★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★ 表示価格は税込です
カート 0

Matt Bradshaw Design / Drumkid 日本語取扱説明書

Matt Bradshaw Design /DrumKid 日本語マニュアル

ランダムナンバーで予測不可能なビートを作り出すUK産のローファイドラムマシン!

DrumKidは偶然性と響きあうローファイ・ドラムマシンです。ランダムナンバー(乱数)を用いたリズム生成は、リズムとフィルの有機的な移行を可能にするコントロールを備えています。そのローファイなサンプルとエフェクトはインディー/グリッチ・ミュージックに最適であり、MIDI機能によりサンプラーやドラムマシンをトリガーするのにも適しています。DrumKidはハッキング可能なオープンソースデザインを採用しています。



Features/specs

 

  • 電池駆動(3xAA)(またはオプションのUSBミニケーブル)
  • 3.5mmオーディオ出力(ヘッドホン/AUX)
  • MIDIクロック/CC入力
  • MIDIノート/クロック出力
  • 16種類の調整可能なパラメータ
  • タップテンポ
  • 36個のセーブ・スロット
  • ファームウェアの編集が可能なオープンソース設計
  • ハッキング可能なケースと回路基板、カスタマイズのための設計
  • DrumKidでは5つのドラムチャンネルそれぞれにMIDI出力音とチャンネルを設定することができます。

  • DrumKidのオーディオ出力端子はヘッドホンも刺せるように、3.5mmステレオです(出力音声はモノラルです)。新しいバージョンのDrumKid (V8以降) ではモノラルケーブルでも問題なく動作します。また、DrumKidを電池無しで動作させたい場合や、ファームウェアを編集/更新したい場合は、USBケーブル (USB A to mini-B) 、DrumKidと他の機材をMIDIで接続する場合は5pin DIN MIDIケーブルまたはコンバーターが別途必要です。

 

DrumKid manual (V1.2)

Introduction

DrumKidのマニュアルへようこそ! DrumKidは、乱数を使ってリズムを作る楽器です。ドラムキッドを始めるには、本体背面の6つのネジを外してバックプレートを慎重に外します。単三電池を3本セットしたらバックプレートを元に戻し再度ネジを締めます。電源スイッチを "on "にスライドさせ、ライトが一瞬点滅するのを確認してください。これでDrumKidは使用可能です。ヘッドフォンが直接刺せるよう3.5mmステレオミニケーブル対応になっています(ビーツヴィルで販売するバージョンはモノラル3.5mmケーブルも使用できるものです)、演奏を開始します。電池を使用しない場合は、USBミニケーブルをデバイスの右側にあるソケットに接続して、DrumKidに電源を供給することもできます。



基本的な機能

DrumKidには、6つのボタンと4つのノブがあります。基本的な機能は以下の通りです。

  • スタート/ストップボタンを押して、リズムをスタート/ストッ プ
  • A/B/C/Dボタンを押してノブの機能を選択
  • 4つのノブのいずれかを回して、現在選択されているグループのパラメーターを変更
  • タップテンポボタンを繰り返し押してテンポを設定
  • A+Bボタンを同時に押してセッションをロードし、いずれかのボタンを押 してロードするセッションを選択(複数のボタンを同時に押 してキャンセルすることも可能)
  • C+Dボタンを同時に押すとセッションを保存し、いずれかのボタンで保存するスロットを選択(複数のボタンを同時に押すとキャンセル)
  • B+Cボタンを同時に押して、現在アクティブなメモリバンクを変更し、いずれかのボタンで特定のメモリバンクを選択


その他の機能

DrumKidには、さらにいくつかの機能があります。

  • A+B+Cボタンを同時に押すと、ビートが初期値にリセットされます。保存されているビートには影響しません。
  • A+B+Dボタンを同時に押すと、ランダムなビートが生成されます。これも保存されているビートには影響しません。
  • ボタンB+C+Dを同時に押して、MIDI設定メニューに入ります(詳細はマニュアルのMIDIセクションをご覧ください)。

 

プリセット

DrumKidの偶然性を重視した精神に基づき、初めて使用する際に保存された全36セッションが、DrumKidのビルド時にランダムに生成されます。いくつかのセッションを読み込むことで、DrumKidがどのようなことができるのかを知ることができます


パラメーター

DrumKidで調整できるパラメータは16種類あり、4つのグループに分けられ、各グループの4つのパラメータは4つのノブでコントロールされます。パラメータは以下のように分類されています。


グループA (ランダムネス)
1. Chance
2. Zoom
3. Range
4. Midpoint

グループB (エフェクト)
1. Pitch
2. Crush
3. Crop
4. Drop

グループC (ドローン)
1. Drone
2. Modulate
3. Tuning
4. Note

グループD (リズム)
1. Beat
2. Beats/bar (time signature)
3. Swing
4. Tempo



スタート/ストップボタンを使用してリズムを開始してから、グループを選んでノブを回すと、各パラメーターを試すことができます。例えば、グループBを選択し(Bボタンを押す)、最初のノブを回して、「ピッチ」を調節してみます。音が変化するのがわかると思います。以下は、各パラメーターがどのような働きをし、どのように使用されるかを説明したものです。


グループA (ランダムネス)


Chance
ドラムヒットが生成される確率(プロバビリティ)をコントロールします。ゼロの場合、ビートは全く変化しませんが、高い値では多くのイベントが発生してメッシーなビートが生成されます。ズーム、ミッドポイント、レンジと組み合わせて使用することで、シンプルなビートから有機的に変化するドラムフィルまで作成することができます。

*Chanceノブが機能するにはZoom,Range,Midpointとのコンビネーションが必要です(Chanceノブを動かすだけではドラムパターンが変化しない)。すべてのノブを同時にそれぞれ調整してドラムパターンを生成してください。

Zoom
Chanceノブを上げて、ZOOMランダムにノブをセンター位置くらいから調整してみてください。Chanceとのコンビネーションでドラムパターンがランダムに変化するのが分かります。生成される追加のヒットによって、ビートのどの部分が影響を受けるかを選択します。ズームがゼロのとき、ビートは「全音符」(つまり、小節の最初のビート)に対してのみ生成されます。より大きな値は、2分音符、4分音符、8分音符などに影響します。ノブをセンター位置より上げていくと、ビートまたはフィルをより手数の多い複雑なサウンドにすることができます。また "swing "設定(メニュー4)によって、いくつかの小さな細分化された部分が変化します。

Range -

ランダムヒットに割り当てられる速度の範囲で、"midpoint"と連動しています。すべてのランダムヒットの速度が互いに同じになるように、この値を0に保ってください。幅広い速度を設定するには、この値を大きくします。

Midpoint
ランダムに生成されるヒットの平均ベロシティを調整します。Rangeと連動して動作します。このコントロールは負の値(ノブ真ん中位置より最小方向)でも使用できます。Midpointを最大に設定し、Rangeをゼロに設定すると、ランダムに生成されるヒットはすべて最大ベロシティになります。逆に、ゼロに設定すると、一部のヒットはミュートされます。中間に設定(Rangeは0以外)すると、いくつかのランダムヒットが追加され、他のヒットの音量は小さくなります。MIDポイントを4分の3に設定すると、ビートに賑やかな下降線を加えることができ、素早く最大まで上げるとドラムフィルを作成できます。

*以上の4つのパラメータ(Chance, Zoom, Range, Midpoint)を組み合わせて調整することで、バリエーションに富んだ複雑でランダムなドラムパターンをリアルタイムに作成することができます。

 


グループB (エフェクト)


Pitch
サンプルの再生速度を変更します。ノブをセンター位置より最大方向に回すとサンプルのピッチが上がり、最小方向に回すとサンプルが逆再生されます。

Crush

オーディオ出力を計算するために使用されるビット数を減らし、デジタル歪みエフェクトを作成します。高い値はきれいで、低い値はより歪んでいます(ビットが少ない)。最大方向から最小方向にノブを回していくとビットクラッシュが過激になっていきます。

Crop

サンプルの最後部分をクロップしスタッカート効果を作成します。最大方向から最小方向にノブを回していくとクロップ効果が増してサンプルが短くなります。

Drop

ハイハットとスネア以外をミュートしたり、キックドラムだけをミュートしたりすることができます。大まかには、ノブを最大方向回すと「高音系」のサウンド再生になり、ノブを最小方向回すと「低音系」のサウンドが再生されます。すべてのチャンネルが聞こえるようにするには、ノブをセンターポジションに設定してください

 

グループC (ドローン)

Drone
DrumKid では、ドラム音とミックスすることができるドローンサウンドを生成できます! drone "パラメーターは、ミックスに追加されるドローン信号の量をコントロールします。ノブをセンター位置にするとドローンサウンドは主力されません。センターから最小方向にノブを回すと1音のドローンサウンドが追加され、最大方向に回すと2和音のドローンサウンドが追加されます。

Modulation 
ドローンは、ドラムからのオーディオ信号をモジュレートして、ロボットの声のようなエフェクトを生成できます。modulation "ノブがセンター位置に設定されている場合にはエフェクトは聞こえません。ノブを最小方向へとに回すと1音のドローンでドラムをモジュレートし、最大方向に回すと2和音のドローン音でドラムをモジュレートします。ノブを左右に振り切ると極端な効果になり、センターに近い値ではより微妙な効果になります。

Tuning
ドローン(単音と5音の両方)の全体的なチューニングをコントロールします

Note

ローンのルート音をオクターブ単位で半音単位で変化させます。

グループD (リズム)

Beat
ドラムビートをモディファイする基本となるドラムパターンを選択します(下記の「プリセット・ビート・リスト」を参照)

Beats/bar
ビートパターンのステップ数を変更します。ノブを右に回しきると、各小節の開始時に拍子記号がランダム化されます。

Swing
特定のヒットのタイミングを変更することで、ビートにスイング感を作り出します。ストレート、パーシャルスイング、フル(3連符)スイングの3つの設定があります。

Tempo

ビートのテンポ(BPM)を変更します。タップテンポ機能で設定したテンポを上書きします。10BPM から ~1000BPM の範囲で設定でき、"常識的な" テンポはこのノブのセンター付近にまとめられています。


MIDI

DrumKidにはMIDI入出力端子があります。これらはDrumKidを他のMIDI機器に接続するために使用されます。

Synchronisation
DrumKidはMIDIクロック信号を送受信できます。DrumKidがプレイされているときはいつでも、クロック信号が "MIDI out "ソケットを通して送信されます。もしDrumKidが "MIDI in "ソケットを通してクロック信号を検出すると、この信号に同期します。クロック信号が受信されると、クロックの「ストップ」コマンドを受信するまで、テンポコントロールの効果が停止します。


Note output
デフォルトでは、DrumKidはチャンネル10 (標準MIDIドラムチャンネル)にノートデータを出力します。デフォルトのノートナンバーは以下の通りです。

  • Kick - C1 (36)
  • Click - C#1 (37)
  • Snare - D1 (38)
  • Closed hi-hat - F#1 (42)
  • Tom - G1 (43)


CC/note input
DrumKidは、どのチャンネルでもMIDI CC(コントロールチェンジ)メッセージに反応します。DrumKidは、16から31のCC番号に、以下のように順番に反応します。

  • Chance (CC 16)
  • Zoom (CC 17)
  • Range (CC 18)
  • Midpoint (CC 19)
  • Pitch (CC 20)
  • Crush (CC 21)
  • Crop (CC 22)
  • Drop (CC 23)
  • Drone (CC 24)
  • Modulate (CC 25)
  • Tuning (CC 26)
  • Note (CC 27) (通常のノートコマンドで制御する方が確実です。)
  • Beat (CC 28)
  • Beats/bar (time signature) (CC 29)
  • Swing (CC 30)
  • Tempo (CC 31) (disabled when using sync)


また、任意のチャンネルのMIDIノートコマンドを使用して、ドローンのベースノートをコントロールすることができます。


MIDI settings menu

  • B+C+Dボタンを同時に押すと、MIDI設定メニューにアクセスでき、DrumKidが使用する5つのドラムチャンネルそれぞれのノートとMIDIチャンネルを変更することができます。
  • メニューに入ったら、次のことができます。
  • 最初の5つのボタン(スタート/ストップ、A、B、C、D)のいずれかを押して5つのドラムチャンネルから1つを選択するか、タップテンポボタンを押して設定メニューを終了します ドラムを選択したら、次のように編集することができます。
  • 最初の2つのボタン(スタート/ストップとA)を使って、MIDIノートナンバーを増減させます。
  • 真ん中の2つのボタン(BとC)を使って、MIDIチャンネルを増やしたり減らしたりします。
  • ボタンDを使用して、現在のノートナンバーとチャンネルをテストします(つまり、新しい設定でMIDIノートコマンドを送信します)。
  • タップテンポボタンを使用して、選択を確認し、DrumKidのメモリに保存します。
  • 別のドラムチャンネルを変更する場合は、B+C+Dを使用して再度設定メニューに入る必要があります。
  • MIDI設定メニューでは、いつでも6つのボタンを同時に押して、すべてのMIDI設定をデフォルトにリセットすることができます(上記の「ノート出力」セクションを参照) - これはまた、設定メニューを終了します。



Other info

DrumKidはローファイな方法(パルス幅変調)でオーディオ信号を生成しているため、出力には微量の高周波ノイズが含まれます。この信号は人間の可聴域を超えているはずですが、DrumKidをスタジオで録音する場合は、フィルタリングした方が良いかもしれません。

DrumKidをスタジオで録音する場合、特に録音をピッチシフトする場合、ノイズが人間の可聴域に入る可能性があります。


Preset beat list

各ビートのLEDパターンは、正しいビートを見つけるために、イラストで表示されていますので、ご注意ください。


1. You can leave your hat on ⚫⚪⚪⚪⚪
2. Johnny Two-Hats ⚪⚫⚪⚪⚪
3. Drum lesson ⚪⚪⚫⚪⚪
4. Half-time rock ⚪⚪⚪⚫⚪
5. There there ⚪⚪⚪⚪⚫
6. Metal ⚫⚪⚪⚪⚪
7. Four to the floor ⚪⚫⚪⚪⚪
8. "Dance" ⚪⚪⚫⚪⚪
9. Blue Monday ⚪⚪⚪⚫⚪
10. Chime ⚪⚪⚪⚪⚫
11. Funk Soul Brother ⚫⚪⚪⚪⚪
12. Amen I ⚪⚫⚪⚪⚪
13. Amen II ⚪⚪⚫⚪⚪
14. Superstition ⚪⚪⚪⚫⚪
15. Derribar el muro ⚪⚪⚪⚪⚫
16. Hips don't lie ⚫⚪⚪⚪⚪
17. Videotape ⚪⚫⚪⚪⚪
18. Videotape (Bonnaroo) ⚪⚪⚫⚪⚪
19. Military ⚪⚪⚪⚫⚪
20. Ballad ⚪⚪⚪⚪⚫
21. Waltz ⚫⚪⚪⚪⚪
22. Take Five ⚪⚫⚪⚪⚪
23. Unsquare ⚪⚪⚫⚪⚪
24. Nihil ⚪⚪⚪⚫⚪



Firmware versions

ファームウエアのアップロードにはArduinoソフトウェアを使用します。Arduinoソフトウェアは汎用のソフトであるため弊社では使用方法についてのサポートは行うことができません。

  • DrumKidの "頭脳 "は、Arduino Nano Cloneと呼ばれる小さなコンピュータです。これは、DrumKidの内部にあるミニUSBポートが付いたボードです。新しいファームウェアをアップロードするには、最新のArduino IDEソフトウェア(https://www.arduino.cc/ からダウンロードできます)と、コンピュータとArduino NanoをつなぐUSB "ミニ-B" ケーブルが必要です。
  • Arduinoに何かをアップロードする前に、MIDIケーブルをすべて抜き、PCBの下側にあるスイッチが「MIDI」ではなく「Arduino」になっていることを確認してください(終了したら「MIDI」に戻すことを忘れないでください)。また
  • Arduinoソフトウェアで "board"、"processor"、"port "が正しく設定されていることも確認してください。ツール "メニューをクリックして確認してください。
  • ボード "は "Arduino Nano "でなければなりません。
  • "Port "は設定によって異なりますので、問題がある場合は変更してみてください。
  • 「Processor "は通常 "ATmega328P "ですが、これがうまくいかない場合は "ATmega328P (Old Bootloader) "を試してみてください。
  • コードをアップロードできることを確認するために、"Blink" サンプルスケッチを開いて (File >Examples > Basics > Blink) DrumKid にアップロードしてみてください (Sketch > Upload)。成功すると、LEDの1つが点滅し始めるはずです。次に、最新の DrumKid のコードを https://github.com/mattybrad/drumkid からアップロードしてみます。まず、プロジェクト(リポジトリ)全体を ZIP ファイルとしてダウンロードし、コンピュータ上のフォルダに解凍して、 arduino/1.2/drumkid/drumkid.ino ファイルを開き、(存在すればそれ以降のバージョン)Arduino にこのスケッチをアップロードしてください。
  • Arduinoにコードをアップロードする際に何か問題が発生した場合は、以下を確認してください。
  • PCBの下側にあるスイッチは、"Arduino "に設定されている必要があります。
  • Arduino NanoをDrumKidから取り外して、"Blink "のスケッチをアップロードしてみてください。
  • USBケーブルを変えてみる
  • ボード" と "プロセッサ" の設定をもう一度確認してください (上記参照)ポートを変えてみる

 


Using your own samples

DrumKidのウェブページにあるオンラインツールを使って、独自のサンプルをアップロードすることができます。
https://mattbradshawdesign.com/projects/drumkid/

一度サンプルをダウンロードしたら、ファームウェアフォルダにコピーし、Arduinoソフトウェアを使ってファームウェアを再アップロードしてください。デフォルトのサンプルに戻したい場合は、ウェブツールを使って新しいデフォルトサンプルを作成するか、"originalsamples" フォルダにそのバックアップがあります。

 


DrumKidをハックする

DrumKidは、Arduino Nanoをベースにしたオープンソースのプロジェクトで、改造や修理ができるように設計されています。DrumKid のソースファイルは以下から入手可能です。

https://github.com/mattybrad/drumkid/

回路図、CADファイル、パーツリスト、ソースコードなどがあります。このマニュアルは、DrumKidの基本的な機能を理解し、DrumKidをカスタマイズしたいとお考えの上級者の方(または、DrumKidがどのように動作するかに興味がある方)を対象としています。サポートの対象外です。








投稿順