★ 表示価格は税込です ★ 当ストアの商品発送日は毎週1回、土曜日のみの出荷となります。
★ 表示価格は税込です ★ 当ストアの商品発送日は毎週1回、土曜日のみの出荷となります。
カート 0

"Clouds"モジュールの派生モデルについての解説(by After Later Audio)

Mutable InstrumentsのCloudsモジュール(グラニュラー・オーディオ・プロセッサー)は、私たちの時代で最もよく知られているEurorackモジュールの1つになりました。 それがまだ生産されている間、Cloudsは常にベストセラーのヒットを記録しました。 その後、2017年にこの名機は後継種なしに廃盤となり皆を驚かせました。しかし、Mutable Instrumentsは、すべてのデザインを「オープンソース化」するというEmilieGilletのポリシーにより、Cloudsモジュールはその後も充実した成長を続けることになったのです。 ハードウェアとソフトウェアの両方がオープンソース化されているため、それらの派生モデルのラインナップは複雑です。 ここでは現在利用できるCloudに関する各オプションやモデルについて詳しく説明いたします。

*After Later Audioによる本記事のオリジナルは以下をご覧ください。
https://afterlateraudio.com/2019/12/21/understanding-clouds-and-its-derivatives/

 

Software/Firmware

Cloudsのすべての派生モデルは、様々なファームウェアを実行して動作しています。Mutable InstrumentsのEmilieがMITライセンスを介してコードを利用できるようにして以来、開発者たちははオリジナルリリースのファームウェアに加えて革新を続けることが許可されています。 ファームウェアの更新は、モジュールの入力でMP3を再生することと、プログラマーの両方によって可能になっています。 ファームウェアの選択にとらわれることを心配する必要はありませんが、互換性には注意する事をお勧めします。 人々がイノベーションを続けるにつれて、ファームウェアが大きくなりすぎて、一部のファームウェアではより大きなマイクロコントローラーが必要になるため注意が必要です。

 

Stock/Original (by Emilie Gillet):

2015年にMutable Instruments Cloudsのファームウェアが最初にリリースされた後、エミリーは2017年まで改善とアップデートを続けていました。このバージョンには4つのモードがあります。 エミリーはそれらを文書化されていない"実験的なもの"と呼んでいましたが、その後に良くまとまったドキュメントにしています。

以下がその4つのモードです。

1) Granular Processor (officially supported mode)
2) Pitch Shifter / Time Shifter
3) Looping Delay
4) Spectral Processor

互換性: Clouds, uBurst, Monsoon

 

Parasites (by Mattias Peuch):

Parasites ファームウェアはオリジナルのファームウェアの機能を持ちながらも、2つの新しいモードが追加されています。 また、すべてのモードの一部の機能のレンジを拡張しています。 この拡張された機能によってオーディオ品質が少し犠牲になると感じる人もいます。しかしながら、3つのファームウェアの選択肢から選択する必要がある場合、ほとんどの人がこのファームウェアを好むことがわかりました。

Parasitesファームウェアのモードは以下の通りです。

1) Granular Processor
2) Pitch Shifter / Time Shifter
3) Looping Delay
4) Spectral Processor
5) NEW: OliverB – Reverb mode
6) NEW: Resonator

互換性: Clouds, uBurst, Monsoon

 

Kammerl Beat Repeat (by Julius Kammerl):

Kammerl ファームウェアは、リアルタイム処理用のクロックに同期したエンジンをクリエイトすることにより、オリジナルファームウェアに基づいて構築されています。 これは、同じ作者によるVSTプラグインに基づいています。 さらにSpectral Cloudsモードは、スペクトル処理の異なるアプローチになっています。

このファームウェアを使用すると、次の5つのモードになります。


1) Granular Processor
2) Pitch Shifter / Time Shifter
3) Looping Delay
4) NEW: Beat Repeat
5) NEW: Spectral Clouds (replacement for Spectral Processing)

互換性: Clouds, uBurst, Monsoon

 

SuperParasites (by Patrick Dowling):

SuperParasites merges together all of the above firmwares into a combined new version. This enables access to all of the above modes without having to reload firmware. In order to accomplish this a new microcontroller had to be used. This makes this firmware incompatible with earlier hardware versions, including the original Clouds. So to summarize this newest version of firmware supports all of the below modes:

SuperParasites ファームウェアは、上記のすべてのファームウェアを統合した新しいバージョンです。これにより、ファームウェアをリロードすることなく、上記のすべてのモードにアクセスできるようになります。 これを実現するには、新しいマイクロコントローラーを使用する必要がありました。 これにより、このファームウェアは、オリジナルのMutable Instriments Cloudsを含む以前のハードウェアバージョンとの互換性がなくなります。 したがって、この最新バージョンのファームウェアは、以下のすべてのモードをサポートしています。


1) Granular Processor
2) Pitch Shifter / Time Shifter
3) Looping Delay
4) Spectral Madness
5) OliverB – Reverb mode
6) Resonator
7) Beat Repeat
8) Spectral Clouds

互換性: Storm, Typhoon, nanoCell, Microcell, Supercell

Hardware:

The hardware covered here does not cover every version of hardware ever created. Below I aim to cover the major variants. If readers know of others, please feel free to mention in the comments.ここで取り上げるハードウェアは、これまでに作られたされたすべてのハードウェア・バージョンを網羅しているわけではありません。

以下では、主要な派生モデルについて説明します。

 

Original (18HP by Mutable Instruments):

Mutable InstrumentsオリジナルのCloudsデザインは非常に強力であり、このモジュールの名声を確立しました。しかしながら、4つの機能が1つのノブであるブレンドノブの後ろに隠れてしまっていることは少々残念なことでした。Dry/Wet, Reverb, Feedback, Panningのいずれを制御するかを選択するには、ボタンを使用してブレンドノブのモードを変更する必要がありました。 これは、1つのブレンドCV入力がこれらの4つのブレンドオプション間で共有されることも意味していました。

ファームウェアの互換性:Stock, Parasites, Kammerl Beat Repeat

 

 

uBurst (8HP – by Jakplugg):

uBurstはオリジナルのCloudsの機能を、そのままシンプルに省スペース化(8HP)したものです。 その他の変更はありません。 小さいレイアウトのため操作性の一部が窮屈に感じることもあるため、トリマースタイルのポットを使用することがよくあります。 ただし、省スペース性を重視したい場合には、このモジュールは極めて小さく便利であり、最適なオプションとなります。

ファームウェアの互換性:Stock, Parasites,  Kammerl Beat Repeat

Supercell (34HP by Grayscale)

Supercell は、uBurstとは逆のアプローチを採用し、Cloudsモジュールを大幅に拡張しています。 4つのブレンドオプション、アテニュバーター、VCA、その他多くの専用ノブとCV入力を含む多くの機能が追加されました。オプションの詳細はGrayscaleのWebサイトで読むことができます。 最も注目すべきは、このバージョンでは、SuperParasitesファームウェア(ParasitesとBeat Repeatの組み合わせ)を実行するために別のマイクロコントローラーを使用していることです。


ファームウェアの互換性:SuperParasites, Supercell Core (stock firmware for Supercell)

Monsoon (12HP – by Jakplugg):

Monsoon は、4つのブレンドオプション用の専用ノブとCV入力を備えたuBurstデザインの拡張バージョンです。 コントロールのレイアウトも、CV入力を表示できる4本のLED付スライダーを備える新たなデザインとなっています。機能変更に伴いファームウェアも変更する必要がありました。 Monsoonで使用するためのstock, parasites,  beat repeatの特別なバージョンが必要でした。

ファームウェアの互換性:Monsoon Stock, Monsoon Parasites, Monsoon Beat Repeat

Storm/nanoCell/Microcell (14HP)

これらのモジュールは、Supercellのすべての機能(アッテヌバータを除く)を取り込んで、14HPに縮小したものです。 また、Supercellと同じファームウェアを引き続き実行しています。Microcell の名前には著作権の制限があるため、この製品はStorm(After Later Audioから)や nanoCell(Momo Modularから)など、さまざまな名前でリストされています。

ファームウェアの互換性:SuperParasites, Supercell Core

Typhoon (16HP by JakPlugg)

Typhoon は、Microcellのすべての機能をMonsoonの使いやすいレイアウトと統合したものです。 したがって、このバージョンは、SuperParasitesおよびSupercellCoreファームウェアオプションのみをサポートしています。

ファームウェアの互換性:SuperParasites, Supercell Core

まとめ

これらすべてが、リリース時にエミリーが非常に不満を感じていたモジュールからのものであることは注目に値します。 これは、エミリーが各モジュールで保持している品質のレベルへの賛辞だと思います。 彼女の2017年の引退発表からのこの引用は、リリースされたときに彼女がCloudsについてどう思ったかを最もよく要約していると思います。


「2014年の終わりまでに、私はプロジェクトにうんざりし、プロジェクトを終わらせたいと思ったので、250のCloudsを製造することにしました。これは、最初と最後のバッチになることを同時に望んでいました。 私はそれが Edgesと同じ運命を持っているだろうと予測しました。少数の人々が完全に手に入れて愛する何か…そしてそれは他の人々に気づかれることはないでしょう。」

彼女がシンセサイザーの歴史に定着したリリースを前に進めてくれたことを私たちは皆喜んでいると思います。


新着順