★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
カート 0
Function Junction
Function Junction
Function Junction
Function Junction
Function Junction
Cre8audio

Function Junction

通常価格 ¥27,800 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

ADSR, Function Generator, LFO, & Mixer

Cre8Audio「Function Junction」は、4つの独立したセクションを1つの絡み合ったモジュールに統合したモジュレーションのハブであり、それ以上の印象的な機能を提供します。

 

A party of functions

Function Junctionは、Pittsburgh Modular Synthesizersによって開発されました。マーケットの多くの多機能な一体型モジュールは使い勝手が悪く、多くのことを達成しようとしすぎているため、単一の機能においては本当に良いとは言えないと考えた開発チームは、ADSRエンベロープ、ファンクションジェネレーター、LFOという3つのクラシックなアナログモジュレーションソースのコンビネーションにおける最高のモジュールを作り上げました。すべてはアッテヌバーターを搭載したミキサーに供給され、4つの独立したセクションとして、または互いを複雑に組み合わせたモジュレーションのジャンクション(交差点)を作り出します。

 

 

  • Width = 16HP

  • Depth = 30mm

  • Power draw

    • 130mA (+12V)

    • 70mA(-12V)

  • ADSR / エンベロープ・セクション

    • 気鋭のモジュラーブランド"Pittsburgh Modular Synthesizers"が開発設計した、アタック、ディケイ、サスティーン、リリースを独立させた4ステージのADSR回路

    • 出力電圧レンジ:0V - 10V

    • "Long "ボタンを押すと、エンベロープのアタック、ディケイ、リリース時間の長さが2倍になります

    • "Loop "ボタンは、エンベロープのサイクルを有効/無効にします。SUSTAIN KNOBとRELEASE KNOBは、ループにかかる時間を調整するために使用されます。

    • "Loop "ボタンは、エンベロープサイクルを有効/無効にします。SUSTAIN KNOBとRELEASE KNOBは、ループタイムを調整するために使用されます。

  • ファンクション・ジェネレーター

    • エンベロープジェネレータ,VC(ボルテージコントロールド)LFO,スルージェネレータ,ゲートシグナルディレイ,エンベロープフォロワー,クロックソース,ボルテージコントロールドクロック分周器,コンプレックスモジュレーションソースなどとして使用できるファンクション・ジェネレーター

    • 電圧出力レンジ: +/-5V

    • ATTACKノブ

    • DECAYノブ

    • CURVEノブ - アタックとディケイのレスポンスカーブ。エクスポネンシャル(左回しきり)、リニアー(12時)、対数カーブ(右回し切り)

    • MODノブ- モジュレーション入力(F MOD JACK)のアッテネーターノブです。

    • MODボタン - モジュレーション入力(F MOD JACK)を、アタック、ディケイ、またはその両方に割り当てます。

    • LOOP ボタン - ループモードの有効/無効を設定します。

    • LOOP BUTTON (2nd FUNCTION) - MODボタンを押しながらLOOPボタンを押すと、ADSRまたはファンクションジェネレーターにLOOP JACKのデスティネーションがアサインされます。

    • SUSTAINボタン - サスティーンモードの有効/無効を設定します。

    • F IN 端子 - ファンクション・ジェネレーターのトリガー/ゲート入力ゲート端子です。

    • F MOD 端子 - ファンクションジェネレーターのモジュレーション入力端子です。

    • F OUT 端子- ファンクションジェネレーターの出力端子です。

    • F TRIG 端子 - ファンクション・ジェネレータのエンド・オブ・ディケイ・トリガ出力端子です。ディケイステージ終了時にトリガーを出力します。

  • LFOセクション

    • 三角波と矩形波のLFOアウト

    • RATEノブ

    • LFO 出力電圧: +/-8V

  • ミキサーセクション

    • 3チャンネルのアッテヌバーター・ミキサー(OR回路付)

    • ミキサーは3つの独立したアッテヌバーターにスプリット可能、2チャンネルミキサーとアッテネーター1つ、または3チャンネルミキサーにスプリット可能

    • OUTPUT 1 ノブ - チャンネル 1 入力(1A 端子)のアッテヌバータータ・ノブです。

    • OUTPUT 2 ノブ - チャンネル 2 入力(2F 端子)のアッテヌバータータ・ノブです。

    • OUTPUT 3 ノブ - チャンネル 3 入力(3L 端子)のアッテヌバータータ・ノブです。

    • 1A端子 - チャンネル 1 入力端子です。ADSR出力にノーマライズされています。

    • 2F端子 - チャンネル 2 入力端子です。ファンクションジェネレーター出力にノーマライズされています。

    • 3L端子 - チャンネル 3 入力端子です。LFO出力にノーマライズされています。

    • +OR端子 - アナログロジック出力端子です。

      • OR回路はミキサーが出力する電圧のうち、現在の最高値の電圧を出力します

    • 1 OUT 端子 - チャンネル1ブレークアウト出力。

    • 2 OUT端子 - チャンネル2ブレークアウト出力。

    • MIX 端子- ミキサー出力


    ▪️MANUAL

    4つのプラスアルファがひとつに

    Function Junctionは、4つの独立したセクションを1つのモジュールに統合したモジュールのハブで、各セクションを複合的に利用することで、更に多くの機能を提供できます。

    このモジュールの最大の特長の1つは、そのコンビネーションにあります。
    3つのクラシックなアナログ・モジュレーションソース、ADSRエンベロープ、ファンクションジェネレーター、LFOは、複雑なモジュレーション・ジャンクションを構成できるように、アッテヌバータ付きのミキサーに供給されます。シンプルなアイデアを、非常に奥深いツールでサポートしています。

    各セクションは単独でパッチングすることができ、「4つの独立したセクション」で使用が可能です。ADSR、ファンクションジェネレーター、LFO、ミキサーは、必ずしも複合的に相互作用させる必要はありません。ミキサーは、モジュレーションソースの代わりに外部信号をミックスしても全く問題ありません。各セクションは、通常の内部接続にスイッチジャックを使用していまるので、パッチングも簡単で、カスタムシグナルパスを簡単に作成することができます。

    次に、Function Junctionの各セクションを1つずつ見ていきましょう。

     

    ADSRエンベロープ

     エンベロープ・ジェネレーター(ADSR)概要

    ADSRセクションは、4ステージのエンベロープジェネレーターで、入力されるトリガーまたはゲート信号から、より表現力豊かなコントロール電圧を生成します。ADSR出力は、オシレータの振幅、フィルタのカットオフ周波数、その他のCVモジュレートのために使用することができます。

    入力されたゲートまたはトリガー信号は、4つのステージのそれぞれを通過し、エンベロープを出力します。ADSRモジュールがゲート信号またはトリガ信号を受け取ると、アタックは、エンベロープジェネレーターがピーク出力電圧に達し、ディケイステージに移行するために必要な時間を決定します。ディケイは、サスティン・ノブで設定したレベルまで遷移するのに必要な時間を設定します。サスティン・レベルは、入力されるゲートがオンまたはハイのままである限り維持されます。ゲートがローまたはオフになると、リリース・ノブはエンベロープを閉じ、ADSR 出力を 0 ボルトに戻すのに必要な時間を設定します。

     

    エンベロープ・ジェネレーター(ADSR)コントロール

    • ATTACKノブ - エンベロープ・アタック・コントロール・ノブ.
    • DECAYノブ- エンベロープ・ディケイ・コントロール・ノブ.
    • SUSTAINノブ - エンベロープ・サステイン・コントロール・ノブ.
    • RELEASEノブ - エンベロープ・リリース・コントロール・ノブ.
    • A IN JACK - エンベロープの入力ゲート端子.
    • A OUT JACK - エンベロープ・アウトプット・ジャック(エンベロープの出力端子)
    • LONG BUTTON - アタック、ディケイ、およびリリースの時間を延長します。


    エンベロープ・ジェネレーターのループ

    • LOOP BUTTON - エンベロープ・サイクルの有効化/無効化。サステイン・ノブとリリー ス・ノブでループにかかる時間を調整します。

    • A LOOP JACK - ループ・モードの有効化/無効化。外部ゲート信号により、ループ・モードの状態を反転させます。ループ・モードがオンの場合、ゲートはループ・モードをオフにします。ループ・モードがオフの場合、外部ゲートによりループ・モードがオンになります。


    ファンクション・ジェネレーター

    ファンクション・ジェネレーターの概要

    定番の多機能ユーティリティ・セクションであるFunction Generatorは、パッチのニーズに合わせて様々な方法で利用することができます。エンベロープジェネレーター、電圧制御のLFO、スルージェネレーター、ゲート信号ディレイ、エンベロープフォロワー、クロックソース、電圧制御クロックデバイダ、複雑なモジュレーションソースなどとして、マルチに使用することが可能です。

     

    ファンクション・ジェネレーターのコントロール

    • ATTACKノブ - アタック・デュレーション・コントロール・ノブ
    • DECAYノブ - ディケイ・ デュレーション・コントロール・ノブ
    • CURVEノブ - アタックとディケイのレスポンス・カーブ。エクスポネンシャル(左回し切り)、リニアー(12時位置)、対数的(右回し切り)。
    • MODノブ - モジュレーション入力(F MOD JACK)のアッテネーター・ノブ

    • MODボタン - モジュレーション・インプット(F MOD JACK)をアタック、ディケイ、 またはその両方にアサインするボタンです。
    • LOOPボタン - ループ・モードの有効化/無効化。
    • LOOPボタン (2nd FUNCTION) - MOD BUTTONを長押ししてからLOOP BUTTONを押すと、LOOPボタンをアサインすることができます。ボタンを押すと、ADSRまたはファンクションジェネレーターにループジャックのデスティネーションをアサインすることができます。
    • SUSTAINボタン - サスティン・モードの有効化/無効化。

    • F IN JACK - ファンクション・ジェネレーターのトリガー/ゲート入力ゲート端子です。
    • F MOD JACK - ファンクション・ジェネレーターのモジュレーション入力端子です。
    • F OUT JACK - ファンクション・ジェネレーターの出力端子です。
    • F TRIG JACK - Function Generator のエンド・オブ・ディケイ・トリガ ー出力端子です。ディケイ・ステージの終了時にトリガーを出力します。

     

    デュレーションとシェイプ

    ファンクション・ジェネレーターは、0~5Vの間で出力される可変モジュレーション・ソースです。出力の形状は、ATTACK KNOBとDECAY KNOBの2つの主要なコントロールを使って作成されます。ATTACK KNOBは、ファンクションジェネレーターが5Vに到達するまでの時間を設定し、FALL KNOBは、ファンクションジェネレーターが0Vに戻るまでの時間を設定します。これらのコントロールは、ファンクションジェネレーターの持続時間と形状の両方を決定します。短いアタックと長いディケイは、のこぎり波を作り出します。アタックとディケイの時間を一致させると、三角波が生成されます。


    レスポンスモード

    ファンクションジェネレーターは、入力されたゲートまたはCV信号に対して、選択されたモードに基づいて異なる反応を示します。3つのモードから選択できます。

    1. サスティン・モード
    サスティン・モードは、ファンクション・ジェネレーターをアタック、サスティン、リリース・エンベロープ、スルージェネレーター、またはエンベロープフォロワーとして機能させることができます。

    F IN JACKに接続されたゲートまたはCV信号により、アタックステージが開始されます。ファンクションジェネレーターがアタックステージの終わりに到達すると、F IN JACKに接続されたゲート信号がハイのままである限り、出力がサスティンされます。

    ディケイステージは、入力されるゲート信号またはCV信号が0Vまで低下するとトリガーされます。サスティン・モードで生成されたエンベロープは、アタック、サスティン、ディケイの各ステージ中、いつでもリトリガーすることができます。

    2. トリガーモード
    トリガーモード(またはサスティンモードオフ)は、2ステージのアタック、ディケイエンベロープ、ゲート信号のディレイ、クロックデバイダを作成するために使用されます。

    トリガーされたときの内部回路の反応は、サスティン・モードとは異なります。トリガーモードのアタックステージは、F IN JACKに2V以上のゲート信号またはトリガー信号がパッチされるとトリガーされます。波形が十分に鋭い立ち上がりスロープであれば、CV信号でもファンクションジェネレーターをトリガーできる場合があります。

    トリガーモードでは、ファンクションジェネレーターはアタックステージではリトリガーしませんが、ディケイモードではエンベロープはリトリガーします。この習性を利用して、ファンクションジェネレーターは、アタックステージを調整することで、設定された数の入力ゲート信号をスキップしたり、ミスすることでクロックデバイダとして機能することができるのです。

     

    ループ・モード
    ループモードは、トリガーモードを拡張したもので、同じ機能セットをすべて使用します。ループを作成するために、ファンクションジェネレータは、サイクルの終わりに作成されたディケイ終了トリガ (F TRIG JACK)を使用して、アタックをリトリガし、電圧制御可能なLFOやクロックソースを作成します。

    レスポンスカーブ
    CURVEノブ は、アタックとディケイ・ステージのレスポンスカーブをエクスポネンシャル、リニアー、対数的で調整します。CURVEノブを左いっぱいに回すとエクスポネンシャルカーブになり、12時位置ではリニアなレスポンスカーブになります。カーブノブを12時方向以上に回すと対数的なレスポンスになります。

    ボルテージコントロールによるアタック&ディケイタイム
    アタックタイム、ディケイタイム、およびアタックとディケイの両方の時間をCVコントロールすることができます。F MOD JACKにCV信号を接続できます。この信号はMODノブを経由して出力されます。

    MODノブはアッテヌバーターです。つまり、トリマーが12時の位置にセットされているとき、入力される信号はオフになっています。アッテネーターを右に回すと、元の信号が通過します。アッテネーターを左に回すと、元の信号の反転した信号が通過します。アッテネーターの正確なオフ位置を見つけるのは難しいです。信号経路からCV信号を取り除く最も簡単な方法は、F MOD JACKに接続されたパッチケーブルを取り外すか、MODボタンを使ってアタックとディケイの選択を解除することです。

    MODボタン は、アッテネートされたモジュレーションのデスティネーショ ンを設定します。モジュレーション・デスティネーションは、アタック、ディケイ、アタックとディケイの両方、またはオフに設定することができます。

     

    LFO

    LFOの概要
    LFOセクションは、三角波と矩形波の出力を持つ実用的な低周波オシレータです。長いスイープやオーディオレートの周波数モジュレーションに最適です。シンプルながら効果的です。

    LFO コントロール

    • RATE KNOB - 周波数コントロール・ノブ。
    • L TRI JACK - 三角波の出力端子です。
    • L SQR JACK - 矩形波出力端子です。

     

    マルチファンクション・ミキサー

    ミキサーの概要
    ミキサー部は、オーディオとCV信号が入力できる3チャンネルのアッテヌバーター付ミキサーです。内部的には、ADSR(1A)、ファンクションジェネレーター(2F)、LFO(3L)の出力にノーマライズ接続されていますが、ミキサー入力端子(1A、2F、3L)に接続することで、外部オーディオ信号やCV信号も利用することができます!

    マルチファンクション・ミキサー・コントロール

    • OUTPUT 1 ノブ - チャンネル1入力(1A JACK)のアッテヌバーターノブ
    • OUTPUT 2 ノブ - チャンネル2入力(2F JACK)のアッテヌバーターノブ
    • OUTPUT 3ノブ - チャネル3入力(3L JACK)アッテヌバーターノブ

    • 1A JACK - チャンネル1入力端子です。ADSR出力にノーマライズされています。
    • 2F JACK - チャンネル2の入力端子です。ファンクション・ジェネレーター出力にノーマライズされます。
    • 3L JACK - チャンネル3の入力端子です。LFO出力にノーマライズされます。

    • +OR JACK - アナログ・ロジック出力端子です。
    • 1 OUT JACK - チャンネル 1 ブレークアウト出力端子です。
    • 2 OUT JACK - チャンネル 2 ブレークアウト出力。
    • MIX JACK - ミキサー出力端子です。

     

    3チャンネルミキサー
    各チャンネルは、入力された信号の反転バージョンまたは非反転バージョンをミックスすることができます。チャンネル 1、2、3 の合計が MIX JACK 出力に渡されます。
    OR JACK は、3 つのミキサー入力の電圧レベルを比較し、最も高い電圧のチャンネルの電圧を通過させます。これにより、通常、カオス的な半ランダムな電圧ソースが作成されます。

    3つの独立したアッテネーター
    チャンネル1-3は、独立したオーディオまたはCV信号のアッテヌバーターとして機能します。1 OUT JACK からパッチ出力すると、MIX JACK 出力からチャンネル 1 が除去されます。2 OUT JACK からは、チャンネル 2 をミックスジャックの出力から外すことができます。1 OUT JACK と 2 OUT JACK を使用した場合、MIX JACK はチャンネル 3 のみとなります。
    1 OUT JACK と 2 OUT JACK を使用した場合、+ OR JACK はチャンネル 3 の半波整流器として機能し、波形のマイナス部分をカットします。

    1台のアッテネーターと2チャンネルのミキサー
    チャンネル1または2を独立したアッテヌバーターとして使用し、残りのチャンネルを2チャンネルミキサーとして使用することができます。
    OR JACKは、残りの2つのミキサー入力の電圧レベルを比較し、最も高い電圧のチャンネルの電圧を通過させます。

     


      この商品をシェアする