★ 6/15(土)の出荷はお休みとさせていただく予定です ★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
★ 6/15(土)の出荷はお休みとさせていただく予定です ★ 製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります! ★表示価格は税込です ★
カート 0
uGrids
uGrids
uGrids
uGrids
uGrids
After Later Audio

uGrids

通常価格 ¥26,400 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Mutable Instruments Gridsの8HPクローン。 同一機能のクローンなので、フルサイズ版と同じように動作し、フルサイズ版で動作するファームウェアはすべて動作します。 

Gridsは、ユークリッドシーケンサーのユーザーインターフェースに、マシンラーニングとグラフアルゴリズムの能力を融合した、独特なドラムパターン・ジェネレーター(3 チャンネル・トリガー・ジェネレーター)です。

Gridsのコアは、主にエレクトロニック・ミュージックのトラックやドラムループの大規模なコレクションで使用されているドラムパターンを、マシンラーニングの技術で取得した膨大なマップです。リズムの骨格と構造はマップ上のXとYの座標を選択することでプログラムされ、ポイント間の補間やモーフィングがスムーズに行われます。

この骨格が出来上がると、3つのチャンネルそれぞれの「イベント密度」をコントロールすることで、膨大なバリエーションを生み出すことができます。X/Yマップの位置と3つのチャンネルの密度はすべてCVコントロールが可能で、あらゆるモジュレーション・ソースからリズムのバリエーションを生み出すことができます。Gridには独自のランダムソースも備わっていて、パターンに予測不可能なスパイスを加えることができます。

ほとんどのパターンは、チャンネル1=BD、チャンネル2=SD、チャンネル3=HHで演奏するのがベストですが、もちろん他の音源も積極的に利用してください。

Gridsはクロックを内蔵していますが、外部クロック信号にも対応しています。


 

Clocking

  • 40~240BPMのインターナルクロック
  • ビートインジケーター/タップテンポ・ボタン(リセットボタン)
  • 外部クロック入力(24/8/4ppqn)
  • パターンリセットトリガー入力


    Drum pattern generator

    • ドラムパターンとそのバリエーション
    • X/Y(パターン選択)ノブ(CV入力対応)
    • チャンネル1、2、3のパターン複雑度/密度を調整するノブ(CV入力対応)
    • パターン・ランダム化ノブ(内部クロックのスイング・コントロールとしても設定可能)(CV入力対応)
    • 3系統の出力(BD,SD,HH/パーカッション).
    • 3系統の追加出力(アクセント/クロック/リセットまたはチャネルごとのアクセントとして設定可能)
    • 出力はトリガーまたはゲートのいずれかに設定可能

    Specifications

    • 8HP (D=約30mm)

    モジュールはAfter Later Audioの完璧な製造工程により精密に組み立てられ、パーフェクトなテスト工程を経て出荷されています。最高精度でのキャリブレーションを行うため高品位な測定機器を使用し、ハイレベルな製品のみをユーザーに届けています。製品にはご購入日から一年間の保証期間が用意されています。


     

    Gridsの使用方法

    1. ドラムループのコレクションX/Y座標のマップに配置されています。MAP YとMAP Xのノブで好みのパターンを探ります。

    2. マップからリズムの骨格を読み取ったら、各3つのチャンネルノブ(CH1,CH2,CH3)でフィルの密度を調整します。ゼロ位置でミュートされ、フル廻しきりでフィルが完全に埋められます。

    3. CHAOSノブを調整して全体のフィルにランダムなロール音やゴースト音を追加できます。


    クロックについて

    A:内部クロック

    40BPMから240BPMの範囲で設定可能。反時計回りに回しきると、内部クロックは無効となり、CLOCK端子入力からのクロック信号が使用できるようになります。

    B:タップテンポ
    このボタンを2回以上タップするとテンポが設定できます。タップテンポボタンでテンポ設定されるとCLOCKノブはロックされ無効になります。CLOCKノブのロックを解除するにはTapボタンを1回だけタップします。

    C:外部クロック
    外部クロックを使用する場合は、CLOCK端子に外部クロックを入力し、CLOCKつまみを最小値に設定し、タップテンポをリセットします。推奨レベル:0〜+5V。


    入出力端子について

    1. CLOCK
    外部クロック入力。CLOCKつまみを最小値に設定し、タップテンポをリセットしない限り外部クロックは無視されます。推奨レベル:0〜+5V。

    2. RESET
    パターンリセット入力です。パターンが最初のステップにリセットされます。推奨レベル:0〜+5V

    3, CV入力
    CH1、2、3の密度コントロール、MAP X、MAP Y、CHAOSのパラメーターは、すべて外部CVからのコントロールが可能です。ツマミの最小位置が0V、最大位置が5Vに相当します。

    4、OUT 1,2,3
    3 チャンネルそれぞれのトリガー出力です。トリガレベルは+5V/1msです。

    5、ACC
    3チャンネル分のアクセント出力です。アクセントはパターンの構造的で重要なステップを示し、そのままx0xスタイルのモジュールに入力することができます。出力は+5V/1msです。


    オプション設定について

    すべてのCVインプットを外し、TAP/リセットボタンを長押しするとGridのオプション設定モードになります(スイッチが点灯したままになる)。設定を終了したら、もう一度ボタンを長押しして通常モードに戻ってください。


    ・クロック分解能を設定

    オプション設定モードの状態(TAPのLEDが点灯しっぱなし)で、CH1のノブを回してください。3つのLEDの位置で設定できます。
    • 4ppqn(左側のLEDが点灯)
    • 8ppqn(真ん中のLEDが点灯)
    • 24ppqn(右側のLEDが点灯)


    ・ TAPボタンをタップテンポかリセット機能に設定

    タップテンポ/ビートインジケーターボタンは、リセットボタン/パターンスタートインジケータとして設定することができます。オプション設定モードの状態(TAPのLEDが点灯しっぱなし)で、CH2のノブを回してください。3つのLEDの消灯/点滅の状態で設定できます。

    •  3つのLEDが消灯:TAPはリセットボタンとして機能
    •  3つのLEDが点灯:TAPはタップテンポ入力ボタンとして機能


    ・ スイングの設定

    内部クロックのスイングを有効または無効にできます。有効な場合、スイングはCHAOSノブにより制御され、内部クロックにのみ影響します。LEDはスイング設定の状態を示します。オプション設定モードの状態(TAPのLEDが点灯しっぱなし)で、CH3のノブを回してください。3つのLEDの消灯/点滅の状態で設定できます。

    •  3つのLEDが消灯:スイングは無効です。CHAOSノブはランダム化制御として機能します。
    •  3つのLEDが点灯:内部クロックでスイングが有効になります。CHAOSノブがスイング量を調整するようになります。

    CLOCK入力で受け取ったクロック信号にSwingを加えることはできません。また、ユークリッドシーケンサーモードではSwingを加えることはできません。


    ・ ユークリッド・シーケンサーモード

    Grids はユークリッドシーケンサーとしても動作します。ユークリッドシーケンサーに本機の機能を切り替えたい場合は、オプション設定モードの状態(TAPのLEDが点灯しっぱなし)で、MAP Xノブを回してください。3つのLEDの消灯/点滅の状態で設定できます。
    • 3つのLEDが消灯:ユークリッドシーケンサーモード
    • 3つのLEDが点灯:オリジナルのGridの機能です(デフォルト)
    ユークリッドシーケンサーモードでは、CHAOS、MAP Y、MAP Xの各ノブで、チャンネル1、2、3のパターンのレングス/サイズを、CH1、CH2、CH3の各ノブでフィルレートをそれぞれコントロールできます。ACC 出力はパターンの最初の音、つまりパターンが 1 サイクル終了するたびにトリガーを出力します。



    ・ トリガー/ゲートの設定

    デフォルトでは、Grid はトリガー信号(短い1ms パルス)を生成します。この動作をゲートに設定することもできます、 (MAP Y)を回します。オプション設定モードの状態(TAPのLEDが点灯しっぱなし)で、MAP Yノブを回してください。3つのLEDの消灯/点滅の状態で設定できます。

    • 3つのLEDが消灯:トリガーモード
    • 3つのLEDが点灯:ゲートモード

       

    オルタナティブな出力レイアウト

    3つのACCENT出力の列の機能を再構成することができます。通常のレイアウトは ACC 1 / ACC 2 / ACC 3ですが、オルタナティブな設定では、ACCはグローバルアクセント出力で、ACC1、ACC2、ACC3のいずれかがHighの時にHighに。CLKはクロック出力(クロック入力を反映するか、内部クロック信号のどちらか)で、RSTはリセットトリガです。オプション設定モードの状態(TAPのLEDが点灯しっぱなし)で、CHAOSノブを回してください。3つのLEDの消灯/点滅の状態で設定できます。

    • 3つのLEDが消灯:ACC 1 / ACC 2 / ACC 3
    • 3つのLEDが点灯:ACC / CLK / RST


    この商品をシェアする