★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
カート 0
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Let’s Splosh
Nonlinearcircuits

Let’s Splosh

通常価格 ¥25,600 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Nonlinearcircuits(NLC)の"Let's Splosh"は、4つの入力信号を、8タイプの整流器で処理し、合計16個の異なる信号を出力します。CVやLFO、オーディオ信号などを自由に、それも混在してインプットすることが可能であり、あなたが想像もできないような個性的な世界観に没入することができます。

例えば、最大4つまでのいくつかのCV信号を入力すると、各16出力から8つの異なる整流回路を通過した複雑なミックス信号を得ることができます。これらはとてもオーガニックでリズムに富んだコンプレックスCVとなります。あなたのシステムに16ものパワフルなモジュレーションソースを追加でき、そのどれもが関連しており統一感を保ちながらも全く異なったソースである点に注目してください。

あなたが望むなら、インプット端子にオーディオソースを接続してみることもできます。最大4系統のオーディオソースがウェーブフォールディングされて、各16出力端子から異なるミックスで出力されます。ここで興味深いことはそのいくつかのインプット端子にはCVやLFOを接続することです。オーディオとCV/LFOを同時に入力することはLet's Sploshで得られる冒険の喜びの一つです!

16種類の冒険のシナリオは、入力されたCVの波形や速度を変えたり、インプット端子のパッチケーブルをスワップしたりすることで、さらに無限の扉を開けられることになります。パッチケーブルの抜き差しだけであなたは全方向にベクトルが向いたあらゆるアウトプットを手にいれることができます。

入力にはCUSTARD、TREACLE、NATTO、BATTERと言った食べ物の名前が付けられれています(特に意味はないそうなので単純に入力A,B,C,Dと考えても大丈夫です)。それぞれに異なる整流回路が適応され、与えられた種子は全てシャッフルされ、ランダムにミックスされ、引き伸ばされたり、分配されたりして、全く見たことのない花を咲かせるでしょう。

出力は、CT/NB+、CB/TN-、TNB/C+など入力端子のコンビネーションが示されており、一貫性を保ちながらも、全く異なっている、新しいバージョンの信号を吐き出します。

あなたは本当に好きな数の信号を入力して、好きな場所の出力コネクターから信号を取り出すだけです。各16チャンネルにはそれぞれLEDがあり、信号の状態を視覚的に見ることもでき、パフォーマンス中に各信号の状況を把握できます。

複数のCVやLFOが絡み合いながら進化した16ものCVを取り出せる基本の使い方に加えて、複数のトリガー信号とLFOを同時入力して複雑なランダムリズムを構成したり、メロディを押したり引っぱったりして新しい方向性を持たせたり、オーディオ&CVなどをミックスして入力して新しい冒険をはじめたり、Let's Sploshには無限の可能性が秘められています。

同じNLCのモジュラーであるTriple Slothのエキスパンダーとしての使い方もおすすめです!Slothの各出力をLet's Sploshの入力にパッチするだけで、新たに16タイプの有機的なCVミクスチャーが生み出されます!これはスローなアンビエントパッチに最適であり、Triple Slothの出力をより拡張して複雑なものにしてくれます。また普通のLFOやCVに、SLOTHの超低速カオスLFOを、Let's Sploshでぶつけて出力すれば、ゆっくりと変化していくモジュレーションを簡単に実現することができます。まさに夜明けのようにスローモーションに景色を変えていくようなアンビエントな演出に最適です。

このモジュールは、CVとオーディオの信号に対して、受信機と同じだけの喜びを与えてくれる傑作です。ぜひあなたのモジュラーシステムにも「16の知覚の扉」を加えてみませんか?

  • 12HP
  • 奥行(約30mm)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この商品をシェアする