当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
カート 0
uO_C (Ornament & Crime)
uO_C (Ornament & Crime)
uO_C (Ornament & Crime)
uO_C (Ornament & Crime)
uO_C (Ornament & Crime)
uO_C (Ornament & Crime)
After Later Audio

uO_C (Ornament & Crime)

通常価格 ¥25,200 ¥0 単価 あたり
配送料は購入手続き時に計算されます。

uO_C はOrnament & Crimeの8HPのマイクロバージョンです。

オーナメント&クライムは驚くほど幅広いマルチ・モジュールで、現在13のアプリケーションを使用する事ができます。クオンタイザー、コードプログレッション・ジェネレーター、クワッドLFO、クワッドエンベロープ、デュアルチャンネルのシーケンサーなど多彩なファンクションをこれ一台で実現するオープンソース・ハードウェアーです。

ブランドが展開する製品ではなく、オープンソース・プロジェクトであり、自作DIY向けのモジュールですが、ビーツヴィルではプロフェッショナルな基板設計やビルドクオリティに定評のある After Later Audioが組み上げたマイクロバージョンのOrnament & Crimeモジュラー(uO_C)を販売可能です。

製品の使い方などの基本情報は、Ornament & CrimeオフィシャルHPをご参照ください(英文となります)。

https://ornament-and-cri.me/




 

 

Ornament & Crime 基本操作

起動

左側のエンコーダーを押したままで電源を入れると「キャリブレーション・モード」で起動します。

右側のエンコーダーを押したままで電源を入れると「アプリ選択メニュー」で起動します。

何も押さなければ、モジュールは最後に保存された「アプリ」で起動します。


アプリケーションの選択

アプリの選択メニューは、上記のようにモジュールの電源を最初にオンにしたとき、または通常の使用中に右側のエンコーダーを「2秒長押し」ことによってアクセスできます。

  • 右のエンコーダーを回してアプリを選択します。
  • 右のエンコーダーを押して、選択したアプリに切り替えます。

保存

各o_Cアプリの設定を保存するには、右側のエンコーダーを「2秒長押し」してアプリ選択メニューに入ります。その後に右のエンコーダーをもう一度「2秒長押し」して離すと、保存されたことを示す、四角の図形が大きくなるアニメーションが再生されます。設定を保存するたびに、すべてのアプリの現在の設定が保存されることに注意してください。

リセット

アプリの設定をデフォルトの状態にリセットするには、起動時に▲上ボタンと▼下ボタンを同時に押します。その後にメッセージに従って右または左側のエンコーダーを押します。

操作

ユーザーの操作がなくなるとスクリーンセーバーモードになります。 タイムアウトする時間は、キャリブレーションメニューで設定できます。

セッティングモードは2つのエンコーダーの回転とプッシュで、スクロールや各値の変更を行います。

 

アプリケーション

Ornaments & Crimesのアプリケーションについて簡単に説明いたします。詳しい使い方は以下のアプリ名をクリックしてご覧ください(英文)。

  • CopierMaschine
    4ステージのアナログシフトレジスタ(ASR)、クオンタイジングデジタルエミュレーションの拡張バージョン。
  • Harrington 1200
    デジタル(ゲート/トリガー)入力によってトリガーされる、三和音の基本的コードを提供します。
  • Automatonnetz
    Tonnetzトランスフォームを「ベクトル」シーケンサーと組み合わせます。コードシーケンサーとメロディシーケンサーの両方にすることができます
  • Quantermain
    編集可能なスケールを備えた、外部電圧用のクワッド・ピッチクオンタイザーです。 100マイクロ秒未満のレイテンシーで連続的なクオンタイザーを実行できます。
  • Meta-Q
    Quantermainと同様のデュアルチャネルのクオンタイザーですが、スケールとノートマスクのシーケンスも提供します。
  • Quadraturia
    Mutable Instruments "Frames"モジュールの「Easter egg」に基づくウェーブテーブルLFOです。
  • Low-rents
    Mutable Instruments "Streams"モジュールの「Easter egg」に部分的に基づいた、LorenzとRösslerのデュアル変調ジェネレータです。
  • Piqued
    Mutable Instruments "Peaks"モジュールのエンベロープジェネレーターコードに基づくクワッド・エンベロープジェネレーターですが、電圧制御、リトリガー(ループ)エンベロープを含む追加のエンベロープタイプ、追加のセグメント形状、調整可能なトリガーディレイ、ユニークな「ユークリッド・トリガーフィルター」など
  • Sequins
    それぞれ最大16ステップの4つの「トラック」を提供するデュアルチャネルステップシーケンサーです。 トラック自体をシーケンスすることができます。
  • Dialectic Ping Pong
    Mutable Instruments "Peaks" モジュールの隠しモードに基づくクワッドバウンスボールエンベロープジェネレーターです。
  • Viznutcracker, sweet!
    クワッド「バイトビート」ジェネレーター。オーディオソースとして使用して興味深い8ビットノイズやチューンを生成したり、外部ソースからクロックを供給して「バイトビート」制御のシーケンスを生成したりできます。 「バイトビート」は、2011年にviznut(別名Ville-MatiasHeikkilä)によって最初に記述されました。
  • Acid Curds
    コードクォンタイザー(外部ピッチ電圧の「ハーモニッククォンタイザー」と呼ばれることもあります)とコード進行シーケンサーの両方です。
  • References
    各チャネルに特定の基準電圧を出力して、VCOやその他のモジュールの調整や調整に役立つユーティリティアプリです。 また、高精度の周波数計とノートチューナー、高精度のBPM(1分あたりの拍数)テンポメーター、およびクローズドループキャリブレーションモードも含まれています。


オープンソース・ハードウェアの製品につき、詳しい使い方についてはオフィシャルの英文説明書、ご使用になるファームウェアの説明書をご参照ください。

 

 

 


この商品をシェアする