当ストアの商品発送日は毎週1回、土曜日のみの出荷となります。
当ストアの商品発送日は毎週1回、土曜日のみの出荷となります。
カート 0

robaux "3PT" 日本語マニュアル

マニュアル

Bienvenue dans le tripot!

Robaux 3PTは、3チャンネル&マルチモードのCV(コントロール・ボルテージ)ジェネレーターです。

トリプルリングシェイプの電圧インジケーターを備えたハンディなビッグノブにより、モジュールを理想的なパフォーマンスツールとして使用できます。このセンターノブを使用する代わりに、CV入力を使用して3PTをコントロールするのもお勧めです。

モジュールは7つの異なるモードに設定できます!これらには、パフォーマンスツール、コードジェネレーター、ランダムジェネレーター、クォンタイザー、シーケンサー、LFOなどが含まれており、モードごとに完成度と精度の高いプレイを可能にしています。

3PTは、1つのモジュールに豊富なモードのセットを包括し、さらにパフォーマンス性に優れたクリエイティブなツールです。モードは右上のモードボタン(A)を押すことでトグルで切り替えすることができます。リング状のディスプレイの光り方によって現在のモードを視覚的に認識できます。

 

Installation

Robaux 3PT ユーロラックモジュールは ±12Vの電源(2x5ピンコネクタ)で接続します。リボンケーブルの赤いストリップ(-12V側)は、ボードの「赤いストライプ」マークと同じ側に合わせる必要があります。モジュールの消費電流は約20mA+ 12Vレールから(+ 12V)です。逆極性など正しく電源接続されなかった事による製品の保証はありません。かならずよくご確認の上で本機を電源に接続してください。



Specsheet

  • 入力:1×CVイン(unipolar 5V)
  • 出力:3×CVアウト(unipolar 5V)

 

  • インターフェース:

3×円状のLEDディスプレイ
1×プッシュボタン
1×ビッグノブ
9×トリムノブ

  • サイズ:10HP(32mm Deep)
  • 消費電力:15mA (+12V)

 



Modes

*各モードの詳細に記載されている各ノブやスイッチなどのアルファベット表記は、以下のイラスト共通です。

モードを変更するには右上のAボタンを押します。ディスプレイのD,E,Fの光のラインの形状によって現在のモードを視認できます。
以下のモード説明では、それぞれの項にモードを視認するためのイラストがあります。


Tripot

3PTのTripotモードを利用すれば、1つのビッグノブの操作だけでユーロラック・モジュラーの3つのパラメーターを制御できます。これはライブパフォーマンスで大きな効果があります。ビッグノブで設定される電圧は、チャンネルごとに0Vから5V、5Vから0V、またはその間で個別に設定することが可能です。さらにオフセットパラメーターを使用すると、ビッグノブの変更に対してどのように反応するかを細かく設定できます。それらの設定はチャンネルごとにパネルのリング状のディスプレイに表示され視覚的にも確認できます。

もちろんビッグノブを操作する代わりに、外部CVソースからコントロールする事も可能です。


LFO

LFOモードでは、モジュールをトリプルモジュレーションの低周波オシレーターとして利用できます。ビッグノブはメインとなる周波数を設定します。各チャネルには調整可能なマルチプライヤーが用意されています。サイン波、三角波、鋸歯状、矩形波の間でシームレスにクロスフェードし、各波形のスルー制リミットを設定可能です。

もちろんビッグノブで操作する代わりに、CV入力端子に接続した外部からの信号によってコントロールすることもできます。

*(注意)LFOの出力はユニポーラであることに注意してください。


Chord Progression

コードプログレッション・モードではトライアドを出力できます。CVキーボードなどに接続する事で調和のとれたコードプレイを可能にします。ルートノートをCからBの間で選択し、モードをメジャー/マイナーで設定可能です。7つのマッチングコードは、オクターブの白いキーに配置されます。バリエーションコントロールを使用すると、ノートを広げることができます。チャンネルごとに、ノートをオクターブ内でクオンタイズするかどうかを設定したり、ノートオフセットを設定して無調コードを生成したりもできます。


Quantizer

クオンタイザーモードでは、最大25の異なるスケールで入力ノートをクオンタイズできます。各チャネル毎に、異なるルートキーとスケールを使用できます。個々のスケールは5つのバンクに分かれており、各バンクには5つの異なるスケールがあります。チャンネル1にはチャンネル3のrasゲート出力を使用できます。トリマー(I)を時計回りに止まるまで回します。 クオンタイズされたノートが前のノートと異なる場合にはゲートが出力されます。

 

Random Generator

モジュールをランダムジェネレーターとして利用できるモードです。
トリガー信号を入力することで、3つの異なるランダムボルテージがジェネレートされます。チャネルごとに最小および最大のランダム電圧値を設定できます。電圧はリニアーまたは、クロマチック、メジャー、マイナーのスケールノートして出力することが可能です。


Sequencer


モジュールをステップシーケンサーとして利用するモードです。クロックソースを接続することで、最大8ステップのシーケンスされたメロディー用のCV信号を出力します。

トリマー1から時計回りにトリマー4までのノート値を設定できます。中央のトリマー5はシーケンスの長さを決定します。シーケンサーは、チャンネル1にリニアーな電圧を出力します。 電圧はチャンネル2と3にクロマチックで出力されます。 ステップ数を減らし、チャネル2とチャネル3で別々に出力するとシーケンスは分割されます。



Euclidean Rhythm

ユークリッドリズムのジェネレーターとして利用する事ができるモードです。CV入力にクロックソースを入力することでトライポットがトリガー信号を出力します。チャンネル毎に「シーケンスの長さ」と「パルスの回数」を定義できます。

 

 

 

 

 

Calibration

CVシーケンサー、クオンタイザー、コードシーケンサーを使う際に正確なCV出力のピッチ調整するためのキャブレーション方法です。

Beatsvilleで出荷しているものは全てキャブレーション済みですので、この手順を行わずしてそのままの状態でモジュールをお使いになれます)

キャブレーションを行う際に、3PTの他にVCOモジュールとチューナーが必要になります。
VCOモジュールは1v/octでCV入力があり、正弦波などシンプルな波形を出力できる標準的なものをお使いください。

① まずはじめに、本体裏面にある3つのトリマーを時計回りに廻し切り、モジュールの電源を入れ、少しの間モジュールをウォームアップします。
ウォームアップしている間にVCOモジュールのシンプルな波形が出せる出力からチューナーにケーブルをつなぎ、ピッチをC1に合わせます。
この時点では3PTとVCOモジュールにはまだケーブルを差さないでください。


② 3PTの”G”,”H”,”I”のノブを反時計回りにすべて回し、モードボタン”A”を長押しします。
するとLEDインジケータが点滅状態になります。これでキャブレーションモードに入ります。


③ ”B”のノブを時計回りに廻し切ります。この時点で3PTの”P”の出力からVCOモジュールの1V/oct入力にケーブルで繋ぎます。

④ ”B”のノブを時計回りに廻し切った状態で、チューナーを見ながら”G”のノブをすこしづつ廻しながらC5にピッチを合わせます。

⑤ ピッチを合わせたら、”B”のノブを半時計回りに廻しながらチューナーでを見ながら、C4→C3→C2とオクターブで段階的に変わり、ツマミ廻し切るとC1になれば、ピッチの調整は成功です。ここで全部のキャブレーションが終わるまで”G”のノブは触れないようにしてください。

⑥ ③〜⑤の手順を”H”のツマミなら”Q"の出力、”I”のツマミなら”R"の出力、というように同じ手順でピッチ調整を行います。
ここでも同じく、一度調整したノブは触れないようにしてください。


⑦3つのCV出力の調整が終わったら、モードボタン”A”を押しキャブレーションモードは終了します。


投稿順 新着順