★ 表示価格は税込です ★ 当ストアの商品発送日は毎週1回、土曜日のみの出荷となります。
★ 表示価格は税込です ★ 当ストアの商品発送日は毎週1回、土曜日のみの出荷となります。
カート 0
Threads (1U-Intellijel)
Threads (1U-Intellijel)
Threads (1U-Intellijel)
Threads (1U-Intellijel)
Threads (1U-Intellijel)
After Later Audio

Threads (1U-Intellijel)

通常価格 ¥27,800 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Threadsは、Mutable Instruments "Yarns"のIntellijel 1Uモジュール・バージョンです!

ThreadsはMIDI - CVインターフェースで、最大4ボイス、MIDI入力/出力は3.5mmジャックで接続できます。SH-101スタイルのシーケンサー(64ノート)やマイクロチューニングなどクリエイティブな機能が充実しています。 Intellijelのケースジャックに接続するためのコネクタも背面に装備されています。

Capabilities:

  • シングルボイス(ノート、ベロシティ、モジュレーション、アフタータッチ、ゲート、トリガー、クロックリセット出力)、2ボイス/4ボイスモード
  • モノフォニック/ポリフォニック構成
  • SH-101スタイルのシーケンサー(64ノート)
  • マイクロチューニング
  • CV出力をデジタルオシレーターに変換

*Intellijelケースに接続するには、10p-10p付属のケーブルで4x2ピンヘッダーを使用します。 ケーブルの赤い線を4x2ヘッダーに合わせます(ケーブル/コネクタの赤い線以外の側には、2つのピンが接続されていません)。 次に、反対側をケースに接続します(赤い線の表示に従います)。

*本機はUSB-MIDIをサポートしていないことに注意してください。 MIDI-DINのみをサポートします。

*MIDI - TRS (3.5mm)ケーブルが1本付属しています。

・Width: 24hp
・12V: 60mA
・-12V: 2mA
・パワーコネクターの向きはどちらでも大丈夫です!



★THREADの使い方

コントロール

値やオプションをスクロールするためのエンコーダーノブとクリックで操作します。

3つのボタンの主な機能はシーケンサーを制御することです。

・REC=ステップ録音の開始と終了
・S(tart)/ S(top)=シーケンサーを開始と停止
・TAP=タップテンポ

加えて録音モードでは、START / STOPとTAPは、シーケンス内でタイステップまたは休符を入力します。START / STOPボタンを長押しでアルペジエーターがラッチ(実行中の場合)またはノートが開始されます。

 

ボイス、 パーツ、レイアウト

ボイスは1つのCV出力(ノート)と1つのゲート出力(ノートのオン/オフ)です。


パートは、同じMIDIチャンネルに応答するボイスのグループです。

本機は最大4つのパーツを処理でき、4つのボイスに十分なCV / Gate出力があります。これらの各構成は、レイアウトと呼ばれます。

本機のレイアウト構成は以下の通りです

・1M = モノフォニック
・2M = 2×モノフォニック
・4M = 4×モノフォニック
・2P = デュオフォニック(1つのMIDIチャンネルで2ボイス)
・4P = 4チャンネル(1つのMIDIチャンネルで2ボイス)
・2> = 2台をチェーンした場合のデュオフォニック
・4>、8> = 2台をチェーンした場合の4チャンネルおよび8チャンネル
・4T = クワッドトリガーモード

LA(YOUT)設定を選択し、エンコーダー操作でレイアウトを変更できます。


CV/Gate出力のマッピング

本機は4つのCV出力と4つのゲート出力を提供します。


Single voice Layouts

★4 CV outputs

    1. V/Oct note
    2. Velocity
    3. Modulation wheel
    4. Assignable (aftertouch, expression pedal, breath controller, LFO…)

    ★4 gate/trigger output

      1. Gate
      2. Trigger
      3. Clock
      4. Start/bar trigger


      Dual voice Layouts

      ★4 CV outputs

        1. Voice 1 V/Oct note
        2. Voice 2 V/Oct note
        3. Modulation wheel
        4. Assignable

        ★4 gate/trigger outputs

          1. Voice 1 gate
          2. Voice 2 gate
          3. Clock
          4. Start/bar trigger


          Quad voice layouts

          4ボイスレイアウト(4M、4P、8>)では、4つのCV出力が各ボイスのV / Octノートに割り当てられます。 4つのゲート/トリガー出力が各ボイスのゲートに割り当てられます。

          Quad triggers layout

          パーカッションパッチ用の4×トリガーレイアウト(4T)モード

          ★4 gate/trigger outputs

            1. Voice 1’s trigger with routing controlled by voice 2’s gate.
            2. Voice 1’s trigger with routing controlled by voice 2’s gate.
            3. Clock
            4. Start/bar trigger



            Summary



            レイアウトとMIDIオプション

            レイアウトとMIDI受信に関連するさまざまな設定

            LA(YOUT):ボイス/パーツのレイアウト

            PA(RT):アクティブパーツ。 MIDIチャンネル、アルペジエーターパターンなど、多くの設定をパーツごとに異なる値に設定できます。

            CH(ANNEL):MIDI受信チャンネル

            NO(TE):MIDI受信ノート(4Tレイアウトでのみ表示)

            >>(OUTPUT MIDI MODE):MIDI出力ルーティング

            VO(ICING):ボイスが割り当て(2P、4P、2>、4>、8>)


            NP(NOTE PRIORITY):ノートの優先度

             

            CV/ゲート/トリガー生成のパラメータ

            LG(LEGATO):レガートモード(モノフォニックレイアウト(1M、2M、4M)でのみ使用)

            PO(RTAMENTO):ポルタメントスピード

            BR(BEND RANGE):ピッチベンドレンジ

            VR(VIBRATO RANGE):ビブラートレンジ

            VS(VIBRATO SPEED):ビブラートスピード

            T-(TRIGGER DURATION):トリガーパルスの持続時間

            T *(TRIGGER SCALING):トリガー出力の振幅をスケーリング(4Tレイアウトでのみ使用可能)

            T / | (TRIGGER WAVESHAPE):トリガーパルスの波形

            CV(AUX CV OUT):シングルボイスレイアウトと2ボイスレイアウトで4番目のCV出力に送信される信号の制御。AT(AFTERTOUCH)、BR(EATH)(MIDI CC#2)、PE(DAL)(MIDI CC#4)、VI(BRATO LFO)

             

            デジタルオシレータとして

            CV出力チャネルの一部はデジタルオシレーターとして利用できます。 OSパラメーターメニューで使用可能な波形( sawtooth, 25% rectangle, square, triangle,sine)を選択してMIDIキーボードからノートを入力します。

            ・モノフォニックモード = CV4(1M)
            ・デュオフォニックモード(2Mまたは2P)= CV3とCV4
            ・CV1、CV2、CV3、CV4の4チャンネルモード(4Mまたは4P)

            OSパラメータをOFF設定にするとオーディオ出力が無効になりCV出力として動作します。


             

            チューニングシステム

            TT(TRANSPOSE) = 半音ごとの移調を入力ノートに適用

            TF(FINE TUNING) = 半音の1/128(0.65mV刻み)で表されるファイントランスポーズを出力CVに適用

            TS(TUNING SYSTEM)) = スケールとチューニングシステムを選択します。 EQ(UAL TEMPERAMENT)、JU(ST INTONATION)、PY(THAGOREAN)、01から27までの番号が付けられた設定はMaihar Gharanaのラーガです。

            TR(TUNING ROOT) = コントロールと同じように機能しますが、ノートを上下にシフトする代わりに、チューニングテーブルを上下に回転させます。


             

            クロックとテンポ

            内部クロックまたは外部MIDIクロックソースのいずれかを使用できます。 TE(MPO)の設定を変更することでテンポを調整します。 40 BPM未満では、ディスプレイにEX(TERNAL)と表示されます。ディスプレイにはテンポの最後の2桁しか表示されませんが区別のためにリズミカルに点滅します。したがって、60と160、または120と220の間でが識別できます。タップテンポボタンでのテンポ入力も可能です。SW(ING)でシャッフルを設定できます。デバイダー比率は、I /(INPUT CLK DIV)で設定できます。


            アルペジエイター/ユークリッド・ジェネレータ

            アルペジエーターによってコードをモノフォニックシーケンスに変換できます。さらに、ユークリッドジェネレータも利用できます。


            ・ C /(CLOCK DIV):クロック
            ・ G-(GATE LENGTH):ゲート長
            ・ AR(ARP RANGE):オクターブ単位のアルペジエーターレンジ
            ・ AD(ARP DIRECTION):アルペジオタイプ。UP、DN(ダウン)、UD(アップ&ダウン)、・ RA(NDOM)、PL(AYED)(押された順序でノートをアルペジオ化)、 CH(ORD)ゲートコードエフェクト
            ・ AP(ARP PATTERN):アルペジエーターのパターン
            ・ E-(EUCLIDEAN LENGTH):ユークリッドパターンの長さ。 0に設定すると、ユークリッドジェネレーターが無効になり、AR(ARP PATTERN)設定が使用されます。
            ・ EF(EUCLIDEAN FILL):ユークリッドパターンのフィルステップ数。
            ・ ER(EUCLIDEAN ROTATE):ユークリッドパターンのシフト

             

             

            ラッチモードとキーボード

            アルペジエーターは、キーボードのキーが押されるとすぐに起動します。すべてのキーを離すと、アルペジエーターは8分音符に相当する長さの間実行を続けます。そして、この短い時間内にキーが押されなかった場合は停止します。これによりコード移行すの際にグリッチのない演奏が可能になります。


            アルペジエーターにはラッチモードがあります。アルペジオの演奏中に、START / STOPボタンを1秒間押し続けて、アルペジエーターをラッチします。ディスプレイに「//」と表示されます。ラッチモードでは、すべてのキーを離してもアルペジエーターが停止することはありません。アルペジエートされたパターンは、新しいコードが演奏されるまで続きます。ラッチモードを終了するには、START / STOPボタンをもう一度押します。

            また外部キーボードがなくても1音のアルペジオをトリガーしたり、音をホールドしたい場合は、START / STOPボタンを1秒間押し続けます。ノートが再生されます。その値は画面に表示され、エンコーダーを使用して調整できます。エンコーダーをクリックして他の設定にアクセスし、スタート/ストップボタンをもう一度押すと、保持されているノートが停止します。

             

            シーケンサー

            モノフォニックの64ステップシーケンサーを各パートで利用できます。シーケンサーはSH-101にインスパイアされており、シーケンスは、キーボードを使用してノートをステップごとに録音します。

            各ステップには、ノート、休符、タイを保存できます。

            シーケンスを録音するには、RECボタンを押します。マルチティンバーレイアウトを使用している場合は、ディスプレイが点滅し、録音するパートを選択できます。パーツ番号を選択し、エンコーダーをクリックして確認します。

            ディスプレイには、記録するステップのインデックスが表示されます。 MIDIキーボードでノートを演奏して、シーケンスに追加します。 TIEまたはRESTボタンのいずれかを押して、タイまたはレストを挿入できます。完了したらRECを押して、録音モードを終了します。 64番目のステップを通過すると、シーケンサーがステップ1に戻ることに注意してください。

            ノートを演奏する前にピッチベンドレバーを使用すれば303スタイルのスライドを録音できます。ピッチベンドレバーの正確な動きは記録されませんが、シーケンサーは次のステップが長いポルタメントで演奏されることを記録します。

            記録中にエラーが発生した場合は、エンコーダーを使用して、以前に記録したステップに戻り、再記録してください。

            キーボードなしでノートを録音することも可能です。エンコーダーをクリックしてノートを選択し(結果を聞くことができるようにCV出力に送信されます)、エンコーダーをクリックして入力します。この方法で録音されたノートは、常にフルベロシティになります。

            シーケンスを再生/停止するには、START / STOPボタンを押します。ユニットが外部クロックを使用するように構成されている場合、対応するMIDIメッセージを送信することでシーケンサーを起動/停止することもできます。シーケンサーの演奏中に、キーボードを使用してシーケンスをトランスポーズできます。

            シーケンスの再生中にRECボタンを押すと録音モードになりますが、元のシーケンスがすぐに消去されるわけではありません。代わりに、ループを続け、入力したノートに徐々に置き換えられます。これにより、再生中にシーケンスを編集できます。

            シーケンサーとアルペジエーターは一緒に使用することはできません。 START / STOPフロントパネルボタンを押すか、MIDIスタートメッセージを受信すると、シーケンサーが起動します。シーケンサーが動作しておらず、キーボードからノートメッセージを受信すると、アルペジエーターが起動します。

             

            保存、呼び出し、バックアップ

            プログラムの保存と呼び出しに8つのメモリスロットを使用できます。これらのプログラムは、シーケンスやMIDIが受信したチューニング情報を含むすべての設定をキャプチャします。


            エンコーダーを1秒間押して、LOAD/SAVEメニューを表示します。 * L(OAD *)を選択し、エンコーダーをクリックして、ロードするプログラムの番号を選択します。 –を選択してキャンセルします。

            * S(AVE *)を選択し、エンコーダーをクリックして、現在の設定を8つのスロットの1つに保存します。 –を選択してキャンセルします。

            * I(NIT *)を選択し、エンコーダーをクリックして、現在の設定を基本設定(120 BPM、モノラルレイアウト、アルペジエーターまたはシーケンサーなし)にリセットします。

            * Q(UICK SETUP *)を選択し、エンコーダーをクリックして、MIDIキーボードから入力されたノートからセットアップをすばやく作成します(次のセクションを参照)。

            *>(SYSEX DUMP)*を選択して、現在の設定をSysExデータのブロックとしてMIDI出力に送信します。これらはSysExライブラリアンユーティリティに記録し、設定を復元するためのメニューです。

            * C(ALIBRATE)*は、キャリブレーションメニューを表示します

            * E(XIT)*は、LOAD / SAVEメニューを終了します。

            本機の電源がオンになると、最初のプログラム(P1)が常にロードされます。

             

            クイックセットアップ

            「クイックセットアップ」オプションでは、エンコーダーを1秒間押して、ロード/保存メニューを表示します。 * Q(UICK SETUP *)を選択し、エンコーダーをクリックします。ディスプレイに「++」と表示されます。キーボード/コントローラーからノートを再生し、エンコーダーをクリックします。

            ・1つの音だけが演奏された場合、その音が受信されたチャンネルに対してモノフォニックセットアップ(1M)が作成されます。
            ・同じチャンネルで2つのノートが演奏されている場合、デュオフォニック(2P)セットアップが作成されます。 2つ以上のノート、および4チャンネル(4P)セットアップが作成されます。
            ・2つ以上の異なるチャンネルからノートを受信した場合、これらのチャンネル(2Mまたは4M)に対してマルチティンバーセットアップが作成されます。
            ・隣接するノート(BとC、またはFとF#など)が演奏されている場合、この時点でスプリットが作成されます。
            ・すべてのノートがチャンネル10(従来はGM標準のドラムに割り当てられていた)で受信されると、トリガー設定(4T)が作成され、各パートは再生されたノートの1つによってトリガーされます。
            ・一部のノートがチャンネル10で受信され、一部のノートが他のチャンネルで受信されると、マルチティンバーセットアップが作成され、チャンネル10のノートごとに1つのパート(パーカッションをトリガーするため)が作成され、汎用モノフォニックパートが他のチャンネルに割り当てられます。

             



            この商品をシェアする