★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
カート 0
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard
Bogus Noise

CIRCUIT BENT - Yamaha PSS7 Keyboard

通常価格 ¥26,990 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

* 本製品は一点ものです。売れ切れはご容赦ください。

英国で長年にわたりサーキットベンディングを行い、その天才的なアプローチと、行き当たりばったりの改造ではなく、研究の結果毎回同じベントを施し、製品としての完成度を高める手法は世界のサーキットベント愛好家から評価されている。

Bogus Noiseが数年前から餌食にしているYAMAHA PSS7キーボードは、様々な音色やプリセットリズムを搭載するキュートな一台。そこに狂気のディストーションとフィードバック、パワーサッグにピッチベンド、強烈なカオスセクションやタッチポイントを追加!「お前大丈夫なのか?」と言われたら「大丈夫じゃない」と自信を持って言えるほどの大丈夫じゃなさ加減がすごい。全部が限界に達してハングアップするまでの世界はノイズ地獄、断末魔の叫び、煮え湯にバスクリン、煮えたぎる竹輪麩を右手の全指にハメてその熱さに号泣しながらも演奏を続ける青鬼の如く。あなたはこのノイズ拷問に耐えることができるのか?それともヤバいスイッチは全部オフにして普通のキーボードみたいに演奏してしまうほどの甘ちゃんなのか?試してみるのもあのよろし。

 



サーキットベント製品について

本製品は幼児用の玩具(中古品)を英国のbogus noiseがサーキットベンディングした製品です。故意的に回路を不安定にすることでノイズやグリッチ音を出すものですのでご理解いただける方のみご購入ください。また本体は中古のため傷や汚れがございます。

* 本製品は一点ものです。売れ切れはご容赦ください。

*製品の専用の箱はありませんので、エアーキャップに包んで、一般の箱に入れて発送します。


Circuit Bent Yamaha PSS7 Keyboard


Added Features
●    ボルテージ・スターブ・ノブ
●    On/Offスイッチ付きピッチノブ
●    グリッチボタン×2
●    トーンディストーションノブ×2、On/Offスイッチ×1
●    フィードバックトーン・タッチポイント×2
●    グリッチ・タッチポイント
●    カオス・セレクター・ロータリースイッチ×2、レベルノブ×2
●    リセットボタン
●    1/4” ライン出力端子(標準フォーン)
●    単三電池×4本で動作(テスト用電池付属)

 

 

*サーキットベント製品という性質上、一台ごとに効果の差などがある場合もございます。あらかじめご理解の上、以下説明を使い方の参考になさってください。

Pitch Controls
Pitchノブは、その上のスイッチが上側の位置にあるときに作動します。狂気の高音、ディープなドローン、ビットクラッシュしたような質感、CPUサイクル、奇妙なノイズオシレーターまで可変します。


Glitch Controls & Reset Button
ランダム爆発の2つのグリッチボタン+グリッチタッチポイント。最もランダムなグリッチは、ピッチ・スイッチが下向きの状態でグリッチ・ボタンのいずれかを押すことで現れます。ピッチを下げた状態でグリッチを開始し、スイッチを上にフリックしてピッチをコントロールできるようにすることで、グリッチを保持したり、全く呆れた変化になったり、消えてしまったり、何でもなかったりもします。

左端にあるPowerノブは本体の電源を減少させ電池切れと勘違いさせます。これにより、演奏された音符が再トリガーされたり、もうダメになりそうになります。(常にピアノの音が使用されます)ディストーション・コントロールを使用すると更に切なくノイズします。

デバイスがハングアップしたら、左上のリセットボタンを押してユニットを再起動するか、電源を切ってしばらくしてからまたオンにします(これはサーキットベンディング製品の基本です)。


Distortion Controls
本機のディストーションは、スピーカーのすぐ左側にある5つのコントロールで行います。

左から順に、Feedbackスイッチとノブ(オーディオ出力がそのまま入力に戻されます。強烈に吠えるように歪み自己発振)、右側には、出力をクリップして狂気の世界へと導くDistortionノブがあり、最後にノブの上の2つのタッチポイントは、タッチすると華麗なブザーを鳴らします。

4つのディストーション・コントロールは互いに反応し合い、あらゆる種類の奇妙なトーンとテクスチャーの源となります。


Chaos Section
カオス&ストレンジな音楽的パッセージを手に入れるには、このセクションに向かいます。オーディオ出力をキーボードマトリックスに送り込み、スピーカーからノイズが出るたびにサウンドやパターンをトリガーします。

各ロータリースイッチには7つのポイントがあり、それぞれにレベルポットがあります。全てはグリッチに頭おかしいんじゃねーのって位にカオスの海で溺れて河童に助けられます。


Recording/Amplification
1/4インチ標準プラグのライン出力があります。ミキサーやアンプ、サウンドカードなどに接続できます。



More Tips

●    本機ではさまざまなサウンドが可能です。いろいろ試して、その才能とスイートスポットを見つけてください。ルールとか正しい使い方とか、間違った使い方とかないです。

●    出力を録音し、お気に入りのスニペットを切り出してサンプラーやシーケンサーに読み込ませるのも楽しいでしょう。

●  このデバイスを最大限に活用するには、適切なスピーカーに接続する必要があります。


●    電池の液漏れや接点の破損を防ぐため、長時間使用しない場合は電池を取り外してください。









 

 

 


この商品をシェアする