&3)に送ります。

     

    1-8ノブ

    1〜8までのODD/EVENセクションの各ノブはクロックの分周数です。 例えば、1は1オクターブダウン、2は2オクターブダウンを表します。特にODD(奇数側)のノブはユニークな倍音・ハーモニクスを付与します。

     

    MIX LEVELノブ

    最終出力のアウトプットレベルをします。

     

    RESET

    ODD&EVENの独立したリセットが用意されています。

     

    *OSC1 MOD WAVEは内部で両方の入力にルートされています。

     

     

    COCOシステムを基板上で内部接続する例

    パネル上でパッチングすることも可能ですが、以下のようにシステムをリボンケーブルで内部接続すれば、基本的なパッチングをすることなく、1つの巨大なコンプレックスオシレータを構成できます。

     


    この商品をシェアする