★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
カート 0

Cosmotronic "Peradam" ユーロラック・サイドチェイン・ディストーション 日本語マニュアル

Cosmotronic / Peradam

 

Overview

Peradamは10HPのアナログディストーションモジュールで、コンプレッサーの兄弟分のようなサイドチェインが装備されています。入力信号は分割され、メイン信号はVCAに送られ、サイドチェーンは完全にリングモジュレートされる前にフェーズモジュレートされ、オリジナルの2倍の周波数の信号が作られます。

この信号がVCAの振幅を変調し、主信号に複雑なセルフディストーションを発生させるのです。この出力は、Cosmixミキサーと同様のデュアルバンドドライブ回路に入り、ソフトクリッパー出力ステージに入ります。この出力を入力にフィードバックすると極めてワイルドでリッチなフィードバックトーンを作り出します!

このモジュールは、高いフィードバック・レベルではセルフオシレーションを起こし、あらゆる種類のクレイジーなサウンドを生み出します。パラメータをすべて調整することで、ソフトなクリッピングから、大規模なクリッピング、そして完全な破壊に至るまで、幅広い歪みのパレットを得ることができます。

もう少しドライブが必要であれば、入力に便利な+6dBゲイン・スイッチがあります。ブレンド・スライダーを使えば、さらにトーンを調整し、好みに合わせてディストーションをミックスすることができます。

 

 

Details

メインのディストーションキャラクターは、振幅のオーバードライブではなく、オリジナル信号を変調させるサイドチェインを使用して実行されます。

DRIVEノブAを上げると、このモジュレーションの量が増えます。ノブを反時計回り方向(CCW)に回すと、信号は歪みのない状態になります。

PHASEノブBは、サイドチェインの位相をコントロールします*注意!:DRIVEが開いていないとPHASEは機能しません)


このサイドチェインを乗算することで周波数が2倍になります。これは乗算器を用いて行われます。乗算器は2つのアナログ信号を受け取り、それらの積である出力を生成する装置です。これはリングモジュレータとして知られています。

この出力は、元の信号の振幅を変調するために使用されます。サイドチェインの位相オフセットを変更すると、信号の並び方によって波形の形が大きく変わるため、大きな影響を与えます。



INJECT CV 入力 (P) は、コントロール電圧またはオーディオをサイドチェインに送るために使用されます。この入力は、内部サイドチェインと合計された後、マルチプライシング(リングモジュレート)されます。これはDRIVE設定に依存します。

位相が90度、180度の出力波形

More Details

HARMONICSツマミ(C)は、入力信号にDCオフセットを加え、非対称のクリッピングを発生させ、音の倍音特性を変化させることができます。

HARMONICS CVインプット(N)を使用すると、他の音源やコントロール ボルテージをミックスすることができます。また、フィードバック経路を追加してミックスすることも可能です。

LOW (E)とHIGH (F)のスライダーは、BBEのソニック・マキシマイザーにインスパイアされたデュアルバンド・オーバードライブです。これらは、前段で生成されたハーモニクスをブーストするために使用することができます。

FEEDBACK (D) スライダーは、内部フィードバック用の VCA をコントロールし、CV コントロールも可能です。高い設定では自己発振を起こし、スイートスポットではディストーションの "ピンギング "のような音を出すことも可能です。これはLOW/HIGHオーバードライブと組み合わせて使用すると効果的です。


ゲインを自動的に補正する追加回路と、最終的なソフトクリッピング回路があります。入力を少しブーストしたい場合は、スモールゲインスイッチ(H)で6dBを追加することができます!

BLEND (G)スライダーは、シンプルなWET/DRYコントロールです。ドライ信号は+6dBゲインスイッチの影響を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿順 新着順