当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
カート 0
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
The Bleep Drum(Built with MIDI)
BLEEP LABS

The Bleep Drum(Built with MIDI)

通常価格 ¥13,600 ¥0 単価 あたり
配送料は購入手続き時に計算されます。
伝説のガジェットシンセ メーカーのBleep Labsが開発したThe Bleep DrumはArduinoベースのオープンソースLo-Fiドラムマシンです。Dr.Bleepが米国L.Aのインディーレーベル“Stones Throw”のアーティスト“Dam-Funk”のために開発した Dam Drum 2.0 の発展系として登場しました。


本機はBleep DrumにMIDI入力を装備した特別バージョンです。
外部のMIDI鍵盤やパッド、またはシーケンスソフトからコントロールして、BleepDrumを音源として演奏することができます(テンポの同期はできません)。

*本製品はすぐに遊べる、組み立て済の完成品です(キット販売ではありません)

*9Vバッテリー(別売)で駆動します。






主な特徴
- 4サウンド、2ピッチコントロール
- 4セレクタブル・シーケンス
- レコード・パターン
- タップテンポ入力
- リバースサウンドモード
- ハイパーノイズ30XXモード
- ミニジャック出力(1/8″)
- MIDIサポート







BLEEP LABS / The Bleep Drum

日本語マニュアル

*The Bleep Drum code v15

 

PAD とノブ

各 PAD のサウンドは以下のように割り当てられています。 内、赤(スネア)と、青(タム)はピッチがそれぞれの専用ノブで変更できます。 赤ースネアドラム 青ータムドラム 緑ーハンドクラップ 黄ーキックドラム 左側のノブは赤(スネア)の PAD と連動して、サウンドのピッチを変更できます。 右側のノブは青(タム)の PAD と連動して、サウンドのピッチを変更できます。

PLAY ボタン

選択されたシーケンスをスタート / ストップできます。 シーケンスが演奏中の場合、ライトがビートのテンポにあわせて白く点滅します。

RECORDING

REC ボタンでオリジナルシーケンスを録音することができます。 REC ボタンを押すとライトが赤くテンポにあわせて点滅します。 shiftボタンを約4秒間長押しする度にクリック音の有無を切り替えます。クリック音が聞こえない時にはshiftボタンを約4秒間長押ししてください。 希望の PAD を叩いてループレコーディング(重ねてレコーディング)していきます。 2つのノブでピッチを変更したサウンドもシーケンスにレコーディングできます。録音したパターンは保持されません。電源を切るとパターンは消えます。

Shift +4色のパッド

その色シーケンスに変更します。 光がその色に変わります。 Shift +タップ+右ノブ=ノブでテンポを変更します。 Shift + Play =サンプルを反転しますPlay + Record =現在のシーケンスを消去します。

TAP

希望のテンポで TAP ボタンを叩くと BPMテンポを変更できます。

SHIFT+TAP+右のノブ

SHIFTとTAPの両方を押しながら右側のノブを回すとBPMテンポをノブで調整できます。

SHIFT+PAD

オリジナルシーケンスは赤、青、緑、黄の 4 色の PAD それぞれに録音することができます。SHIFT ボタンを押しながら、いずれかの色の PAD を押し、その後 REC ボ タンを押してレコーディングを開始してください。 PLAY モードで SHIFT を押しながら(シーケンスがすでに録音された)PAD を押し 4 つのシーケンスパターンを切り替えできます。

SHIFT+PLAY

SHIFT と PLAY ボタンを同時に押すとリバースモードになり、シーケンスのサウンドを逆回転にします。もう一度両ボタンを押すとノーマル再生に戻ります。

PLAY+REC

現在のループバンクを消去するにはrecordボタンとplayボタンを同時長押し(約4秒間)します。ライトが瞬間的にオフになりクリアされたことを示します

NOISE MODE 30XX(スペシャルモード)

デバイスの電源を入れながらシフトを押し続けると、ライトが緑色になりノイズモード30XXになります。 もう一度シフトを押すと、ピンク(実際にはほぼ白色)に変わります。 LEDの色が緑の時にはノブは通常モードのようにピッチを制御します。 LEDがピンク(実際には白に見えます)–の時にはノブはノイズを制御します。 他のすべてのコントロールは同じです。

Output


出力はモノですが、ステレオプラグを差し込むとフェーズドステレオとして出力されます。ジャックのTIPにシグナル、シグナルはグラウンド、スリーブは接続されていません。 つまり、ヘッドフォンを接続するとサウンドは広がって聞こえますが、モノプラグを接続するとモノラルになります。 他の機材に接続するときは常にBleep Drum側にモノラル1/8インチケーブルを使用してください。



MIDI Implementation


一部のDAWは別のC0で起動する場合があります。 デバイスがこれらのメモに反応しない場合は、1オクターブ上げてみてください。 Trigger Note – Pitch CC – Pad C3 – 70 – red tick D3 – 71 – blue tom E3 – 72 – clap green F3 – 73 – yellow kick G3 – toggle play A3 – Reverse toggle Bb3 – Noise toggle. In noise the four ccs change different variables. C4 – Select blue sequence D4 – Select yellow sequence E4 – Select red sequence F4 – Select green sequence

MIDI channel select

デバイスをオフにした状態で、パッドの1つを押し続けてMIDIチャンネルを選択します。 Bleep Drumの電源投入時にパッドが押されていないと、すべてのMIDIチャンネルで受信されます。
 Red = 1
 Blue = 2
 Green = 3
 Yellow = 4

この商品をシェアする