当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
カート 0
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"
Magazines

ELECTRONICS SOUND Issue 66 "Suzanne Ciani"

通常価格 ¥1,400 ¥0 単価 あたり
配送料は購入手続き時に計算されます。

英国Electronic Soundマガジン66号の表紙を飾るのは"Suzanne Ciani"。彼女はBuchlaでの先駆的な活躍で、他の初期のアメリカのシンセサイザーの伝説的な存在となった。誌面では、1960年代後半にサンフランシスコのテープ・ミュージック・センターの常連客となった彼女が、1時間5ドルを払ってそこにあるシンセサイザーでプレイしたことから始まった、ジェットコースターのようなキャリアが詳しく語られています。

1970年代に数年かけて構築したCianiのBuchlaシステムは、その10年間とそれ以降ずっと彼女の糧となっていました。1974年、彼女はこのシステムをアメリカ西海岸からニューヨークまで運びました。引っ越しの際には、彼女は他の持ち物を梱包することもなくBuchlaだけを運んだそうです。そして、それが故障して一部が盗まれたとき、彼女の一部も行方不明になってしまった。彼女がマシンと自分自身の両方を修理し、グラミー賞に何度もノミネートされたことは、彼女の性格の強さを物語っています。

その他、40年間 Kraftwerkの中心にいた音の完璧主義者Florian Schneiderへのトリビュートとして、 Daniel Miller、Martyn Ware、John Foxx、Andy McCluskeyらがこの偉大な人物の思い出を語っている。また Neil Arthurがバンドが初期に使用していたキットのいくつかを教えてくれ、他のインタビューでは Sonic Boom、 Irmin Schmidt、Nightmares On Wax、 Kaitlyn Aurelia Smith、 LA Priest and Ian Boddyなどが登場。

 

*輸入雑誌のため輸送上の多少のヨレなどがございます。予めご理解の上お買い求めください。言語は英語の書籍となります。

*書籍のみです(*VINYL BUNDLEではありません!)



この商品をシェアする