★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
カート 0
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
nRings(M.S.W)
Michigan Synth Works

nRings(M.S.W)

通常価格 ¥31,900 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

8HP Micromodule of Opensource Rings

Mutable Instrumentsがその製造を終了した現在、Émilie Gilletの研ぎ澄まされたデザインや感性はオープンソースとして公開・提供されており、Michigan Synth Worksは最大のリスペクトをもって、MIモジュールを高級感のある美しいアルミニウムパネルでレプリカしています。。

MI Ringsは最も完全なフィジカルモデリングのユーロラックモジュールであり、いまだにRingsを超えるモジュールは現れていません。nRingsはMutable Instruments"Rings"のマイクロサイズ(6HP)クローンです。フルサイズのオリジナルRingsモジュールと同じすべての機能を搭載しています。

Ringsは 、弓でこする (BOW)、 叩く (STRIKE)、吹く(BLOW)などのアタック入力と、金属や木、ガラスなどの様々な物質との間で生じるサウンド、特に共鳴(レゾネーター)としての性能を強調した芸術的なモジュールです。

  • 8HP
  • 頑強で美しいアルミパネル(ナチュラル:シルバー)

 

3つのレゾネーターモデル

  • Elementsと同様のモーダルレゾネーター
  • コムフィルターのネットワークでモデリングされたストリングス
  • マルチモードフィルターとコムフィルター


すべてのレゾネーターモデルは、1、2、4ポリフォニーボイスでポリフォニックに使用することができます。

 

ボルテージ制御のレゾネーター

各モデルには独自のパラメーターセットがあり、その全てにアッテヌバーター付きのCV入力があります。

  • Structure. モダール/ノンリニア・ストリングス・モデルでは、スペクトルの不協和音性を制御します。
  • Brightness. ブライトコントロール
  • Damping. ダンピングレート(100ms to 10s)
  • Position. ストラクチャーのエキサイト・ポイントSp

Easy to patch

  • 最大16Vppのモジュラーレベルの信号が入力可能なオーディオ入力
  • odd/evenの2つのオーディオ出力
  • V/O入力:異なる音が鳴るたびに新しいポリフォニー音色を割り当てる
  • STRUM入力(フィルター付きパルスまたはノイズバースト)

Design philosophy notes: Rings vs Elements

Elementは、エキサイター+レゾネーター+リバーブですが、Ringsは レゾネーターに特化したモジュールです。

RingsはElementsと同じレゾネーターコードを使用し、2つの機能が追加されています。

  •     60個のフィルターを2x30または4x15に分割してポリフォニーを行うことができる
  •     バンドパスフィルターではなく、コムフィルターに基づいた、Elementsとは全く異なるサウンドの2つのストリングシンセシスモデルを搭載

Ringsでは、エキサイターやリバーブがないため、CPUの40%が解放され、よりレゾネーターに特化する事ができました。弦楽器の弓の音や真空管の音を作りたい場合には、外部のVCA、エンベロープジェネレーター、カラーノイズソースが必要になり、それらをRingsにパッチすることになりますが、Elementsにはこれを行うためのツールがすべて搭載されています。Elementsのいくつかのノブは、エキサイターとレゾネーターのパラメーターを同時にコントロールし、エキサイターとレゾネーターの生の信号のミキシングを行うことでその効果を発揮します。

そこで、より理解しやすいように比較してみましょう: エレメントは、複雑なオシレーターとフィルターで、互いに非常にうまく機能するように調整されています。Ringsはマルチモードフィルターで、より多くのことができますが、より狭い領域で、成功率はあなたが何を投げかけるかによって決まります。

Elementsの設計中、私はこれを2つのモジュール(エキサイターとレゾネーター)に分割することを何度も考えたのですが、それはしませんでした。その理由は、レゾネーターは他の既存モジュールとの相性は抜群ですが、エキサイターモジュールそのものは、それに対応する適切なレゾネーターしかないため、かなり無駄になってしまうからです。

また、Elementsはこの2つの間に何らかのカップリングを実装しています(ElementsのBOWセクションは、特定の励起信号とレゾネーターのフィードバック経路の組み合わせです。)

Ringsのエキサイターとして私がよく選ぶのは、Radio Music、Ears、Plaits、Beadsのフィールドレコーディングで、バッファにノイジーなものが入っているものです。

 

【電源リボンケーブルの極性について】
本デバイスはPSIpowerを使用しており、パワーヘッダにはポラリティがありません。どちらの向きに接続(EITHER WAY)してもらっても問題ございません。



 

Derivative Panel, PCB & Schematic provided by Jakplugg under creative commons CC-BY-SA-3.0 license.

 

Original CAD file, PCB & Schematic and original design elements provided by Mutable Instruments under creative commons CC-BY-SA-3.0 license.


この商品をシェアする