当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
当ストアの商品発送日は週末のみとなります。
カート 0

Division6 Business Card Sequencer 製品マニュアル 

Business Card Sequencer Operating Instructions

 

Connections

Power In: 7-15VDC(極性=センター+、TIP=+ )で動作します。極性はセンタープラスなので逆極性に気をつけてください。あなたのモジュラーシンセの中から電源を見つけることもできるでしょう。シーケンサーで演奏されているノートが平坦になってしまう場合は、選択した電源が弱すぎる可能性があります。もちろん9VバッテリーまたはAC電源を使用することができます(別売)。電源入力は3.5mmミニプラグ(ジャック仕様)です。

ビーツヴィルで販売するBusiness Card Sequencerには特別にバッテリースナップをおつけしています。

Clock In: 0-5Vが理想的ですが、その範囲外でも問題はありません。ステップは波形の立ち上がりでステップを進めます。

CV Out: 1 ボルト/オクターブ、C=1V/2V/3V。オシレーターやフィルターなどのの外部CVインに接続できます。

Gate Out: オンで+5Vです。VCAやEGなどに接続できます。ゲートのタイミングはシーケンサが動作しているときはクロックに追従し、Readyモードのときはボタンを押し、プログラミング中はオンのままになります。

 

Operation

Run を押すとシーケンスの再生を開始します。緑色のラン LED が点灯し、ランモードであることを知らせます。もう一度押すと一時停止します。一時停止中にシーケンサーのステップをプログラムすることができます。

Resetを押してシーケンスを停止し、STEPを押してステップ 1 に進み、Ready モードに入ります。青いステップ LED が点滅して Ready モードであることを知らせます。再度 Run を押すと、シーケンサーはステップ 1 をスキップしてステップ 2 に進むのではなく、次のクロックパルスでステップ 1 を再生することを意味します。

別のステップから始めたい場合は、ステップの左右ボタンで別のものを選ぶことができます。If you want to start on a different step, you can use the step left and right buttons to pick a different one.

Readyモードでは、メモリーに保存したシーケンスを乱すことなく、ノートボタンを使って手動で曲を再生することができます。ゲートのタイミングは、ボタンを押したときに追従します。

プログラミングはステップ LED が点灯している間(Ready モードではなく)、シーケンサが動作していない間に行うことができます。Reset を 2 回押すか、Run ボタンでシーケンスを一時停止することで、プログラミングモードに入ることができます。ステップの左/右ボタンを使用してプログラムしたいステップを選択し、そのステップで演奏したいノートを押します。新しいノートは自動的に内蔵メモリに保存されます。

 

ステップLEDについて覚えておいて欲しいこと:

  • 点滅 = Ready Mode = 選択されたステップからスタートできる = キーボードをライブで弾くことができるReady Mode = Will start on selected step = Can play keyboard live
  • 点灯= Programming = 押したノートをそのステップに保存します。Programming = Any notes you push will get saved in that step

シーケンサーキーボードは3オクターブをカバーしているので、オクターブアップ/ダウンボタンでキーボードを上下にトランスポーズすることができます。緑とオレンジのLEDは、キーボードが現在どのオクターブに設定されているかを示しています。

標準的なノートに加えて、ステップにRestまたはLoopコマンドをプログラムすることもできます。Rest ステップは、前のノートを保持しゲートを起動しません。Loop はシーケンサをステップ 1 に戻します。これを使用して、任意の長さのシーケンスを作成することができます。例えば、シーケンスの中でステップ 1-13 のみを使用したい場合、ステップ 14 を Loop ステップに設定します。

ファームウェアバージョン1.1以降、シーケンサーは電源投入から最初の外部クロックパルスを受信するまで内蔵クロックで動作します。 内部クロックレートは、シーケンサーの実行中にステップボタンを使用して上下に調整できます。外部クロックモードに切り替わった後は、リセットボタンを約2秒間押し続けるか(ソフトリセット)、または電源を抜いたり戻したりすることで内部クロックを復元することができます。

 


Version 2

本サイトでお買い上げのDivision6 Business Card Sequencerファームウェアは最新バージョン 2 以降がインストールされているため新機能がございます。 ファームウェアの確認にはLED の各列が順次点灯した後、クロック LED が点滅を開始する前にステップ 2 の LED、そしてステップ 10 の LED (v2.0 の場合) が順番に点灯します。 この間にLEDが点灯しない場合は、v1ファームウェアを使用していることになります。

 

Song/Sequence selection mode

OCTAVE UP ボタンと OCTAVE DOWN ボタンを同時に押して離す と、ノートキーの表示がSONG/SEQUENCE SELECT モードに切り替わります。 もう一度押すと、通常のノートセレクトモードに戻ります。

 

Selecting a Sequence

SONG/SEQUENCE SELECT 表示中にキーボードの白鍵(下の列)の列全体が点灯している場合は、SEQUENCE モードになっています。 選択されたシーケンスは、最後まで再生された後、ループして先頭に戻ります。

シーケンサーには 7 つのシーケンスメモリがあります。強く光っている LED の位置が、現在選択されているシーケンスを表示しています。 別のシーケンスを選択するには、選択したいシーケンスに対応する白鍵のキーを押します。 シーケンサーが動作している場合、新たに選択されたシーケンス LED は、シーケンサーが現在のシーケ ンスの最後に到達するまで(または次のクロックに到達するまで)点滅(スタンバイ状態)し、その後新しいシーケンスに切り替わります。

ディスプレイが別のモードになっている場合でも、RESET ボタンを押したまま、目的のシーケ ンスボタンを押すことでシーケンスを選択することができます。 ディスプレイは自動的に SONG/SEQUENCE SELECT モードに切り替わります。

 

Selecting a Song

SONG/SEQUENCE SELECT 表示中に黒キーの列全体が点灯している場合は、SONG モードになっています。

 シーケンサーには5つのソングメモリがあり、最大16個のシーケンスを任意の順序でつなぎ合わせることができます。 各ソングステップには 1 つのシーケンスが含まれています。 実行中に現在のシーケンスが完了すると、シーケンサーは次のソングステップに進み、その中に含まれるシーケンスを再生します。

ソングを選択、またはSONGモードにスイッチするには、再生するソングに対応するキーボードの黒鍵に対応するキーを押します。シーケンサーが実行中の場合、新しく選択されたソングLEDは、シーケンサーが現在のソングのすべてのシーケンスの最後に到達するまで(または次のクロックで、チェンジオンクロックモードを参照)、新しいソングに切り替わります 。

ディスプレイが別のモードになっている場合でもRESET ボタンを押したまま、目的のソングボタンを押して曲を選択する方法もあります。 ディスプレイは自動的に SONG/SEQUENCE SELECT モードに切り替わります。

 

Programming a Sequence

シーケンスのプログラミングに、V2からいくつかのオプションが追加されています。

 

SLUR

レストはv1と同じように動作します。シーケンサがRESTステップに到達しても、CV OUTの値は変わらず、ゲートは鳴らないようになっています。 また、ステップをSLURにして、CV OUTを新しいノートに変更してもゲートが鳴らないようにすることもできます。

ステップの SLUR をプログラムするには、REST ボタンを押しながら、そのステップの NOTE ボタンを押します。 REST LED と NOTE LED の両方が点灯します。

 

Gate Timing

ノートを最初にステップにプログラムするとき、ゲートのタイミングはデフォルトのモードに設定され、ゲートは【クロックのタイミング】に従います。 V2では、以下の16種類のゲートタイミングを選択することができます。

  • 1- Normal/Follow
  • 2-1/4
  • 3- 1/3
  • 4- 1/2
  • 5- 2/3
  • 6- 3/4
  • 7- Full (almost- gate will still drop briefly before next step)
  • 8- Second 1/4
  • 9- Third 1/4
  • 10- Fourth 1/4
  • 11- Second 1/3
  • 12- Third 1/3
  • 13- Second 1/2
  • 14- Double (ratchet!)
  • 15- Triple (ratchet!)
  • 16- Quadruple (ratchet!)

1以外のすべてのゲートタイミングモードは、【クロック信号】を分割して必要なタイミングを計算することで動作します。 これは安定したクロックに最適です。 入力クロックレートを急激に変化させたい場合は、モード1を使用することで最高のゲートタイミング結果を得ることができるでしょう。

ステップのプログラミング中に上記のゲートタイミングを選択するには、目的のノートキーを複数回押します。 同じノートを押すたびに、次のゲートタイミングが選択されます。 新しいタイミングが選択されるたびに、現在のタイミング番号がSTEP LEDに表示され、16まで到達するとまた1に戻ります。 また、GATE OUT は、現在のゲートタイミングをデモするためそのゲート信号を出力します。

 

Programming a Song

ソングの各ステップにはシーケンスが含まれています。 シーケンスをソングステップにプログラムするには、まず、キーボードのディスプレイが SONG/SEQUENCE SELECT モードになっていることを確認します(なっていない場合は OCTAVE UP と OCTAVE DOWN を同時に押します)。 黒鍵のキーのいずれかを押して、作業したい曲を選択します。

STEP LED が点灯するまで RESET を押します。

現在のソングのステップに保存したいシーケンスに対応する白鍵のキーを押します。 選択したステップに対応するホワイトキーのLEDが点灯します。

STEPのUPを押して次の曲のステップに進み(戻るにはSTEP-DOWN)、そのステップで希望するシーケ ンスを選択します。 シーケンスがすべてプログラムされるまで、シーケンスをステップにプログラムし続けます。

16 ステップのすべて使用したくない場合は、LOOP ボタンを使用して、曲の終了後のステップを LOOP ステップにすることができます。 例えば、ソングの中で 4 つのシーケンスだけを再生したい場合、ステップ 5 に LOOP をプログラムします。 実行中は、シーケンサーはステップ 5 から、ソングの最初のステップにプログラムされたシーケンスの最初のステップにループバックします。

 

Copying a Song or Sequence

ソングやシーケンスをプログラミングするときに、既存のソングをコピーして、それぞれのソングを最初からやり直すのではなく、変更できるようにしたいと思うことがあるかもしれません。 これを行うには、まずキーボードのディスプレイが SONG/SEQUENCE SELECT モードになっていることを確認してください。 コピーしたいソングまたはシーケンスを長押ししてから、コピー先のソングまたはシーケンスを長押しします。 2つのボタンを約1秒間押したままにします。

  • コピーは常に最初に押したボタンから、次に押したボタンに対して実行されます。
  • シーケンスにソングをコピーすることは(その逆も)できません。

 

Clearing a Song or Sequence

シーケンスをクリアすると、すべてのステップが最低音に設定されます。 曲をクリアすると、すべてのステップがシーケンス 1 に設定されます。

シーケンスをクリアを行うには、まず、キーボードのディスプレイが SONG/SEQUENCE SELECT モードになっていることを確認してください。 クリアしたいソングまたはシーケンスを長押ししてから、RESETボタンを長押しします。 ボタンは約1秒間押したままにします。

 

Internal Clock

内部クロックのスピードはV2ではクロックを切り替えるたびに以下のようなスピードが選択できます。

  • 10 BPM
  • 25 BPM
  • 50 BPM
  • 70 BPM
  • 80 BPM
  • 90 BPM
  • 100 BPM
  • 110 BPM
  • 120 BPM
  • 130 BPM
  • 140 BPM
  • 150 BPM
  • 160 BPM
  • 170 BPM
  • 180 BPM
  • 190 BPM
  • 200 BPM
  • 210 BPM
  • 220 BPM
  • 230 BPM
  • 240 BPM
  • 250 BPM
  • 275 BPM
  • 300 BPM
  • 400 BPM
  • 500 BPM
  • 600 BPM
  • 700 BPM
  • 1000 BPM
  • 2000 BPM
  • 4000 BPM
  • 8000 BPM

内部クロックはPICマイコンの内蔵オシレータをタイミングに使用するため、超正確ではないかもしれません。 より微調整とタイミングが重要な場合は、外部クロックを使用することをお勧めします。

 

PROG/RESET Button

V2からRESETボタンには追加の機能が追加されました。 これは、様々なモードを有効にしたり無効にしたりするためにシーケンサーの他のボタンのいくつかと一緒に使用されます。

 

AUTO ADVANCE

このモードを有効にしてシーケンスをプログラミングする場合、ステップに NOTE または REST または LOOP を入力すると、シーケンサーは自動的に次のステップに進みます。 これにより、各ステップの間に STEP UP を押さなくても、シーケンサーでシーケンスを再生するだけで、シーケンスの初期プログラミングが簡単になります。

注:オートアドバンスモードでは、ゲートタイミングの選択やSLURは使用できません。 シーケンスの基本構造を入力してから、通常のプログラムモードに戻り、タイミングの調整などを行うことができます。

AUTO ADVANCE モードを有効または無効にするには、PROG/RESET ボタンを押しながら、STEP DOWN/AUTO ADV ボタンをタップします。 有効にすると STEP 16 の LED が 2 回点滅し、無効にするとぼんやりと点滅します。

一度有効にすると、AUTO ADVANCE モードは次にシーケンサを RUN モードにするまで点灯したままとなり、その時点で無効になります。

 

PERSISTENT AUTO ADVANCE MODE

AUTO ADVANCE モードを手動で OFF にするまで(RUN を押しても)点灯したままにするには、PROG/RESET を長押しし、STEP DOWN/AUTO ADV を押し、両ボタンを 1 秒間長押しすることで PERSISTENT AUTO ADVANCE モードを有効にします。 有効にすると STEP 16 の LED が 2 回点滅し、無効にすると 1 回点滅します。

 

LIVE TRANSPOSE

このモードが有効でシーケンサーが起動している場合(SONG/SEQUENCE SELECT が表示されていない場合)、ノートキーを使用してシーケ ンス全体を一時的に上下にトランスポーズすることができます。

PROG/RESET ボタンを押しながら LOOP/LIVE XPOSE ボタンをタップすると、異なる LIVE TRANSPOSE モードを切り替えることもできます。

  • On, キーボードの一番高いルートキーが点灯
  • On, キーボードの一番真ん中のルートキーが点灯
  • On, キーボードの一番低いルートキーが点灯
  • Off (点灯無し)

LOOP LED は、選択されたルートキーと一緒に、各 ON モードで 2 回点滅します。 LIVE TRANSPOSE モードがオフになっている場合、LOOP LED は暗く点滅します。このモードでプレイ中は、通常のカレントノート表示の代わりに、NOTE と OCTAVE LED がトランスポーズの状態を表示します。

    • 強く光っているノートLED = ルートキー
    • 点滅しているノートLED = 現在選択されているトランスポーズアマウント
    • 暗く点滅しているノートLED = 間にあるすべてのノート

ルートキーを押すと(NOTE LED が点灯しています)、トランスポーズ量は 0 に設定され、プログラム通りに再生されます。

ルートキーより高い NOTE キーを押すと、そのキーがルートキーの上にある分だけ CV OUT がトランスポーズされます。 例えば、ルートキーがキーボードの中央にある F キーで G キーを押した場合、シーケンスは一時的に 1 ステップ(2 セミトーン)上にトランスポーズされます。 選択したキーに対応する LED が点滅し、どの方向にどのくらい移調しているかが一目でわかります。 ルートキーと選択したキーの間にあるすべてのLEDが薄暗く点滅します。

ルートキーよりも下にあるNOTEキーを押すと、そのキーがルートキーよりも下にある場合は、そのステップ分だけCV OUTがトランスポーズされます。

現在キーボードに表示されている値よりも遠くにトランスポーズしたい場合は、OCTAVE UP と OCTAVE DOWN ボタンを使ってキーボードのオクターブを移動させることができます。 トランスポーズしたいオクターブを選択し、トランスポーズしたい量のキーを押します。 また、OCTAVEボタンを押したまま目的のキーを押すと、別のオクターブのトランスポーズキー(1つ上または1つ下)に瞬時にジャンプすることができます。

Note: CV 出力の範囲を超えてトランスポーズすることはできません。 例えば、シーケンスの中で最も低いCの音があって、そこから下にトランスポーズしようとした場合、出力はそれ以上低くなりません。 トランスポーズを最大にするためには、中音域のオクターブでシーケンスをプログラミングすることをお勧めします。

RUN ボタンを使用してシーケンサを一時停止してから再度起動すると、設定したトランスポーズ量が保持されます。 RESET を押してシーケンスの最初に戻ると、トランスポーズ量はクリアされます。

他にもLIVE TRANSPOSEモードで動作するボタンがいくつかあり、印象的なライブ・パフォーマンスに便利に活用できます。

  • REST: 次のステップをRESTにする(押すたびに1回のみ)
  • LOOP: ソングまたはシーケンスの頭に戻る(押すたびに1回のみ)

LIVE EDIT

通常、シーケンスの実行中は NOTE ボタンは何もしません。 ライブエディットモードを有効にすると、NOTE ボタンを使ってその場でシーケンスをプログラムすることができます。

ライブエディットモードを有効または無効にするには、PROG/RESET を押しながら、STEP UP ボタンをタップします。 STEP 15 の LED は、有効の場合は 2 回点滅し、無効の場合はぼんやりと点滅します。

シーケンサーが動作しているときに NOTE ボタンを押すと、そのノートが現在のステップにプログラムされます。 ライブ編集中に REST や LOOP をプログラムすることもできます。

注意: LIVE EDIT を使用して行った変更は、シーケンサを一時停止/停止するまで実際にはシーケンサの内蔵メモリに書き込まれません。 実行中に電源を切らないでください。 通常のプログラムモードを使用している場合はこの限りではありません。

 

1X

1X モードを有効にすると、シーケンサーは現在のソングやシーケンスを1回再生した後、スタンバイモードに入ります。

1X モードを有効にするには、PROG/RESET を押しながら RUN ボタンをタップします。 この場合、RUN LED は有効になると 2 回点滅し、無効になるとぼんやりと点滅します。

 

CHANGE ON CLOCK mode

通常、シーケンサーが動作しているときに新しいソングやシーケンスを選択して再生する場合、現在の曲やシーケンサーが終了するまで待ってから新しい曲やシーケンサーに切り替えます。 これを変更するには、CHANGE ON CLOCK モードを有効にすることで、次のクロックで曲やシーケンスが切り替わるようにすることができます。

このモードを有効にするには、PROG/RESET ボタンを長押ししてから STEP UP ボタンを押し、両方のボタンを 1 秒間長押しします。 STEP 16 の LED は、有効な場合には 2 回点滅し、無効な場合にはぼんやりと点滅します。

 

 

 


投稿順 新着順