★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
★製品の出荷日は毎週1回 土曜日のみとなります!★表示価格は税込です
カート 0

Winterbloom Castor & Pollux 日本語マニュアル

Castor & Pollux User Guide

WinterbloomのCastor & Polluxは、Roland Junoにインスパイアされたオシレーターです。オリジナルのJuno 106のデザインを忠実に現代化し実装されたデジタル制御のアナログ・オシレーターを2つ搭載しています。そのインスピレーションは、独立したランプ、パルス、サブ出力を融合した素晴らしい80年代サウンドを提供することができます!さらに、セカンド・オシレーターは、厚みのあるデチューン・サウンド、ハーモニックで複雑なハード・シンク波形、または完全に独立したセカンド・ボイスのレイヤーを使用することが可能です。

さらに、内蔵のLFOにより、セカンド・オシレーターに微妙なピッチ・シフトをかけることができます。これにより、JUNOの伝説的なコーラスを彷彿とさせるサウンドを実現すると同時に、モジュール独自の音色を実現しているのです。


Specifications

  • 完全なアッセンブル済製品
  • 14 HP
  • +12v @ 100mA, -12v @ 35mA
  • 25mm deep
  • 2 つの独立したオシレーター
  • 波形出力とオンボードミキサーを備えた合計9出力
  • ピッチCV入力(0〜6V)、ピッチノブ(-1〜+1オクターブ、設定可能)
  • パルスウィズのためのCVインとノブ
  • ハードシンク
  • ハードウェアコーラス
  • LFO内蔵
  • ModularGrid page


Getting support and help

 

Castor & Polluxには、2つの独立したオシレーターがあり、それぞれは2つの入力と関連するノブを装備しています。

 

Inputs for one oscillator highlighted

  • Pitch CV input. レンジは0V〜+6Vです。
  • Pitch knob. レンジは-1オクターブから+1オクターブで、入力されるピッチCVに追加されます。これらのノブは、オシレータのチューニングを容易にする特別な応答カーブを持っています。
  • Pulse width CV input. パルス波のパルス幅を変更します。レンジは0Vから+5Vです。
  • Pulse width knob. パルス幅CVと組み合わせることで、最小のパルス幅を設定します。


各オシレータには、3系統の専用波形出力があります。

  • ランプ波出力
  • パルス波出力
  • サブ矩形波出力

   
各波形は、10v peak-to-peakです。各ウェーブシェイプの音については、 Waveshapes のセクションで詳しく説明されています。

各オシレーターには、各波形のレベルノブとミックス出力を含む"ウェーブシェーパーミキサー" も装備されています。

 

Waveshapes のセクションでは、波形のミキシングが波形やサウンドにどのような影響を与えるかを示します。


また、両方のオシレーターミキサーからの出力を一緒にミックスするコンバインドアウトプットがあります。これはクロスフェーダーノブを持ち、どちらのオシレーターがミックスでより目立つかを決定できます。

 

oscillator stacking の項では、オシレータの組み合わせについて、より詳細な説明とサウンドサンプルが掲載されています。

また、コーラスを有効にするノブと、ハードシンクを有効にするボタンがあります。

 

Chorusing knob and hard sync button

コーラスのセクションでは、より詳細な説明といくつかのサウンドサンプルがあります。ハードシンクのセクションでは、ハードシンクがセカンドオシレーターにどのような影響を与えるかを解説しています。

最後に、クイックリファレンスとして、チートシートをご用意しました。

 

Module with labels for inputs and outputs

Tuning#

Castor & Polluxは、デジタルな頭脳を持つアナログオシレーターです。CV入力で1ボルト/オクターブに正確に追従するようにキャリブレーションされており、ピッチノブを使って各オシレータのチューニングを調整することができます。

チューニングを容易にするために、ピッチノブはノンリニアー・レスポンスになっています。つまりそのレンジの端よりも中央でより少ない感度を持つようになります。

ノンリニアー・レスポンスでは、440 Hz付近の周波数にチューニングするのがより簡単です。これは、Castor & Polluxのピッチノブがどのように機能するかを示しています。この効果をどの程度強くするかは、settings editor(セッティング・エディター)で設定できます。

 

Waveshapes#

Junoと同様、Castor & Polluxもランプ、パルス、サブの3つの波形を出力できます。

ランプ波はこのようになります

ramp wave

ramp with filter

これらは、完璧な波形のシミュレーションです。Castor & Polluxの波形はアナログ回路で生成されており、これらの例と全く同じには見えません。これは良いことで、アナログの奇妙さがモジュールに個性を与えているのです。

また、内部のLFOがパルス幅を変調するように設定することもできます。

以下は、パルス波の音色の例です。

pulse wave

pulse with pulse-width modulation

pulse with filter

最後に、サブの波形です。これは、1オクターブ下の矩形波です。こんな感じです。

そして、サブウェーブシェイプのサウンドサンプルをご紹介します。

sub wave

sub with filter

これらの波形を混ぜ合わせることで、より複雑で興味深いバリエーションを作り出すことができます。このアニメーションの下のスライダーで遊んでみて、それが波形にどのように影響するかを確認してみてください。

様々なミックスのサウンドサンプルをご紹介します。

ramp & sub

sub & pulse

various mixes

 

Oscillator stacking#

Castor & Polluxは2つのオシレーターを備えているため、それらを組み合わせて、より複雑なサウンドを構築することができます。2番目のオシレータのピッチCVジャックに入力がない場合は、1番目のオシレータのピッチに追従します。2 番目のオシレータのピッチノブを使用して、2 番目のオシレータをデチューンし、1 番目のオシレータと興味深い相互作用を引き起こすことができます。コンバインドアウトプット(記号♊︎でマーク)から出力を取り、クロスフェーダー(記号Σでマーク)を使って2つのオシレータの相対的なボリュームをコントロールすることができるのです。

このインタラクティブなアニメーションで、デチューンとミキシングが最終的な波形をどのように変化させるかを確認することができます。


stacked complex waveforms

stacked sub & ramp

stacked sub & pulse

 

Chorusing#

オリジナルJUNOのアナログ・コーラス回路にインスパイアされたCastor & Polluxは、モノフォニック・ボイスに効果的なコーラスを適応させたものを搭載しています。音作りの後にコーラス効果を適用するのではなく、Castor & Polluxのコーラスは、内部の低周波オシレーターを使用して第2オシレーターの周波数を変化させることで機能します。つまり、この効果を聞くためには、両方のオシレータを使用する必要があります。コーラスノブ(φのマーク)は、コーラスの強さを決定します(反時計回りに振り切るとゼロ、時計回りに振り切ると最大)。クロスフェーダー(Σマーク)も、コーラスの強さに影響を与えます。最後に、内蔵の低周波発振器の周波数を変更することで、コーラスの速度を変更することができます。

コーラスの量が最終的な波形をどのように変化させるか再生してみましょう。


コーラスのアマウント (φ)
コーラスのサウンドサンプルです。


chorusing

 

Hard sync#

ハードシンクは、2つ以上のオシレーターを持つシンセサイザーの音色で見られる機能です。オリジナルのJUNOでは、各ボイスが1つのオシレーターしか持っていなかったため、この機能はありませんでした。Castor & Polluxは2つのオシレーターを搭載しているため、ハードシンクを応用しています。ハードシンクは、2番目のオシレーターを1番目のオシレーターに同期させることができます。出力は1番目のオシレーターと同じベース周波数を保持しますが、波形は2番目のオシレーターの周波数に影響されます。言い換えれば、同じ音のように聞こえるが、音色はかなり異なるものになります。

ハードシンクを使用するには、ハードシンクボタンをタップします。最初のオシレータのピッチCVでノートを設定し、2番目のオシレータのピッチノブまたはピッチCVインプットで音色をコントロールします。ハードシンクは第1オシレータの波形に影響を与えないので、第2オシレータの出力(または合成された出力)を使用することになります。

以下は、ハードシンクのサウンドサンプルです。

hard sync

 

  • 注意事項

ハードシンクの仕組み上、2番目のオシレーターの周波数を1番目のオシレーターより低く設定することはできません。2番目のオシレーターが完全な波動サイクルを出力するのに十分な時間がないため、サウンドがソフトになるだけの結果になります。

Internal low-frequency oscillator#

Castor & Polluxは、モジュレーションに使用する低周波発振器(LFO)を内蔵しています。このLFOはコーラス機能を駆動しますが、他のいくつかのパラメータに割り当てることも可能です。

内蔵LFOを設定するには、ハードシンクボタンを押し続けます。モジュールのライトが変化するはずです。ハードシンクボタンを押している間、以下の設定を変更することができます。

LFO configuration knobs highlighted
  1. コーラス・ノブ(φ)を動かすと、LFOの周波数が変化します。モジュール下部のLEDが点滅し、LFOの周波数を表示します。
  2. それぞれのオシレータのパルス幅ノブを動かすと、オシレータのパルス幅への LFO ルーティングが有効または無効になります。LFO がオシレータにルーティングされるとき、そのパルス幅ノブは、パルス幅を直接設定 する代わりに、パルス幅変調の強さをコントロールします。ノブを反時計回りに回すと LFO のルーティングは無効となり、時計回りに回すと有効になります。LFO ルーティングが有効な場合、オシレーター付近の LED が点灯します。

デフォルトでは、内蔵LFOはストレートな三角波です。しかし、セッティング・エディターを使えば、LFOの波形を三角波、サイン波、ノコギリ波、矩形波の間で変更したり、2つ目の波形を最初の波と組み合わせて、面白いLFOエフェクトを作ることが可能です。

 

Editing module settings#

Castor & Polluxはアナログ回路を使って美しい音を出していますが、内部には小さなマイクロコントローラーのブレインがあり、アナログ回路のすべてをデジタルコントロールしています。LEDの輝度やピッチノブのレンジなど、USB経由で調整できる設定項目がいくつかあります。ウェブベースのセッティング・エディターで、思いのままに微調整してください。

 

Updating the firmware#

  1. GitHubから最新のファームウェアをダウンロードします。.uf2ファイルになります。
  2. Castor & PolluxをUSBでコンピュータに接続します。USBポートはパネルの下にあります。Eurorack電源からモジュールに電源を供給する必要があることに注意してください。
  3. リセットボタンを素早く2回押して、Castor & Pollux をブートローダモードにします。リセットボタンはUSBポートのすぐ下にあります。ブートローダモードにすると、コンピュータ上にGEMINIBOOTという名前のドライブが表示されるはずです。
  4. ステップ1の.uf2ファイルをGEMINIBOOTドライブにコピーしてください。モジュールは自動でに再起動するはずです。

Open source hardware & software#

Castor & Polluxは完全にオープンソースであり、ハッキングを推奨しています。

  •     ファームウェアはMITライセンスで提供されています。ファームウェアはサードパーティのライブラリを使用していますが、それらは互換性のある別のライセンスで提供されています。詳しくは、ライセンスの全文をお読みください。
  •     ハードウェアの設計は、CERN-OHL-P v2ライセンスのもとで利用可能であり、フリーでオープンソースのKiCADを使用して設計されています。ハードウェアのファイルは、KiCADを使って開くことができます。また、メインボードとジャックボードの回路図のPDFをチェックアウトすることもできます。

Open Source Hardware Association mark Castor & Pollux is certified open source hardware.

Warranty, disclaimers, and limits#

Winterbloomから購入されたモジュールには、購入日から6ヶ月間の保証があります。この保証は、モジュールの製造上の欠陥に適用されます。不適切な取り扱い、保管、電力、過電圧イベント、または改造による損傷は対象外です。

モジュールに問題がある場合は、contact us までご連絡ください。保証期間内に返品されたモジュールは、当社の判断で返金、交換、修理のいずれかを行います。なお、Winterbloomへのモジュールの返送費用はお客様のご負担となります。

Eurorackは電源、モジュール、ケース、アクセサリーの組み合わせが膨大であるため、すべての可能な構成との互換性を保証することは不可能です。私たちは、いくつかの電源、ケース、および他のモジュールとモジュールをテストする合理的な努力をします。

弊社は改造を推奨していますが、改造された製品の返金、修理、交換は行いません。

Castor & Polluxは、以下の条件でストレステストを行いました。この条件下での動作を保証するものではありません。

  • 連続動作時間:48時間以上
  • 電源からの過電圧:±18ボルト以上
  • 電源からの逆電圧:少なくとも±18ボルト
  • 電源からの不足電圧:±10ボルト以下
  • 入力の過電圧と不足電圧:±8ボルト以上
  • 出力と他の出力の接続:±8V以上
  • 出力とグラウンドのショート:60分以上

 

Acknowledgments and thanks#

Castor & Polluxは、Adafruit社の協力、Microchip社のサポート、そしてJunoのDCO設計を記録し分析した膨大な文献がなければ実現しなかったでしょう。

 

 


投稿順