★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
カート 0

Cre8Audio "East Beast" 日本語マニュアル

マニュアル

Cre8Audio East Beast 日本語マニュアル

*このCre8Audio East Beast 日本語マニュアルはビーツヴィル で販売する製品のために翻訳した資料です。

 

Thank You!

この度はCre8audio East Beastをお買い上げいただきありがとうございます。私たちのアイデアをサポートしていただくことは、革新的なシンセサイザーのデザインをサポートすることにもなります。

良い「アナログ」はより良い音を奏でます。良いアナログとは聴く事と同じように「感じる」ことができるディメンションをサウンドに加えるのです。でも、良いアナログは複雑である必要はないのです。その領域に到達するには、深みのあるアナログのオシレーターと、温かみのあるキャラクター、そしてスィートなフィルターがあれば、それだけで十分なのです。East Beastは、そのようなサウンドへのダイレクトな道なのです。

私はEast Beastが大好きです。ユーモアのセンスと気取らない姿勢で、新しいアーティストからベテランアーティストまでを、アナログのモジュラーシンセシスに迎え入れてくれるからです。ぜひ、このシンセサイザーを実験台として、自分のサウンドを追求する楽しみを味わってください。なぜなら、それこそが私たちPittsburghModularとCre8audioの友人がこのシンセサイザーを設計した最大の理由だからです。

アナログはとても重要です。

リチャード・ニコル
創業者|プロダクトデザイナー
Pittsburgh モジュラーシンセサイザー

 

1.1 Important Power Information

必ず最初に説明書を読んでから操作を始めてください!

使用前にCre8audio East Beast Synthesizerユーザーガイドを完全に読み、今後の参考のために保管してください。これは非常に大切です。闇雲な操作は製品を故障させる可能性があります!


- East Beastには、Cre8audioが提供するDC電源アダプタのみを使用してください。不適切な電源アダプタを使用すると、East Beastと電源アダプタに永久的な損傷を与える可能性があります。
- East Beastは電子機器です。水分に触れるとEast Beastの回路がショートし、永久的な損傷を与える可能性があります。
- East Beastを改造しないでください。回路に手を加えると、永久的な損傷を与える可能性があります。
- East Beastの上に重い物を載せないでください。ユーザーインターフェースはPCBに取り付けられており、過度な重量がかかると損傷することがあります。
- East Beastを修理しないでください。いかなる種類の故障であっても、Cre8audioに連絡してください。
- Cre8audioは、East Beastの不適切な使用によって生じた損害や損失について責任を負いません。

重要!Eurorack リボンケーブル 電源について


Cre8audio East Beast Synthesizerは、Eurorackフォーマットのシンセサイザーモジュールです。このモジュールは、Cre8audio、Pittsburgh Modular、またはその他のメーカーの互換性のあるEurorackケースに取り付けて使用することができます。

Cre8audio East Beast シンセ サイザーは、標準の16ピンEurorackリボンケーブルを使用して、モジュールをバイポーラ+/-12V電源に接続します。モジュールを追加したり取り外したりする際には、リボンケーブルの向きに細心の注意を払うようにしてください。リボンケーブルのストライプは、-12V電源を示しています。このストライプは、電源の-12Vピンとモジュールの-12Vピンとを一致させる必要があります。

Cre8audio East Beast には逆極性保護機能があり、間違って接続しても基本的には損傷しませんが、一般的に、ピンを正しく合わせないと、ケース内の1つまたはすべてのモジュールが損傷する可能性があります。Cre8audioおよびPittsburgh Modularのケースには、プラスとマイナスの電圧が明確に表示されています。Cre8audio East Beastシンセサイザーモジュールの電源ヘッダーには、安全かつ適切な接続を確保するため、ラベルとキーが明記されています。

・Cre8audio East Beastシンセサイザーモジュールを接続したまま、ケースから取り出さないでください。
・電源リボンケーブルは、Cre8audio East Beast Synthesizerまたはケースに接続したまま抜かないでください。

 

2 User Interface

 

1. Osc. Fine Tune Knob
2. Osc. Pitch Glide Knob
3. Osc. FM Knob
4. Osc. Pulse Width Knob
5. Osc. Sine LED
6. Osc. Triangle LED
7. Osc. Saw LED
8. Osc. Pulse LED
9. Filter Cutoff Knob
10. Filter Low Pass LED
11. Filter Band Pass LED
12. Filter High Pass LED
13. Filter Cutoff Mod Knob
14. Filter Resonance Knob
15. Envelope Attack Knob
16. Envelope Decay Knob
17. Envelope LED
18. Envelope Sustain Knob
19. Envelope Release Knob
20. Display Clock LED
21. Display Hold LED
22. Display Random LED
23. Display Sequence LED
24. Volume Knob
25. LFO LED
26. LFO Rate Knob
27. Osc. Pitch In Jack
28. Osc. FM In Jack
29. Osc. Pulse Width In Jack
30. Filter Mod In Jack
31. Filter Audio In Jack
32. MIDI In Jack
33. Clock In Jack
34. Envelope In Jack
35. VCA Audio In Jack
36. VCA Mod In Jack
37. MIDI Out Jack
38. Clock Out Jack
39. MIDI Pitch Out Jack
40. MIDI Gate Out Jack
41. Multi-Tool Out Jack
42. Main Output Jack
43. Envelope Out Jack
44. Filter Out Jack
45. Osc. Out Jack
46. LFO Out Jack
47. Tap Clock (blue) Button
48. Edit (green) Button
49. Octave Up Button
50. Octave Down Button
51. C1 Note Button
52. C# Note Button
53. D Note Button
54. D# Note Button
55. E Note Button
56. F Note Button
57. F# Note Button
58. G Note Button
59. G# Note Button
60. A Note Button
61. A# Note Button
62. B Note Button
63. C2 Note Button


3 East Beast Overview

3.1 オーバービュー

Cre8audio East Beast シンセサイザーは、6つのモジュラーシンセサイザーモジュールの機能を1つのパネルに集約しています。パッチケーブルを使って異なる機能を接続し、複雑なサウンドやテクスチャを作成することができます。


East Beastの信号経路は、オーディオ信号とコントロール電圧の2種類に分けられます。オーディオ信号は生成される音です。オーディオ信号の経路は、オシレーターやその他の音源からスタートします。オーディオ信号は、フィルターやVCAなど、音を形成するために使用される他の機能を経由してパッチされます。

コントロール電圧(CV)は、いくつかの異なる方法でオーディオ信号を操作します。ゲートは、ハイ(5ボルト)またはロー(0ボルト)の制御電圧で表されます。ゲートは、オシレータやモジュレーションソースからのパルスや方形波、またはMIDIゲートやクロック出力を使って生成することができます。ゲートのアタック、ディケイ、サスティーン、リリースをコントロールするエンベロープを使用して、ゲートを形成することができます。変更されたゲート信号は、East Beastの任意のモジュレーションCV入力に送ることができます。

コントロール・ボルテージの2つ目の用途は、モジュレーション・ソースとして使用することです。例えば、フィルター・モジュールのFilter Mod入力にパッチされたMIDIピッチ出力からのコントロール電圧は、受け取ったMIDIノートに基づいてフィルターのカットオフ周波数を制御します。LFOは、コントロール電圧のモジュレーション・ソースとして最適な、独立したLFO(低周波オシレーターを)提供します。オーディオレートモジュレーション信号は、オシレータFM(周波数変調)用の素晴らしいCVソースにもなります。


どの出力でも入力にパッチングすることができます。いくつかのパッチは、音楽的または興味深い結果をもたらさないかもしれませんが、パッチ・ポイントの実験は常に最高に楽しいものです!

3.2 パネルラベル

Cre8audio East Beast は、ユーザーインターフェースと信号の流れを理解しやすくするために、いくつかの簡単なラベル付けのルールを使用しています。
- 各主要機能は、白い輪郭で囲まれています。
- 入力ジャックは青色で表示されます。
- 出力端子には白色のラベルが貼られています。
- 緑色の機能は、[Edit (Green) Button]を押すことでアクセスできます。
- 青色は[Tap Clock (Blue) Button]を押すことでアクセス可能です。

 

3.3 マニュアルラベルの表記方法

本書では、ユーザーインターフェースのボタン、ノブ、ジャックは太字で表示し、括弧 [ ] で囲んでいます。例えば、[Clock LED]は、ディスプレイセクションのClockと書かれたLEDを指します。

East Beastは、選択されたモードを視覚化するためにシンプルな4ビットディスプレイを使用しています。4ビット・ディスプレイは、マニュアルでは4つのLEDステータス・インジケータのセットを示すグラフィックで示されています。

本書では、ユーザーインターフェースのボタン、ノブ、ジャックは太字で表示し、括弧 [ ] で囲んでいます。例えば、[Clock LED]は、ディスプレイセクションのClockと書かれたLEDを指します。

 

3.4 内部パッチング

East Beast は内部パッチングを利用して、演奏にパッチケーブルを必要としないシングルオシレーターのシンセボイスを作成します。内部パッチを変更したり、全く新しいものを作成するために、パッチケーブルを使えば内部ルーティングを全てバイパスすることができます。これにより、固定された音色アーキテクチャの制約を受けることなく、パッチングの完全な自由度を得ることができます。

内部でパッチされた入力ジャックにパッチケーブルを差し込むと、内部のパッチがすべて上書きされます。内部接続のほとんどは、スイッチドジャックを使用しています。スイッチド・ジャックは、パッチ・ケーブルが挿入されたときに、内部信号経路を無効にすることができます。簡単な例としては、オシレーターの fm 入力が挙げられます。内部では、lfo出力はオシレータのスイッチドジャックfm入力に配線されています。パッチケーブルがオシレータのfm入力に差し込まれると、そのパッチケーブルはlfo出力への接続を切断し、差し込まれたパッチケーブルからの信号と置き換わるということです。

このルールの例外は、ピッチ入力への内部接続です。この接続は、外部パッチケーブルがピッチ入力端子に接続されてもアクティブなままです。これにより、オクターブアップとオクターブダウンのボタンがアクティブになり、内蔵キーボードまたは外部MIDIキーボードが、入力されるピッチCV信号に対するオフセットとして機能します。

3.5 内部パッチのダイアグラム

下図は、あらかじめパッチングされたオーディオ信号とCV信号を示しています。各信号は、わかりやすいように独自の色でパッチングされています。

 

4 Individual Modules

4.1 Panel Layout:

East Beastは、6つの独立したModuleで編成されています。オシレーター、フィルター、エンベロープ、VCA、LFO、ボタンキーボードです。各モジュールは1つまたは複数の機能を制御し、それ自体で動作することも、East Beast内の他のモジュールや他のEurorackフォーマットモジュールにパッチングすることもできます。

 

5 Oscillator Module

5.1 オシレーター概要

オシレーターは、Pittsburgh Modularによって設計されたワイドレンジ、フルアナログ、VCAソーコア波形ジェネレーターです。 [Osc. FM In Jack] と [Osc. FM Knob] を使って、繊細なものから極端なものまでリニアな周波数変調 (FM) も可能な設計です。リニア FM モジュレーションは、オシレータの周波数をプラス方向とマイナス方向に均等に変調します。これにより、ピッチ・トラッキングを失うことなく、より広い範囲の周波数変調が可能になります。4 つの波形(サイン、トライアングル、ソー、パルス)とピッチドノイズから選択することができます。 [Green Edit Mode : Note Button C1]で波形を選択可能です。

 [Blue Edit Mode : Note Button C1]で各ノートごとに波形をランダム選択させることも可能です。このモードを有効にすると鍵盤をヒットしたり、シーケンスが進むごとにランダムに波形が選択され、クリエイティブな演奏が可能になります。


 [Osc. Pulse Width In Jack] と [Osc. Pulse Width Knob] を使ってパルス波をモジュレートすることもできます。パルス波の幅は、モジュレーションなしの50%からフルモジュレーションで1%までモジュレーションできます。 [Osc. Pulse Width Knob] は、モジュレーションソースが存在しない場合にパルス幅を手動で設定できます。

さらに2 つの波形をミックスして異なる形状を作り出すコンビネーション波形のセレクト(サイン+ソー、サイン+スクエア、ソー+スクエア)も可能です!

これらの波形は個々の波形よりも振幅が大きく、フィルターやVCAのオーバードライブを引き起こす可能性があることに注意してください。4つの幾何学的な波形をランダムに高速で切り替えることで、独特なノイズを発生させることができますこれはパーカッシブなサウンドに最適です。

 

5.2 オシレーター・コントロールと入出力

[Osc. Fine Tune Knob] - 微調整のための周波数コントロール。オシレーターを±1.5半音の範囲で正確にチューニングするために使用します。

[Osc. Pitch In Jack] - 1 ボルト/オクターブのピッチトラッキング入力です。キーボードコントローラーやシーケンサーなど、キャリブレートされた電圧源からオシレーターのピッチをコントロールするために使用します。

[Osc. Pitch Glide Knob] - ポルタメントコントロールは、ノート間のスムーズなトランジションを作り出します。ノブを右に回すと、ある音から別の音へのグライドにかかる時間の長さが長くなります。

[Osc. FM In Jack] - 周波数モジュレーションに使用するリニア FM 入力端子です。

[Osc. FM Knob] - FM 入力レベルコントロールは、FM 入力からオシレーターコアに渡される信号の量を設定します。

[Osc. Pulse Width In Jack] - パルス幅変調の入力端子です。パルス波の幅を50%(方形波)、0%(ポジティブCV)または100%(ネガティブCV)の範囲でコントロールします。

[Osc. Pulse Width Knob] - 2つの機能を持つノブ。[Osc. Pulse Width In Jack]に何も接続されていない場合、このノブは50%から1%の範囲でパルス波の幅を手動でコントロールします。

[Pulse Width In Jack]にケーブルが接続されている場合、このノブはパルス幅入力からパルスウェーブシェイパーに渡される信号の量を設定します。

[Waveform LEDs] - LED は、現在選択されている波形を表示します。サイン、トライアングル、ソー、パルス。

[Osc. Out Jack] - 選択された波形を出力します。

 

6 PGH Filter Module

6.1 PGHフィルターの概要

PGH Filter モジュールは、電圧制御されたアナログのステートバリアブルフィルターです。ステート・バリアブル・トポロジーは、ハイパス、ローパス、バンドパスという複数のフィルタ出力レスポンスを提供します。[Green Edit Mode : Note Button C#]でフィルターのレスポンスを選択します。[Blue Edit Mode : Note Button C#]で各ノートに対してランダムなレスポンスを選択します。どのレスポンスも非常に滑らかで自然なスイープ音になります。このフィルターは、発売当初からPittsburgh Modularのサウンドを代表する素晴らしいものです。完璧なまでに調整された独特のサウンドです。全周波数帯域に渡り、ウォームでオーガニックなスイープを提供します。ローパス・フィルターは最高にクールでリラックスしたサウンドで、ハイパスはクリーンで明確なサウンドです。

デザインにおける目標は、スイートスポットを作るよりも、周波数ノブを回すたびに何か面白いことが起こるようなフィルターを作ることでした!

 

6.2 フィルターコントロールと入出力

[Filter Cutoff Knob] - フィルターのカットオフ周波数をコントロールするノブです。

[Filter Mode LEDs] - LED は現在選択されているフィルターレスポンスを表示します。

[Filter Mod In Jack] - カットオフ周波数モジュレーションのCV入力端子です。

[Filter Cutoff Mod Knob] - カットオフ周波数CV入力レベルコントロール。フィルターモジュレーションを使用する場合、[Filter Cutoff Knob]はオフセットコントロールになり、[Filter Cutoff Mod Knob]はCVモジュレートの量を設定します。

[Filter Resonance Knob] - レゾナンス・コントロール・ノブ。レゾナンス(またはクオリティファクター)を上げると、フィルターカットオフ周波数周辺の狭い帯域の周波数が増幅されます。

[Filter In Jack] - フィルターのオーディオ入力端子です。


[Filter Out Jack] - フィルター・オーディオ出力ジャック

 

7 Envelope Module 

7.1エンベロープ概要

Envelopeモジュールは、4ステージのADSRエンベロープジェネレーターで、入力されるゲートやトリガーの形状を滑らかにし、より表現力豊かなサウンドを作り出します。エンベロープ 出力は、オシレーターの振幅やフィルターのカットオフ周波数を制御するために使用することができます。エンベロープ出力は、オシレーターの振幅、フィルターのカットオフ周波数、その他コントロール電圧を受け付けるモジュールのあらゆる機能の制御に使用できます。

エンベロープは、スナッピーでパーカッシブなデザインになっています。 [Attack Knob] を少し調整すると、この効果を軽減し鋭いアタックを滑らかにすることができます。

入力されたゲートまたはトリガ信号は、4つのステージのそれぞれを通過して、エンベロープを出力します。ADSRモジュールがゲート信号またはトリガ信号を受け取ると、アタックはエンベロープジェネレーターがピーク出力電圧に達し、ディケイステージに移行するために必要な時間を決定します。ディケイは、サスティン・ノブで設定したレベルまで遷移するのに必要な時間を設定します。サスティン・レベルは、入力されるゲートがオンまたはハイのままである限り維持されます。ゲートがローまたはオフになると、リリース・ノブはエンベロープを閉じ、エンベロープ出力を 0 ボルトに戻すために必要な時間を設定します。


エンベロープ出力は 0〜10ボルトです。

 

7.1エンベロープ・コントロールと入出力

 [Attack Knob] - エンベロープのアタックタイムコントロールです。エンベロープの出力が最大レベルに達するまでに必要な時間を設定します。
エンベロープの出力が最大レベルに達するまでの時間を設定します。

[Decay Knob] - ディケイ・タイム・コントロール。エンベロープの出力レベルが選択されたレベルまで移行するのに必要な時間 を設定します。
アタック・ステージが終了した後、エンベロープ出力レベルが選択したサスティン・レベルに移行するまでの時間を設定します。

[Sustain Knob] - サスティン・レベル・コントロール(Sustain Level Control). ディケイ・ステージが完了したあとのエンベロープの電圧レベルを設定します。

[Envelope In Jack] の信号がオフになるまでサスティンは有効です。


[Release Knob] - リリース・タイム・コントロール。エンベロープの出力レベルがゼロになるまでの時間を設定します。


[Envelope In Jack] がオフになった後、エンベロープの出力レベルがゼロに戻るまでの時間を設定します。

[Envelope In Jack] - エンベロープゲートの入力端子です。

[Envelope Out Jack] - エンベロープCV出力端子

 

8 VCA Module 

8.1 VCA概要

VCAは高品質なリニア電圧制御増幅器です。電圧制御により、オーディオまたはCV信号を減衰させるために使用します。East Beastでは、VCAはシンセボイス・シグナルチェーンの最終ステージで、エンベロープの出力と一緒に制御され、シンセボイスのボリュームを音楽的に形成します。シンセサイザー・ボイスの音量を音楽的に形成する。形状を滑らかにし、より表現力豊かなサウンドを作り出します。

 

8.1 VCAコントロールと入出力

[Volume Knob] - VCA レベルの CV 入力コントロールです。

[VCA Mod In Jack] - VCA レベルの CV 入力。

[VCA Audio In Jack] - オーディオ信号入力。

[ Main Output] - オーディオ信号の出力。3.5mm TRSジャックはモノラルラインまたはデュアルモノラルヘッドフォン出力に対応しています。

 

9 LFO

9.1 LFO概要

LFO モジュールは、デュアルレンジの低周波オシレーターで、+/- 5 ボルトの三角波を出力します。長いスイープやオーディオ・レートの周波数変調に最適です。

ハイレンジとローレンジは [Green Edit] で選択します。Green Edit Mode : Note Button D#]で高域と低域を選択します。

 

9.2 LFOレンジ

High: 2 Hz to 500 Hz
Low: 41 seconds to 5 Hz

 

9.3 LFOコントロールと出力

[LFO Rate ノブ] - 粗い周波数コントロール。LFO の速度を設定するために使用します。

[LFO Out Jack] - 三角波を出力します。

 

 

10 Controller


10.1 Controller 概要


East Beastに内蔵されたボタンコントローラは、単なる1オクターブキーボード以上の機能を備えています。

MIDI-CVコンバーター、タップテンポクロックソース、オクターブシフト、パターン保存可能な32ステップシーケンサーとアルペジエーター、クロックシンク対応LFO、ディケイエンベロープ、ランダム電圧ジェネレーターを備えた多機能モジュレーションツールを搭載しています。

 

10.2   4ビット表示

コントローラーの設定を変更する際、ほとんどの選択項目は4ビット表示で視覚化されます。このディスプレイは4つのLEDで構成されています。クロック、ホールド、ランダム、シーケンスの 4 つの LED で構成されます。EDITモードが選択されると、ディスプレイは関連情報を表示します。数秒後、ディスプレイはLEDの主機能に戻ります。4ビットディスプレイはマニュアル上のイラストでは、オレンジ色の丸印が4つのLEDステータス・インジケータを示し、白色の丸印は点灯していないLEDを表しています。

 

10.3   エディットモード1&2

コントローラの各キーには、印字が(Green/緑)と(Blue/青)の 2 つの編集機能があります。

これらの機能へのアクセスは簡単です。(Green)機能にアクセスするには、[Edit (Green) Button]を押し続けてGreen Edit Modeオプションを有効にしてから、希望の機能ボタンを押します。(Blue)機能にアクセスするには、[Tap Clock (Blue)] ボタンを長押しして、Blue編集モードオプションを有効にします。ボタンを長押しして、ブルー編集モードオプションを有効にし、希望のファンクションボタンを押します。

 

10.4  MIDI to CV:


10オクターブのMIDI-CVコンバーターは、MIDIノート0-119を、アナログ0-10ボルト、1オクターブのピッチ情報へと変換します。調整できるセッティングは、ピッチベンドレンジ、エンベロープリトリガー、ゲートホールドをMIDI出力またはスルーです。

 

外部MIDIコントローラーのオクターブオフセット
受信したMIDIノートを5オクターブの範囲で上下にシフトすることができます。ブルーエディット]を押すモード : Octave Up Buttonで1オクターブ上に、[Blue Edit Mode : オクターブダウン ボタン]で1オクターブ下にシフトします。

MIDIチャンネル
MIDIチャンネルは、[Green Edit Mode : Note Button G#]で設定できます。一回押すと現在のチャンネルを確認できます。もう一度押すと、チャンネル1~16とオムニに進みます。4ビット表示 アクティブなMIDIチャンネルを4ビットバイナリで表示します。4ビットディスプレイはオムニの場合は点滅表示となります。

ピッチベンドレンジ
ピッチベンドレンジは、[Blue Edit Mode : Note Button D#]で設定することができます。1回押すと、現在の設定を確認できます。
もう一度押すと、オプションに進みます。

エンベロープ・リトリガー
エンベロープ・リトリガーは、[Blue Edit Mode : Note Button D]で設定できます。エンベロープリトリガーを有効にすると、MIDI to CVコンバーターは、現在ノートが保持されているかどうかにかかわらず、新しいMIDIノートオンメッセージごとにゲートを生成します。無効の場合、ゲートはアクティブなノートがないときにのみ生成されます。

 

ゲートホールド
ゲートホールドは、[Green Edit Mode : Note Button D]で設定することができます。ホールドが有効な場合 MIDI to CVコンバーターはノートオフメッセージを無視し、ゲートをハイ(5ボルト)に維持します。これは ドローンやサウンドスケープを作成するのに最適な方法です。ゲートホールドが有効な場合、[Display Hold LED]が点灯します。

 

MIDIアウト/スルーモード。
Blue Edit Mode : Note Button G#で、[MIDI Out Jack]にMIDI OutまたはThru Modeをアサインすることができます。MIDI Outモードを選択すると、オンボードのボタンキーボード、シーケンサー、内部タップテンポのクロックが[MIDI OUT JACK]に出力されます。

MIDIアウトモードでは[MIDI OUT JACK]に[MIDI In Jack]の情報は送られません。MIDIスルーモードでは、[MIDI In Jack]の情報のみが[MIDI OUT JACK]に送られます。

 

10.5  クロック

クロックは、シーケンサー/アルペジエーターのタイミングに使用されます。シーケンサー/アルペジエーターがアクティブな場合、クロックは10msのトリガーとして[Clock Out Jack]に送られています。MIDI Out Jackはシーケンサー/アルペジエーターの状態に関係なくMIDIクロックを送信しますが、シーケンサー/アルペジエーターがアクティブな場合はMIDIクロックのスタート/ストップメッセージを出力します。

クロックソース
クロックソースは、内部タップテンポ、外部MIDI、外部ゲート、内部ランダムクロックのいずれかを選択できます。内部クロックは[Tap Clock (Blue) Button]をタップすることで設定できます。タップテンポは、直近の2~3回のタップのタイミングをもとに決定されます。タップテンポカウンターは、タップテンポボタンを押さずに3秒経過するとリセットされます。

内部ランダムクロックは、タップテンポに基づき タップテンポを基準に、1ステップあたりクロックレートの90%までランダムに加算・減算されます。

クロックソースは、[Green Edit Mode : Note Button F#]で設定することができます。1回押すと、現在の設定を確認できます。
もう一度押すと、クロックのオプションに進みます。

 

外部クロックディバイダー。
外部クロックのための分周器により、East Beastは外部MIDIまたは外部ゲートクロックの分周・デバイドを実行することができます。クロック・ディビジョンを変更するには、外部クロック・ソースを選択する必要があります。

外部クロック分割は、[Blue Edit Mode : Note Button F#] を使って設定することができます。1回押すと現在の設定を確認できます。もう一度押すと、クロック分割のオプションに進みます。


10.5  キーボードコントローラ

内蔵の1オクターブ・キーボード・コントローラは、East Beastの演奏、シーケンサー/アルペジエーターのプログラム、またはの設定変更に使用されます。

キーボードは、オクターブアップとオクターブダウンのボタン、13鍵のCtoCピアノスタイルキーボード、タップテンポ、エディットボタンで構成されています。

オクターブアップボタン]と[オクターブダウンボタン]を使用すると、キーボードは9オクターブの範囲でMIDI音0~107を出力します。

アナログピッチは[MIDI Pitch Out Jack]に送られ、 [MIDI Gate Out Jack]にアナログゲートが送られます。

MIDIアウトジャックがMIDIアウトモードになっている場合、MIDIノートオン/ノートオフ情報が[MIDIアウトジャック]に設定されます。

 

10.5  シーケンサーとアルペジエーター


East Beast には、使いやすい 32 ステップシーケンサー/アルペジエーターが搭載されています。シーケンサーとアルペジエーターモードの間の唯一の違いは、パターンにノートを追加する方法です。シーケンサー・モードでシーケンスを開始し、アルペジエーター・モードで終了することもできます(逆もまた然り)。

シーケンサー/アルペジエーターモードを有効にする
<Green Edit Mode : Note Button E>でシーケンサー/アルペジエーターをONにします。シーケンサーモードが有効な場合、[Display Sequence LED]が点灯し、アルペジエーターモードが有効な場合、[Display Sequence LED]が点滅します。

ノートパターンを記憶している場合は、シーケンサー/アルペジエイターの電源を入れるとすぐに最初のステップから再生が始まり、電源を切るとすぐに停止します。

 [Clock Out Jack] は、シーケンサー/アルペジエーターがONのときのみクロック信号が出力されます。

 

シーケンサーモードとアルペジエーターモードの切替
Blue Edit Mode : Note Button E]でシーケンサーモードとアルペジエーターモードを切り替えます。

シーケンサーモードの場合、[Display Sequence LED]が点灯します。アルペジエイターモードの場合は、[Display Sequence LED]が点滅します。シーケンサーモード/アルペジエーターモード は、モードを切り替えるためにアクティブである必要があります。シーケンサーとアルペジエイターの切り替えは を切り替えても、再生中のノートパターンを停止したり、リセットしたり、クリアしたりすることはできません。

 

シーケンサーモードのノート入力。
ノートはノートボタンを押すか、外部 MIDI ノートを受信するか、またはその組み合わせによってパターンに追加されます。ノートパターンは最初のノートが入力されるとすぐにループを開始します。 [Green Edit Mode : Note Button B]でノートパターンに休符を追加することができます。 [Green Edit Mode : Note Button C2]を使ってノートパターンをクリアすることができます。

 

アルペジエーターモード ノートインプット
一連のノートボタンまたは外部 MIDI 音符を長押しすることで、演奏順にパターンにノートが追加されます。ノートパターンは最初のノートが入力されるとすぐにループを開始します。パターンはループし続け、ノートボタンが押されるまで、さらにノートを追加することができます。


ノートボタンが押されなくなるか、外部MIDIノートオフメッセージを受信するまで、パターンはループし続け、追加のノートをパターンに加えることができます。ノートボタンが押されなくなるか、外部 MIDI ノートオフメッセージを受信すると、ホールドモードが有効でない限りパターンはすぐにクリアされます。 

アルペジエーターモードに切り替えると、デフォルトでホールドモードが有効になります。ホールドモードは Green Edit Mode : Note Button D] を使ってホールドモードを有効/無効にすることができます。ホールドモードが有効な場合、ノートボタンが押されないか、外部 MIDI ノートオフメッセージを受信すると、パターンは新しいノートボタンが押されるまでループし続けます。新しいノートボタンが押されるか、外部 MIDI ノートオンメッセージを受信するまでパターンをループし続けます。


新しいノートボタンが押されるか、外部 MIDI ノートオンメッセージが受信されると、現在のパターンは直ちにクリアされ、外部 MIDI ノートオンメッセージが受信されます。受信すると現在のパターンは直ちにクリアされ、新しいパターンが新しいノートボタンまたは外部 MIDI ノートを使用して開始されます。ボタンまたは外部 MIDI ノートを使って新しいパターンが開始されます。ホールドモードがアクティブである間、ホールドモードを無効にするか [Green Edit Mode : Note
Button C2]でノートパターンクリア機能を使用することでクリアできます。

 

セーブ/ロード
East Beastは、最大13音パターンを保存することができます。シーケンサー/アルペジエーター・モードがアクティブな間、パターンをセーブ/ロードできます。

パターンをロードする
[Green Edit Mode : Octave Down Button] 押し続けながら[Note Button C1-
C2]を押します。 選択されたシーケンスは、アクティブなシーケンスの最後のステップの後に開始されます。

パターンを保存する
[Green Edit Mode : Octave Down Up]を押しながら、[Note Button C1-C2]を押します。 アクティブなシーケンスはこの場所に保存されます

スウィング
スウィングは、1音おきに少しディレイをかけることでリズムに自然なシャッフルのフィーリングを加えます。スウィングは、アクティブなシーケンス/アルペジエーターと[Clock Out Jack]に適用されます。スイングは[Blue Edit Mode : Note Button G]で設定できます。1回押すと現在の設定を確認できます。もう一度押すと、選択可能なオプションに進みます。

 

ゲートレングス
ゲートレングスは、[MIDI Gate Out Jack] がハイ(5 ボルト)になる時間を設定します。ゲート 長さは[Blue Edit Mode : Note Button A]で設定することができます。1回押すと現在の設定を確認できます。の設定を確認します。もう一度押すと、選択可能なオプションに進みます。

 

トランスポーズ
<Green Edit Mode : Note Button G>でトランスポーズ機能を有効にします。トランスポーズ・モードは、シーケンサー/アルペジエーターがアクティブのときのみ有効にできます。

トランスポーズ機能は、ノートボタンまたは入力されたMIDI音によって、アクティブなアルペジエーター・シーケンスをトランスポーズさせることができます。シーケンスはアクティブなノートパターンの最初のノートを基準としてトランスポーズされます。

 [Octave Up ボタン] と [Octave Down ボタン] を使用してオクターブシフトすることができます。

 

追加オクターブ
レンジ機能は、アクティブなノートパターンを何オクターブ分循環させるかを設定できます。

レンジは1、2、3オクターブのいずれかに設定することができます。<Green Edit Mode :Note Button A>を押して、レンジを設定します。1回押すと、現在の設定を確認できます。もう一度押すと、選択できる項目を設定できます。

 

As Played vs. Random Direction:
シーケンサー/アルペジエーターは、ノートパターンに追加された順番にノートを演奏します。

これは "as played" と呼ばれます。ランダム・モードはシーケンサー/アルペジエーターがアクティブなときだけ有効にできます。 ランダム・モードは、シーケンサー/アルペジエーターがアクティブになっているときだけ有効になります。アクティブなノートパターンをランダム化するには、[Blue Edit Mode : ノートボタンB]を押します。

アクティブになると、[Display Random LED]が点灯します。ランダム は、アクティブなノートパターンのノート間をランダムにジャンプします。

 

ランダムノートパターンジェネレータ
休符とパターンモーフィングの有無にかかわらず、ランダムなノートパターン(1-32ステップ)を作成します。

ランダムパターン・ジェネレーターは、シーケンサー/アルペジエーターがアクティブの時のみ使用できます。

<Blue Edit Mode : Note Button F> を1回押して、ランダムパターンを作成します。4ビットディスプレイが点滅している間にもう一度押すと、1音につき19%の確率で休符が入るランダムパターンが作成されます。

4ビット表示が点滅している間に3回目を押すと、10%の確率で音符が変化するパターンモーフィングが可能になります。

休符を含むパターンが生成されたら、[Blue Edit Mode: Note Button F]を押すと、新しいパターンを作成せずにパターンモーフィングの有効/無効を切り替えることができます。Green Edit Mode :Note Button C2]を押すと、パターンがクリアされ、パターンモーフィングが無効になります。

 

 

10.7  マルチファンクション・モジュレーション・ジェネレーター


マルチファンクションツールは、4つのモードを持つデジタル電圧ジェネレーターで、[マルチツールアウトジャック]をコントロールします。 MIDI CC、トライアングルLFO、クロックシンクされたランダム電圧、またはディケイエンベロープなどです。

<Green Edit Mode : Note Button A#>を押すとモードが切り替わります。1回押すと現在のモードを確認できます。現在のモードを確認します。もう一度押すと、利用可能なオプションに進みます。

 

 

MIDI CC 出力:
選択した MIDI CC またはモジュレーション ホイールに基づいて 0 ~ 5 ボルトを出力します。

アクティブな MIDI CC 番号を設定するには、[Edit (green) Button]を長押しします。

[Edit (green) Button]が押されている間、MIDI セクションは最後に受信した MIDI CC メッセージに基づいてアクティブな MIDI CC 番号を割り当てます。

モジュレーション ホイールを動かすか、MIDI コントローラーの入力ソースをオンにするだけで、その MIDI CC 番号を [Multi-Tool Out Jack] に割り当てることができます。

 

クロック同期された LFO
アクティブなクロック ソースに同期する 0 ~ 5 ボルトの三角波 LFO。 レートは、アクティブなクロック ソースの除算または乗算に基づいています。 [Blue Edit Mode : Note Button A#] を押すと、クロック分周が切り替わります。

 

ランダム電圧
クオンタイズされていない 0 ~ 5 ボルトのランダムな電圧。 電圧の変化は、アクティブなクロック ソースの除算または乗算に基づいています。 [Blue Edit Mode : Note Button A#] を押すと、クロック分周が切り替わります。

 

ディケイ エンベロープ
0 ~ 5 ボルトのエクスポネンシャル・ディケイ・エンベロープ。 [Blue Edit Mode : Note Button A#] を押して、ディケイの長さを切り替えます。

 

10.8  フリップ キーボードとグリーン機能


[Note Button C1-C2] のデフォルト機能は、デフォルトの C1-C2 MIDI キーボードの代わりに [Green Edit Mode] 機能に設定できます。

[エディット(青)ボタン:ノートボタンC2]を押して[グリーンエディットモード]に切り替えます。 [グリーン編集モード] に設定すると、ボタンのデフォルト機能がグリーン編集モード機能に切り替わります。

MIDIキーボードは、 [Edit (green) Button] と任意の音符ボタンを押し続けることで使用が可能になります。

 

11 Factory Reset

11.1  オールセッッティング・リセット


Octave Up Button と: Octave Down Button と Note Button C を 5 秒間押し続けると、すべてのモードと機能がデフォルト設定にリセットされ、保存されているすべてのシーケンスが消去されます。

この操作は元に戻せません。

 

12 Eurorack Spec


パネルサイズ: 40hp(D=25mm)
消費電力: +12v 213 mA、-12v 151 mA、 +5v =0
逆パワー極性保護。
最適なパフォーマンスを得るには、クリーンで高品質の電源を使用してください

 

13 More Information

13.1 Warranty:

Cre8audio は、最初の購入者に対して、最初の購入日から 1 年間、通常の使用およびメンテナンスの下で、このユニットに材料および製造上の欠陥がないことを保証します。

保証は、登録された Cre8audio ユーザーにのみ適用されます。
最初の購入から 14 日以内に Cre8audio 製品を登録してください。
Cre8audio 製品を登録するには、Cre8audio.com にアクセスしてください。

購入国ではない国でサービスを希望するお客様は、適用されるすべての輸出入法および規制を遵守し、すべての関税、V.A.T.に責任を負う必要があります。およびその他の関連する税金および料金。国際サービスの場合、Cre8audio は、Cre8audio 製品および部品を、現地の基準に準拠した同等の Cre8audio 製品および部品と修理または交換する場合があります。

すべての交換部品は、新品か再製造かにかかわらず、この保証の残りの期間のみを保証期間とみなします。この保証は、不適切な使用、事故、乱用、不適切な電圧供給、火災、洪水、落雷、またはその他の不可抗力による損傷、または製品が Cre8audio テクニカル サービス センター以外の人物によって変更または修理された場合には適用されません。結果的および偶発的な損害は対象外です。


13.2 サービスおよび連絡先情報:
East Beast またはその他の Cre8audio 製品に関するサービスまたはその他の情報については以下までお問い合わせください。

https://www.cre8audio.com/supportticket

 


投稿順 新着順