★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
カート 0

Tesseract Modular / Radioactive 日本語マニュアル

マニュアル

About Radioactive

Radioactiveは独自の意思を持つ、創造性にあふれるビットコンシャスなデジタルVCOモジュールです。6HPの小さなスペースに最高にディープなデジタルオシレータ、さらにはエンベロープ-VCAまで包括し、波形やシェイプのコンビネーションで驚くほど多彩なサウンドを得ることができる傑作です。

アナログモデリングやフェイズオフセットモジュレーション、ユニークなボルテージ制御のARエンベロープジェネレーターを取り込んでおり、さらにグライド(ポルタメント)や、5つの特徴的なモードを備えたシェイパー、波形切替(Waveトリガー入力もあり)、エンベロープをゲート(VCAスタイル)またはトリガー(S&H)できる2つの異なるモードなど、通常のモジュールとは異なる個性を高いレベルで満載しています。セットアップによってトリガーなしでサウンドが鳴りっぱなしになるようなクラシックなVCOとしても使用可能です。

もちろん、アッテネータノブを配する 1V/Octピッチ入力(0〜5Vレンジ)を装備して外部シーケンサや鍵盤からの演奏が可能になっています。OCTAVEコントロールを使えば幅広い音域をカバー、ベース帯域からハイピッチまですべてに対応します。3声のポリフォニックを奏でられる"Polyモード!は本機のもう一つの魅力でもあります!それでもまだ物足りないなら、素晴らしいMeng Qi Karpのファームウェアをダウンロードすることもできます。

起動時のモード設定とSHIFTボタンによって、各エンコーダーに異なるファンクションを割り当てたおかげで、たった6HPの省スペースモジュールながら驚くほど多彩で幅広いサウンドを得ることができます。また印象的なデジタルサウンドは時にオーガニックに、時にラディカルに、あるときはローファイに、繊細な調整によって様々に表情を変えられるため、使うたびに新しい発見があります。

あなたは再びVCOを発見するでしょう!


TECH SPECS & KEY FEATURES

  • 6HP
  • D=25mm
  • +12V:42mA(平均)、65mA(最大) -12V:10mA(平均)

  • 14ビット、32kHzアナログモデリング合成、位相オフセットモジュレーション付き
  • 1V/Octピッチ入力、アッテネータポット付き、0〜5Vレンジ
  • 各種パラメータを制御する3つの電圧入力(オフセットポット付、10Vレンジ)(例:0~10V、-5~+5V、-10~-5Vまたはその間の任意のレンジをオフセットポットで選択可
  • エンベロープトリガー/ゲート用トリガー/ゲート入力(モード依存)、0V low/3V3+ high (最大12Vまで)
  • 波形変化トリガ入力, 0V low/3V3+ high (最大12V)
  • 1つのボタンで3つの機能:電源投入時セットアップモード、短押しで波形変更(波形設定に依存)、長押しで機能シフト(ポットパラメータを交互に変更)。
  • 3つの緑のLEDは、選択された波形またはそれらの異なる組み合わせを示し、セットアップモードでも情報を提供します。
  • トリガーまたはハイ/ローゲート信号の入力を示す1個の赤色LED

  • セットアップ時に3種類の動作モード(A、B、C)を選択可能。

    A - アタックとリリースのエンベロープを持つフリーレンジオシレーター
    B - フリーレンジオシレーター(リリースエンベロープとグライド付)
    C - クォンタイズド・オシレーター(リリース・エンベロープとグライド付)

  • 3種類のエンベロープアクティベーションモード(G、T、P)をセットアップで選択可能。

    G - ゲート・モード、モノフォニック
    T - トリガーモード、モノフォニック
    P - ポリモード、3ボイスポリフォニック

  • セットアップ時およびランタイム時に5種類のウェーブシェイパーを選択可能
  • セットアップ時に3種類の波形セットを選択可能(各3種類)
  • セットアップ・パラメータは保存され、起動時に呼び出すことが可能
  • 全入力100kインピーダンス、10bit、512Hz DCレート。


QUICK START


ジャック5、6、7、8の下にあるPITCH, ATTACK/GLIDE,RELEASE,SHAPERはCV制御、またはCV何もジャックに接続されていない場合は、ポット1、2、3、4で設定することが可能です。

ジャックとポットの間に表記されるコントロールはセットアップで使用され(SET、ABC、GTP、MODE)、ポット2、3、4の下に白い文字が書かれたコントロール(OCTAVE、SUSTAIN、MODE)はシフトボタン(10)が押されている間だけ使用可能です。
*ノブのすぐ下にOCTなどと書いてあるので、そのノブがOCTコントロールだと勘違いしやすいと思いますが、そこはSHFTを押しながらの機能なので、少し慣れが必要です。注意してください!

シフト機能は、ボタン10を1秒以上長押したときに有効になり、それ以外の場合は、同じボタンをすぐに押すことで次の波形またはその組み合わせに進みます。次の波形は、Wave入力ジャック9のトリガで選択することもできます。

選択された波形は、LED12、13、14で表示されます。複数のLEDが点灯している場合、波形は表示通りに組み合わされます(7通りの組み合わせが可能です)。ジャック15はエンベロープ・ゲート/トリガー入力で(その機能はセットアップのG-T-P設定で決まります)、赤いLED 11で表示されます。ジャック16はサウンド出力です。

初期設定はWave Set 1、Control Mode A(フリーレンジオシレーター、アタック&リリースエンベロープ付き)、Envelope Mode G(ゲーテッド)、Shaper Mode 1となっています。このモードのコントロールは、以下の表に従って動作します。

モードA 機能
1 ピッチアッテネーター
2 アタックオフセット
3 リリースオフセット
4 シェイパーオフセット
5 ピッチ(1V/Oct)電圧
6 アタック電圧コントロール
7 リリース電圧制御
8 シェーパ量電圧制御


Setup

モジュールの電源投入ごとに記憶・呼び出しされる動作モードの選択方法について説明します。

セットアップモードに入る前に、すべてのパッチケーブルがフロントパネルから取り外されていることを確認します。セットアップのポテンショメーターは起動時のパラメータ設定に使用されるため、電圧が入力されると通常のセットアップ手順に干渉し、予期せぬ結果を引き起こす可能性がありますので絶対にやめてください。

セットアップモードに入るには、モジュールの電源を入れる前に、ボタン10を長押ししてください。電源を入れると、ボタンを押し続けている間、LED12、13、14が点灯し、ボタンを離すと同時に点滅し、モジュールがセットアップモードにあることを示します(約 300ms のデバウンス遅延の後)。



さて、ポット1、2、3、4を回すと、ジャックとポットの間に表示されているSET、ABC、GTP、MODEというパラメータを設定することができます。ポット1は波形セット1~3を、ポット2はA、B、Cの3つの動作モード(ポットと入力ジャックの間の文字で表示)を、ポット3はG(ate)、T(rigger)、P(oly)エンベロープモードを選択することができます。選択された設定1、2、3は、LED 12、13、14で短時間表示され、その後点滅を続けます。



ポット4を回すことで、シェイパーモード1、2、3、4、5を設定します。選択された設定はLED12,13,14で短時間表示され、その後点滅を続けます。




ポット1で選択する波形セットの表(波形は11ページで詳しく説明)。



モードAはフリーレンジオシレーター(アタック、リリースエンベロープ)、モードBはフリーレンジオシレーター(リリースエンベロープ、グライド)、モードCはクォンタイズオシレーター(セミトーン)(リリースエンベロープ、グライド)を選択します。ポット2で選択された動作モードのコントロールは、以下の表に従って動作します。

G(ate)、T(rigger)、P(oly) ポット3で選択されたエンベロープモードは、以下の表に従って動作します。



デフォルトでは、セットアップ・モードに入ると、4つの調整可能なパラメータはすべて初期値(ウェーブセット1、オペレーションモードA、エンベロープモードG、シェイパー1)に設定されているので、すべてのパラメータを希望の値に設定する必要があります。これはモジュールを初期設定に戻すために使用できますが、設定を保存するためには少なくとも1つのパラメータを変更する必要があります(例えば、LEDが変更を示すようにいずれかのポットを回し、その後元に戻す)。間違ってセットアップに入り、どのコントロールにも触れていない場合、ボタンを押すとセットアップ・モードが終了し、何も保存されず、すべての設定が以前の状態に戻ります。もし、コントロールをいじってしまい、それを保存したくない場合は、電源を切ってモジュールをリセットする必要があります。


Saving setup parameters

設定が終わり、変更内容を保存する場合は、ボタン10を押して 確認してください。

LED12、13、14が以下のパターンで1秒間点灯し、保存に成功したことを示します。

・EEPROM データ保存中の表示


設定が保存されると、新しいパラメータが適用され、モジュールは通常の動作状態になります。


CONTROLS

3つのモード(A、B、C)があり、Radioactiveを有意義にコントロールすることができますが、それだけではありません。ケーブルが接続されていない限り、Shiftボタンでポットの機能を交互に使用することができますので、事前にこれらを設定してください。これは実行時のセットアップのようなもので、使用するために電源を切ったり入れたりする必要はありません。

    • PITCHは、最初のコントロールです。このポットは5Vにノーマライズされており、何も接続されていない場合、モードAおよびBでは32.70Hz(0V)~1046.50Hz(5V)、モードCではC1(midiノート24)~C6(midiノート84)のピッチを1V/ Octスタンダードで設定することが可能です。また、Pitch端子に何らかのCVを接続すると、同様に発振器の周波数が設定され、ポットはアッテネーターになります。このコントロールはShiftボタンを押している間は変化しないので、周波数が入力に忠実であることを確認でき、他のパラメータがどのように音を変化させるかを聞くことができます。

  • Attack/Glide は2つ目のコントロールです。ラベルで示すように、コントロール・モードAでは、Attackをコントロールします。

    エンベロープは0msから1000msの範囲。BとCのモードでは、0msから250msの範囲でグライド(グリッサンド、ピッチスルー)をコントロールします。電圧ソースを接続する前に、Shiftボタンを押し続けると、Octaveを-1 (C0-C5), 0 (C1-C6), +1 (C2-C7), +2 (C3-C8) に移動させることができます。

    CV信号を接続すると、ポットがオフセットとして機能するので、入力される電圧の範囲を電圧源に合わせたり、制限の範囲内で他の範囲に設定することができます。左回し切りで0〜10V、真ん中で-5〜+5V、右で-10〜-5V、またはその中間などにも設定可能です。

    *Glide(グライド、ポルタメント)はピッチ変化を滑らかにしますが、演奏中に値を変化させると予期せぬピッチチェンジが起きる場合があります。これは製品の仕様です。

  • Releaseは3番目のコントロールです。リリース・エンベロープを0msから2000msまで設定し、最大設定の少し手前まで回すと、リリースを60sまでドラッグします。電圧ソースを接続する前に、Shiftボタンを押し続けて、Sustain phase durationを80msから1000msの間で設定することができます。この設定はSetupでT(Rigger)モードを選択したときのみ有効で、G(ate)モードではこの設定は実験的な位相シフトに代わります。

    ボルテージ・コントロールを接続すると、ポットは上記のように動作します。


  • エンベロープをトリガーしないクラシックなVCOスタイル(外部ADSR/VCAと併用する)

    セットアップでコントロールモードBを選択し、Releaseポットを最大値まで回すと、エンベロープをトリガーすることができます。これにより、外部からの信号なしにエンベロープをハイ・ゲートにすることができます。(トリガーなしで音が鳴りっぱなしになる)。TRIG入力にトリガーを入力して通常動作に戻ります。同じことを、ちょっと変わった方法で使うこともできます。例えば、Release入力に短いトリガーを接続して、S&H(Sample and Hold)回路の動作を模倣することができます。そして、ポットを使ってリリース・エンベロープを設定することができます。


  • Shaperは、コントロール・モードA、B、Cのすべてにおいて4番目のコントロールであり、おそらく最も楽しいものになるでしょう。
    セットアップで選択したシェイパーモード1-5に従って、シェイパー量を最小から最大まで設定します(ここに正確な値はありません)。また、実行時にシェイパーモードを変更することもできます:電圧ソースを接続する前に、シフトボタンを押し続けてシェイパーモード1、2、3、4、5を設定することができます。電圧コントロールを接続すると、ポットがオフセットとして機能するため、入力電圧の範囲を電圧源または制限内の他の範囲に一致するように設定することができます。例えば、0〜10V、-5〜+5V、-10〜-5V、またはその間の電圧に設定できます。


  • この設定(または実行時の他のポット設定)にはLED表示がないため、変化を聞くには耳を頼る必要があります。また、セットアップの同じ設定のように次の電源投入時に復元されません。シェイパーのモードによっては、すべての波形にうまく対応できるわけではなく、かなり静かなものもあれば、最大設定では±8V(~16Vpp)を超えることもある(特にモード5)ので、注意が必要です。また、シェイパーモード1~5を意味あるように説明するのはかなり難しいので、少し遊んでみる必要があります


  • Wave trigger inputは実際には電圧制御のボタン短押しです:この入力でトリガーの立ち上がりが検出されると、次の波形(またはボタンで選択されていれば組み合わせ)へと進みます。このトリガーには、どんな電圧ソースでも使うことができます


  • Gate/Trigger ゲート/トリガー入力は、セットアップで選択されたG-T-Pモードに従って、エンベロープをゲートまたはトリガーします。

    G(ate)モードでは、ゲートハイでアタック、ゲートハイでサスティーン、ゲートローでリリースとなります。その間にピッチ電圧が変化すると、VCO Pitchにもその変化が反映されます。

    T(Rigger)モードでは、トリガでAttackフェーズが始まり、SustainフェーズはSustainコントロール(Shift+Release)で選択した80〜1000msの範囲で持続し、Sustainフェーズが終了するとReleaseフェーズに入ります(もちろん、その間に次のトリガを受けなければの話ですが)。ディケイフェーズがないため、サスティーンパラメーターを通常のボリュームではなく、サスティーンフェーズデュレーションと呼んでいることに注意してください。サスティーンフェーズ終了後にピッチ電圧が変化した場合、次のトリガーが検出されるまでVCOピッチにはその変化が反映されません。

    3番目のP(Oly)モードは、モノフォニックではなく3ボイスポリフォニックなだけで、基本的にはトリガーモードと同じです。トリガーをかけるごとに、3つのオシレータとそれに隣接するエンベロープが順番にスタートします。ギターやピアノなど弦楽器を弾いたようなサウンドにしたり、速いトリガー(またはLFOなどの可変電圧源)を使えば短いリバーブを模倣することも可能です。すべてのモードについて、以下の図解を参照してください。




SHAPES AND CURVES


Waveforms

9種類の波形テーブルを搭載していますが一度に全部を使うことはできません。3つのセットに分かれていて、セットアップで一度に1つのセットを選択することができます。実行時に1、2、3の波形を選択するか、それらを組み合わせて(1+2、2+3、1+3、1+2+3)、Shaperでかじることで新しいユニークなタイプを作成することが可能です。そして、それらをWave入力で高速に順次進めていきます。この小さな獣は、30,000以上の可能な波形形状を吐き出すので、たくさん探求して楽しんでください






投稿順 新着順